2017.03.28

11年目。。。

11年が経ちました。
じいちゃんも逝ってしまい、生き残っている方より、こっちにいる方が大勢になってしまいました。(^o^)

何年経っても毎度のマクドナルドorケンタッキー。(^o^)

毎年恒例のヒロキ桜を眺めながらのバーベキュー、今年はやめました。
肉と野菜は買って来たのだけれど。
マクドナルド食べたら腹いっぱいになってしまったもので。(^^;

庭は芝生の養生中だし。。。

ロッキーだけが超贅沢。。。(^o^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.03.15

ぼくはうみがみたくなりました・その後

ずっとずっと書くつもりだったのですが。
書き出したと思うと体調が下降し、頓挫&挫折の繰り返しで。
書き上げたら出版してくれると言ってくださっていたぶどう社の市毛さんも亡くなってしまい、ますます書く気力がなくなり。。。

最後まで書かなければ、本には出来ない。
だけど最後まで書く自信がない。
そんな状況で、どうしたら執筆モチベーションを維持出来るのか???

で、〈連載〉という方法をとってみることにしました。
毎月1章ずつのペースで書いていけば、年明け頃には完成の予定。
うーむ、絵に描いた餅。
いや、字に書いたモチ(ベーション)かも。(^^;

ぶどう社さんには、ぼくうみ続編のネット公開、了解を頂きました。m(__)m

無料で全部読ませるのは自称プロ(?)としては悔しいので、3話目あたりから1話につき100円ぐらい頂こうかなと思っています。(^o^)

ぼくはうみがみたくなりました・その後
https://note.mu/rainbow082/m/m1729136cb34a

校閲ガールさんがいません。
誤字脱字等を発見の方、ご連絡ください。
こっそり修正させて頂きますので。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.14

桜通信(47)

今年もヒロキ桜の季節です。
去年とほぼ一緒の日の開花です。
山桜系で強いのか、強風で折れても、根を適当に移植しておけば復活します。
最初からのものは「ろ」の木の1本のみ。
他は二代目、三代目の幼い木。
今はあちこちで8本に増えています。
小彼岸桜の子は孫彼岸桜……とは言わないようで。(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.11

庭犬。。。

二階のベランダにあった犬小屋を、庭に降ろしてみました。

不思議そうな表情のロッキー。
小屋の中には入ろうとしません。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.10

恐怖の三寒四温。。。

ヒロキ桜の蕾も膨らみ始めています。

今春の畑、ジャガイモからスタートです。
メークイン6kg113片の種いもを7畝に。
1畝が離れているのは、奥の畑への耕運機の通り道がないと困ることに6畝を鍬で掘ったところで気づいたから。(^^;

三寒四温は恐怖です。
七寒零温の真冬か、零寒七温の真夏がいいです。
体調が安定するので。。。

ここのところ、寒い日は調子よく、暖かい日は調子悪いです。(; ;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.09

防災無線。。。

いつもの認知症老人の徘徊かと思いきや。。。

いなくなったのは「やましたひろき」くんでした。
17歳とのこと。
見つかったみたいです。

ヒロキと同じ小学校にも同じ「山下大輝」くんがいて。
その子は病気で亡くなりました。

声優にも「山下大輝」くんというのがいて。
でもこれは「ダイキ」と読むみたい。
ちなみに、彼はウチの長男ヒロキと同い年で、なおかつ誕生日がウチの次男と一緒だ。(^o^)

相撲の「大輝」は「北勝富士」になってしまったから、面白くないなあ。
ちなみに、彼はウチの次男と同い年。

「ヒロキ」でなくて「ダイキ」か「タイキ」と読む方が多いのだろうけど、一番多くつけられた名前の年もあったわけだしなあ。

私は同姓同名って、いないなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

3月。。。

微妙に暖かくなり始めていて。
微妙に体調も下り坂です。
暖かくなるとぼーっと感が戻ってくる。。。
好不調の周期がだいたい3ヶ月くらいで、11月半ばから復調しているので。。。
父親のことが一段落して気が緩んだことも原因のひとつかも。
いつも気が緩むタイミングで体調悪くなるゆえ。。。

なんとなくぼんやりするけど、3月なので、畑を再開。まずは耕運機がけから。
早くも伸び始めていた雑草を一網打尽に。

畑のすぐ横の植え込みには、ふきのとう。

ひろき桜はまだまだこの程度。

で、ふきのとうはてんぷらに。。。(^^;


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.02.28

我が家の庭

こんなだった庭が。。。

こんなになってます。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.26

四十九日

父親の四十九日が終わりました。
墓の中にはこれで、叔父、祖母、ヒロキ、母親、父親の5人になりました。

祖父たちの骨はありません。
昭和20年代~30年代あたりの頃に墓地が丸ごと崖崩れに遭って下の川に流されてしまったからだそうです。
今の墓はそれ以降に建て直したものとのこと。
生まれる前のことなので、私は今の墓しか知りません。

今のつくしんぼは、私の生家ではあるけれど、叔父や叔母たちにとっても生家です。
庭にある樫の木も柿の木も、祖父と祖母ではなく、叔父や叔母たちが植えたものなんだそうです。

そんなつくしんぼの土地と家を売ることを、叔父叔母たちに伝えました。
相続税対策だから、と。

長男のお前が自由にすればいいと言って貰いました。

自由にさせて貰います。

金が欲しいわけじゃないので、究極の有効活用を考えます。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.10

父親の遺言、のようなもの。(2)

1月8日。亡くなる4日前の原子クンの通訳の録音も起こしてみました。
誤字脱字ご容赦。m(__)m

---

お前のことは覚えてる。話したことはないけどな。障害児のことはよくわかっている感じだった。正直変な奴とは思っていたけど、話しをしないからよくわからない奴だなと様子を見に行っていたよ。

障害児を遊ばせる場所がなくなると、障害児は困ることになるから、どうにか残す手段を考える必要を久仁明は考えているのはわかっているから、あとはその通りにすればいいし、あの土地も人手に渡して何もなくすくらいなら、その方がいいだろう。先祖もこうなるという覚悟はあったろうし、形として残せるならそれでいいと思う。
あとは家のことだが、あとは孫のことだと思うが、敦也は正直小学生の時は元気だったが、高校の頃から何を考えているか、なんというか障害児のようになってしまって、あいつも男としての覚悟がなくなってしまったから、自信をつけることをいろいろさせないといけないと思うし、心配ではあるし、母さんも亡くなる前に気にしていたようだから、あいつは突き放すことはしないで、きちんと面倒をみてやって欲しいというのはあるな。
あいつは一人で山下の家を継ぐわけだから、教育はきちんとしないと、呑気なあいつではどうにもならないから鍛え直す必要はある。鍛え直すというより、心配で仕方なく、どうすればよいと悩むところではあるよな。
久美子さんには苦労をかけて暮らしも大変になると思うが、正直久美子さんの話をあまりしなかったからよくわからないが、よろしく言っておいて欲しい。
久仁明は仕事はこれから何か考えているだろうから、なんとか頑張れよという他はない。苦労はいろいろあったろうが、苦労はよいこともあるから、よいことがあると信じてやっていくしかないよな。
俺も耳をおっつぶれた時は絶望にうちひしがれたが、ここまで生きてこれたわけだし、障害者になって話しが聴こえなくても考えは前より相手が何を考えているのかが悟りやすくなったから、悪いばかりでもないと今では思っているし、障害があることで今の辛さも我慢できた点ではよかったのかも知れないし、障害もまんざらではないというのが俺の人生の結論というか、今の心境だから、まだ死なない気もするが、先はわからんので、言うことは言うのはきちんとしたいので、ここまで言っている。なんとか生きられるところまで頑張ってみようと思うから、家にも帰りたいというのもあるが、難しいようだし、日々を頑張って生きようというのが俺の今の心境だな。
あとは休むから、このぐらいでよい。

望んでなったわけではないというのはあるが、障害者になってしまったときは我慢できるのか気になっていたが、話をすることが出来なくなったということだけで、話をしなくても通じることはたくさんあったということは話しておきたい。考えることが多くなって話をすることは少なくなったが、人の話を聞かなくてもわかる世界があるというのは知って貰いたい。あと、障害のことで後ろめたいと思うことはあったが、我慢出来ない苦しさはそのことだけで障害自体は困ったことではないと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.09

父親の遺言、のようなもの。(1)

12月25日の柴田先生の通訳の録音を文字に起こしてみました。
誤字脱字ご容赦。m(__)m

---

こんにちは。
どうして手が動くのか。
誰ですか?
どこの人ですか?
頑張っても開かないのが、見えるので書いてほしい。
びっくりしてましたが、まだ書けるとは。
このまま話せずに終わりたくないので、ありがたいから。
話を続けますが、遺言でもないが、みんななかよくやって欲しいから、よろしく頼みます。
よい家族のおかげでいい人生であったことを最後に伝えたかったのでよかったけれど、どうしても心残りは孫のことで先に逝くとは思いもよらなかったから辛かった。大輝をかわいがったことがいい思い出だ。

---

指の方が楽だから、このまま話しますが。
どこの誰かは知らないけれど、どうしても伝えたいことがあるので、よろしくお願いします。
どうしても伝えたいのは、仲良くくらして欲しいということですが、どんなに頑張ってももう私は家には帰れそうもないので、ここで最後まで頑張りますが。
大輝に会えると思うと少し気が楽だから頑張って生きて最後にしたいけど、どんなに頑張ってももう歩けそうもないので、ぜひ伝えておきたいのは、みんなが仲良く暮らしてほしいということだけなので、ぜひよろしくお願いしますが。
ただひとつ心残りは大輝を大人にしてあげられなかったことだが、今子がいるので。
もう少しで曾孫が見たかったけれど、それは諦めるけど、早くいい嫁さんを見つけて欲しいと思うので、頑張ってください。いい孫だけど奥手なので頑張って欲しいけど。
ママにもたくさんお世話になったので、よろしく伝えて欲しいけれど、今日は家でしょうか?
ママと言うのは孫がいるからなんですが、ママには大変お世話になったんです。ママもいろいろ辛かったので、ようやく落ち着いた暮らしがこれから始まるところだと思うので、ぜひいい嫁さんを見つけてください。
お嫁の前にいい仕事について欲しいけれど、どうなっていますか?
就職はどうなっていますか?
決まったのかな。
それはよかったが、どこに決まったのかな?
どこの会社? 教えてくれますか。
東京と見えたが、東京のどこか?
品川なら通える。それはよかったが、頑張っていい仕事をすることが一番なので、よろしく頼みますが、客商売なのかな?
パソコンなら客商売ではないようなので、じっくり頑張っていい仕事をしてください。
お母さんも喜んでいるでしょうが、私もとても嬉しいけれど、就職祝いをどこからか出して貰えないかな。金はどうなっているかよくわからないが、ちゃんと就職祝いを貰って欲しいので、久仁明が私のお金から渡して欲しいけど、財布もわからなくなったから、どこからか調達してくれればいいけど、先々財産はそっちにいくから安心しておけばいいと思うけれど、財産をあてにすると仕事に身が入らないので、ちゃんといい仕事をしたらいいと思うけれど。久仁明みたいに好きなことをしてもいいけど。
みんなそんなふうにしてそれぞれ頑張っているので、敦也も頑張って働いていい家族をつくって、いい山下家を引き継いでくれるとありがたいと思うけど、別に御殿のような家がいるわけでもないで、じゅんぐりに家を引き継ぐということになっているので、ぜひいい家族をつくって可愛い子どもをつくって、いい山下家を継いでほしいと思います。
どういうわけか今日はすらすらと言葉が出てくるけれど、もうなかなか一人ではゆっくり考えをめぐらせるのが難しくなってきたので、今日はとてもさっぱりとした気になりましたが、どういう技なのかは知らないけれど、もしかしたら大輝の関係の人なのですか?
そうですか。やっぱり大輝の関係の人なのですね。喋ることが難しい子どもの言葉でも聞いているのかも知れないけれど、どうしてもひとつ伝え忘れてはいけないことを思い出したので、伝えるけれど、大輝のおかげで家は大変だったけれど、大輝のおかげでとてもいい人たちが沢山出会えたんで、そのことちゃんと伝えておく必要があったことを忘れていたので、言えてよかったけれど。
ママも大変だったけれど、いい家族になった気がするのは、大輝のおかげのような気もするし、おばちゃんも大輝のことになるといつも一生懸命でそのことをおばあちゃんの生きがいでもあったので、とても大輝に感謝をしているのも忘れかけていたので、思い出せてよかったれど。
今日はどこからきた人かわからないけれど、不思議なやり方で伝えさせて貰ってとてもいい気分です。まさかこれがお迎えではないですか?
まさかと思ったけど、違っていたのですね。ママにもひとこと伝えてほしいのは、いい嫁を貰ったのを感謝していることですが、ママを大切にしてあげなさいというのも言い忘れていたので、言えてよかったです。
どんなに頑張ってももう家には帰れそうもないので、どうしても一度あの家を見たいけれど、また散歩でも出来たら行ってみたいけれど、懐かしい我が家を最後に見たいので、そのことも忘れずに言えてよかったです。
どんなに足掻いてもかなわないと思っていたことがひとつかなったのは、遺言でもないけれど、仲良くということだったので、伝えられてほっとしているけれど、どんなに頑張っても体がいうことをきかなくなったので、ごめんなさいという気持ちで、ずっと誰が誰かもわかりにくくなっていたので、なんとか伝えられてよかったです。
残念なのは、ご覧の通りの体になったので、もう何もできなくなったこと。頑張っても頑張ってもどうしようもないので、ただじっと一人でいろいろ思い出していたけれど、浮かぶのは家族のことばかりだったので、よっぽどいい家族だったのだなあと思っているところです。
頑張っても頑張ってもまだまだ歩けそうもないのですが、もう少し気力で頑張るのでよろしく頼みます。頑張っても頑張っても歩けないだろうけど、もう少し目を開けられるようになりたいとも思って、毎日頑張っているけど、なかなか開かなくなってしまったので、もうすぐお迎えも近いと思い始めたところで、大輝の知り合いのおかげで気持ちが伝わったのがなによりの大輝からの贈り物かもしれませんので、大輝に向こうで会ったら向こう側でもお世話になったぞと言ってあげられそうです。
大輝とゆっくり話すことが夢なので、ゆっくりお迎えを待っているところかも知れないけれど、まだ頑張るのでよろしくお願いします。
それではちょっと疲れたので、また寝ることにしますが。
よい人を連れてきて貰えてよかったなあと今思って、久仁明もいろいろ頑張ったのでいろいろな人を知っているのが私の自慢なので、まだまだ若いので頑張ってほしいと思うけれど、大輝が亡くなったあとすっかり気持ちが厳しくなったみたいだったけれど、そろそろ昔みたいにばりばりテレビの脚本を書いたりしてみたらどうかなと思うけれど、私は密かに自慢の息子だったのですが、なにせ耳が遠くなってからは本しか読めなかったので、アンパンマンも字幕が欲しかったけれど、なかなか仕事の中味がわからなくて、頑張っているらしいことしかわからなかったけれど、映画や本をつくって大したことだと思います。
それでは少し寝ることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.04

余寒見舞い

年賀状を頂いた方には寒中見舞いでお送りさせて頂きました。
ブログを見て頂いた皆様にはこちら↓で。。。m(__)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.30

反論、のようなもの。

勘違いする人がいるからちゃんと言い訳するべきだ、と意見を頂きました。

今さらわざわざ言い訳する気もないけど、私のことよく知らない方に勘違いされるのも嫌なので、最低限の訂正部分のみ反論してみます。

> 自称脚本家の男性Y氏が重度自閉症の息子をモデルに自主製作した映画なんだそう。

モデルは長男ヒロキではありません。
町田市障害者成年学級で出会って成年たちです。
彼らをモデルに小説書いたの、ヒロキがまだ小学生の時でした。

> 全く口の聞けない重度自閉症(知的障害もある)

二語文まではヒロキは喋れました。

> JRから賠償請求されたけど、Y氏は逆にJR側の責任を問う訴訟起こして勝訴。
> JRから数千万の見舞い金をせしめて、
> その見舞い金で映画を製作、資金が足りなくなると全国に募金を募ったり、
> 政府や役所に「障害者映画を作るから」と援助を要請。

訴訟を起こした経験はありません。
見舞金なんか貰ってません。
政府にも役所にも援助は要請してません。

> Y氏は自閉症協会の関東支部幹部だそうでバックに強力な団体がついてるのと、
> 敏腕弁護士揃えてJRを裁判で打ち負かしたそうな。

自閉症協会に関東支部なんてありません。
弁護士に依頼したこともありません。

> Y氏の映画が今年全国ロードショーされるそうで、
> 今のY氏はお金が儲かってウハウハってとこ。

単館ロードショーでした。(^^;
借金だらけでした。(^^;

> 自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」
> NHKで宣伝してたストーリー↓

これ、全然違います。
素人が勝手に話つくるなっちゅーの。(^o^)

> その自閉症映画の公式サイト見たけど、
> 「文部科学省推奨、文化庁助成作品」の看板が掲げられてます。
> つまり我々の血税も資金投入されてるってこと。

文部省も文化庁も、推薦のみ。お金は頂いていません。

> ちなみにY氏は、息子が事故死してから、たった一週間で映画製作を思い立ったそうです。
> 映画制作を思い立ったのは、死後たった4日だそうですよ。

事故の3ヶ月前から映画の企画は立ち上がっていました。

> 息子が生まれてからは障害本の出版してたようだから、
> やっぱり障害ネタで食べてたんだね。

障害ネタって。。。
つくしんぼの運営で食べていたのは事実です。(^o^)

> あの父親も発達障害っぽいよね。
> テレビに出てた時の発言聞いて、ああこの父親はアスペっぽいと思った。

うーむ、否定はしない。。。(^^;

> この人権屋父ちゃん、どんどんホコリが出てきそう。
> 昔から看護婦ネタが好きだったんだね。
> そしてぼくうみ脚本の不自然さはポルノのストーリーの不自然さと…納得w

ロマンポルノの脚本執筆にはブライド持ってます。
昨今のエロビデオと一緒にすんな!

> JRからの見舞い金も出したはずだよ。
> 日本自閉症協会掲示板に山下氏自身がそう書いてたもの。
> 顔文字だらけのウハウハ文体でうれしそうに書いてた。
> その記事は、健常者達からの非難浴びて削除されたけど。
> 私も批判した一人だけど、団体からアク禁にされた。

見舞金は出ていません。
自閉症協会の掲示板に書き込みはしていません。
自閉症協会の掲示板は仕組み上、アク禁処理できません。
自閉症協会全国大会にはぼくうみの作者としてゲスト招待されました。

> 映画館に行かなくても、youtubeにアップされてるし、

予告だけしかアップされていませんでした。

> ツベ見てきた。キモい親父だなー。
> 他の出演者がちゃんとカメラ目線で話してたのに、
> あの親父は目があちこち動いてカメラ見てないのが印象的だったわw

暗記出来なくて、車のバックミラーに貼ったカンペをチラチラ見てました。
自分で見てもキモいです。(^^;

他のところに関しては。
不愉快だし、不服点ばかりですが。
所詮は蛆虫の戯言。私は否定も肯定もしません。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.29

人形供養

一階の天袋を開けると、どこにも人形がしまってありまして。
私と妹の子どもの頃の節句人形と、ヒロキと次男の節句人形。。。

妹の雛人形が出て来ません。
たぶん、つくしんぼに持って行って、それっぱなしのような。。。(^o^)

なにはともあれ。
もう全部要りません。
ぽいぽいぽいぽいぽ~い。

が、ゴミ袋に入れて捨てるのも。。。

で、昨日ネットで調べてみたら、車で15分程の神社で人形供養してくれるとのこと。
年二回。1月と6月の最終日曜日に。。。

明日だ!

ということで、天袋にあった人形を全部引っ張り出し、昨日のうちに持って行きました。
ちゃんと供養代も置いてきました。
ところが。。。

情けないことに「供養代」と書いたまではいいものの。
お金を入れ忘れ、空っぽの袋を置いてきてしまいました。
さすがに恥ずかしいので、今日また行き、人形供養にも出席してきました。

以前は神社の庭でお炊き上げしていたが、今は苦情がくるので出来なくなり、業者に持て行って貰うとのこと。
お炊き上げが見られず、ちょっと残念。。。(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

やまゆり園の事件とは関係ないけれど。。。

やまゆり園の事件に関連して、気になることがあって検索してたら。。。

久々に見つけてしまいました。
私に対する“罵詈雑言”。(^o^)
2009/10/30~11/10の2ちゃんねるからです。


---以下引用(抜粋)---

クレクレ人権ヤクザで思い出した。
NHKで自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」宣伝をたまたま見たのだけど。
自称脚本家の男性Y氏が重度自閉症の息子をモデルに自主製作した映画なんだそう。

映画製作のいきさつはY氏の息子(15歳)の事故死。
全く口の聞けない重度自閉症(知的障害もある)
重度自閉症息子が一人で散歩に出かけて、勝手に線路に入りこみ電車にはねられ死亡。
JRから賠償請求されたけど、Y氏は逆にJR側の責任を問う訴訟起こして勝訴。
JRから数千万の見舞い金をせしめて、
その見舞い金で映画を製作、資金が足りなくなると全国に募金を募ったり、
政府や役所に「障害者映画を作るから」と援助を要請。

Y氏の言い分
「障害者が線路に入らないように周りに柵を巡らせておけば
息子は線路に入りこまず、
死なずに済んだのにJRはそれを怠ったのでJRに責任がある」
Y氏は自閉症協会の関東支部幹部だそうでバックに強力な団体がついてるのと、
敏腕弁護士揃えてJRを裁判で打ち負かしたそうな。
裁判の顛末がY氏のblogに書いてあったそうだよ。
(2ちゃんで批判続出、お祭り騒ぎ)

検察「何故障害児息子を一人で散歩に行かせたのか?
危険ではないのか?」
Y氏「息子にはGPSを持たせて、行き先を自宅で監視していたから危険ではない。」
検察「監視してるのであれば、息子が線路に向かって行ったとき
何故保護者はすぐに息子の後を追い掛けて阻止しなかったのか?」
Y氏「障害児というのは予測不可能な行動をとる。
線路に入ることも予測出来なかったし、
仮に後を追い掛けても追い付かなかった。
JRが柵さえつけてれば防げた事故だ」

2ちゃん障害板でお祭り騒ぎになったときY氏には、
「JR事故で迷惑被った乗客達に謝れ!」非難が集中してたけど…
自閉症児親達が反論。
「電車の遅延のそれがどうした!
Y氏は大事な息子さんを失ったのだぞ。
子供の命を失うことに比べたら、
電車の遅れなんて屁みたいなもの。
乗客達は生きてるんだから我慢しろ」

そのお祭り騒ぎ見てて、
障害児も障害者親も健常者への迷惑を全く考えてない
自己中クレクレ人権ヤクザと思ったわ。

Y氏の映画が今年全国ロードショーされるそうで、
今のY氏はお金が儲かってウハウハってとこ。
NHKドキュメンタリーのときY妻が
「息子はいつか一人で天国に行っちゃうんじゃないかって、
そんな気が前から何となくしてたんです…」

それってさ、つまりは重度自閉症息子がお荷物だから、
一人で勝手に死んでくれることを暗に願ってたってことでそ?
一人で散歩に行かせたのも、事故死してほしくて
故意に付き添わなかったってのがバレバレなんだよね。
Y夫婦は知能犯

---

自閉症だと体は丈夫だったりするから、
「おいおい、15にもなってピンピンしてるぞどうすんだ」ってなって、
夫婦と団体と顧問弁護士で処分と金儲け両方できる方法考えたんだろうね。
子供を一人でふらつかせて電車に飛び込ませて慰謝料せしめるとかまともな人間には考えつかないw

---

その映画、絶対見ないw

障害者親のクレクレ893って本当にキチガイ、人間のクズだわ。
お前が製造した池沼だろ? お前が責任持てよ!
ましてや出生前検査回避して「どんな子が生まれても育てる」とか言った奴らなら
なおさら自分の金だけで育てて一歩足りとも外に出さないで欲しい。
自殺したとしたって「JRが悪い!」「誰が悪い!」とあちこちに突っかかって
子供が死んで悲嘆に暮れてるとは思えないアグレッシブさと貪欲さw

JRに「柵をつけておけば息子は死ななかった」って言う前に、何で自宅に柵を付けてなかったんだ?
健常児なら、例えば一人歩き始めた乳児が電車に轢かれようと、責められるのは保護責任を怠った母親なり父親なのに。
こういう事件で社会や健常者の受けるダメージは計り知れないから、やはり池沼は「絶対隔離」を義務化すべき。

ちなみにY氏に限らず、池沼を放し飼いにしてればいつか事故に逢う・・・というのは障害者親なら誰でも想定できることだと思うよ。
むしろ「人権」主張して積極的に街に出す運動をして、池沼自ら死んでくれるのを心の底で願っていると思う。
(池沼を積極的に海や山に連れてってる家族を知っているw)
もし死因が対人間・会社なら、「息子が殺された」って大騒ぎで訴えて、池沼を清算できた上に金儲け出来てラッキーw
そういうラッキーしか妄想できなくなるのが、池沼家族。
海で溺れたり、山で崖から落ちて死んだときは海を訴えるの?山を訴えるの?
国に全ての海や山を柵で囲って無いからって訴えるの?

---

自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」
NHKで宣伝してたストーリー↓

看護学校生の20代女性が車で走行中、
超イケメン青年(16~17歳)を見かけ、声をかけ車に乗せた。
走り出したはいいが、話しかけても青年からは一切返事が無い。
青年は車の窓を開けて顔を出し、サイドミラーに映る自分の顔に興奮して、
アカンベー等の変顔を楽しむ。
高速道路に入り速度が100キロを越えると、
青年はダッシュボードを叩いたり、
上半身を揺らしたりなど興奮状態。
そのうち、旅の途中の見知らぬ老夫婦と偶然出会い、四人での旅行が始まる。
フェリーに乗り込むと、甲板で青年がいきなり奇声をあげて騒ぎ出したが、
老夫婦が青年を抱きかかえてなだめる。
集まってきたやじ馬に、老人が「これは自閉症という障害だから理解して欲しい」と大声で説明。
ここでやっと看護学校生は、青年が自閉症という障害者なのだと知る。
フェリーを降りて食事処に入る。
隣のテーブルの子供のミニカーを自閉症青年が無理矢理奪い取る。
子供の父親「何するんだ、返してくれ」
自閉症青年は断固として返さない。
老人「彼には自閉症という障害があるのです理解して欲しい」
子供の父親「障害者だからって何をしても許されるってもんでもないだろう!
社会のルールが守れないなら外に出すな」
老人「あなたは心の狭い人…」

---

その自閉症映画の公式サイト見たけど、
「文部科学省推奨、文化庁助成作品」の看板が掲げられてます。
つまり我々の血税も資金投入されてるってこと。
JR見舞い金だけでは足りなくなって税金まで使った糞映画。
それをNHKが宣伝して…
納得いかないです。
配役は、自閉症青年には超イケメン俳優を起用するくせに、
おもちゃを返して欲しいと言った父親は人相悪い俳優を起用してDQNに描いて、
まるで健常者は悪者といわんばかり。

それにストーリー展開も無理があり過ぎだと思いません?
全く口をきけないような青年をナンパしたりしますかね?
それにそんな奇行は見るからに障害者でそ。
障害と気がつかない看護学校生って。
それに、見知らぬ未成年者を勝手に連れ回して
旅行になんか行ったら誘拐罪ですよね?
奇行をかばってくれて群集に自閉症を説明してくれるような老夫婦に
そんな運よく遭遇したりしますかね?

障害児親の妄想&願望満載のトンデモ映画ですよね。

ちなみにY氏は、息子が事故死してから、たった一週間で映画製作を思い立ったそうです。

---

有り得ないストーリーも薄気味悪いけれど、
こんな支離滅裂で独り善がりのものを公金使って日本にばら撒くって間違ってる。
日本人は新興宗教には軽蔑の目を向けるけど、このY氏の言ってること&行動は
タチの悪い新興宗教の信者とまったく同類だよ。

告発サイトでも作ったら?
最近は障害児からの被害や不条理にウンザリしてる人増えてるし、
日本もそろそろ障害者と家族を甘やかさずに『普通の人間として』扱ってあげると良いと思う。

---

映画制作を思い立ったのは、死後たった4日だそうですよ。

確かに笑っていればかわいい顔立ちした青年で、親は可愛いと思う部分もあったのかも知れないけれど
(でも死後4日で金儲け考える訳だし、これからが自分の青春だ!って感じ?)
父親のやったことは知的障害者さまの自分勝手、もはや人間の論理じゃないな・・・。
「自閉家族は外出を控えがち」「生きていれば養護学校に進学できた」というけれど、
進学させたかったなら外出を控え、親がガッチリ管理できる状態を作るべきだったのでは?

自閉症って会って10秒もすれば発してる空気が異様だからスグに「アレか」って解かるのに
このストーリーって「自己紹介は?」とか、かなり話が進んだ辺りで「彼、なんか変」とか
しかも看護学生だってよく知らない障害だって設定で。シラケルよ。

原作は東京都町田市の脚本家、山下久仁●さん(48)ってあるけど、
プロの脚本家ならこんなイタイあらすじ考えない気がすんだけど・・・とぐぐったら
案の定他に作品はないようですw  ご職業は何なんでしょうね。
まさか息子さんの年金で生活立ててたから、あぼーん後の仕事として・・・ガクブル

---

山下久○明は、息子が生まれる前は
にっかつポルノ映画の脚本家だったんだって。
ググッたらポルノ作品が出てきた。

息子が生まれてからは障害本の出版してたようだから、
やっぱり障害ネタで食べてたんだね。

あの父親も発達障害っぽいよね。
テレビに出てた時の発言聞いて、ああこの父親はアスペっぽいと思った。

---

ネットてのは残酷だなぁ。
ぐぐったらこういうのが出てきたよ。

山下久仁明
脚本
1986.03.08 女医肉奴隷  にっかつ
1988.01.09 いけにえ天使  にっかつ
1991.04.21 セーラー服TATOO (V)  ビップ
1992.05.29 もう[ハート]ぎりぎり (V)  ココナッツボーイ・ブロジェクト
1992.07.24 新・ピンクのカーテン2 (V)  ジャパンホームビデオ
1992.11.06 Tバック・ハイスクール セクハラ教師をブッ飛ばせ! (V)  にっかつビデオ
1992.11.14 翔ちゃん空を飛ぶ  中央宣興=ピアノ音楽工房
1993.04.23 あぶない修道院 (V)  ココナッツボーイ・ブロジェクト
1993.10.08 北原佐和子のレディウエポン 女豹 (V)  にっかつビデオ
1997.03.28 風俗の穴場 (V)  ピンクパイナップル=ケイエスエス販売
1997.05.30 美人囮捜査官 尻を撫でまわしつづけられる女 (V)  ピンクパイナップル=ケイエスエス販売

---

この人権屋父ちゃん、どんどんホコリが出てきそう。
昔から看護婦ネタが好きだったんだね。
そしてぼくうみ脚本の不自然さはポルノのストーリーの不自然さと…納得w

とりあえず200万集めたけど、3000万が必要(!)と軽く言ってる
クレクレ裁判でJRからせしめた数千万円は出さないのか?

---

JRからの見舞い金も出したはずだよ。
日本自閉症協会掲示板に山下氏自身がそう書いてたもの。
顔文字だらけのウハウハ文体でうれしそうに書いてた。
その記事は、健常者達からの非難浴びて削除されたけど。
私も批判した一人だけど、団体からアク禁にされた。
障害者団体は健常者からの常識的意見には聞く耳持ち物たくないんだとさ

---

自閉症児の親だけど「ぼくはうみがみたくなりました」の父親が
障害者の親から見てもアレだよ。

それでも映画は現実よりかなりマシに作れらているらしいから
本人も現実は見せられるものじゃないと分かっいる上で
色々計算しているんだと思うけどね。

一緒にしてほしくはないと思うけど、モンスターでもなんでも強い方が目立つし
本音を言えば障害児親が逆らえないのも事実。
こういう人に障害者関係が逆らったら何をされるか分からない。
何もかも取り上げられて追い込まれそう。
何も出来なくて申し訳ないけれど、せめてこういう人には関わらないようにしながら
細々と謙虚に感謝しながら生きて行くよ。
真面目に生きていれば世の中捨てたもんでもないのは分かってるから。

---

ぼくはうみがみたくなりました の背景にある現実は
別に専用スレ&まとめサイト作って世間に明らかにする価値があるな。

---

この映画は単純に映画として見ても、父親やストーリーなど思う所があると思うし
私は自閉症児の親でもあるので、逆に映画と関係のない自閉症者児そのものが
悪い印象にならなければいいなと言う気持ちにもなりました。
完全にファンタジーとして現実と切り離して見るのなら美談になるのかもしれないけれど・・・

---

確かにあの映画はファンタジーですよね。
とは言っても見る者が心温まるファンタジーではなく、
見る者が吐き気をもよおしめまいを起こしそうなお下劣空想映画です。

もしリアルで、見知らぬ障害児を車に載せて町田~三浦海岸~城ケ島遊覧船に
勝手に連れ回したりすれば、
逮捕されますから。
映画では、キラキラしたときめき恋愛風に描いてるけど、
あんなの絶対にありえませんからね。

奇行奇声の重度障害青年に淡い恋心を抱く健常者なんかいるわけないし。

同じように障害児を持つ親でも、
子供の命と安全を真剣に考えてる親なら、
あの映画はあまりに非現実的で腹の立つ映画のはずです。

あの映画を見て「感動した」なんて言ってる障害児親は、
「うちの子も誰かに連れ去られて欲しい」と
ひそかに思ってる親に違いないと思います。

若い娘が見知らぬ重度自閉症青年と一泊するなんて、ぜーったいにありえませんから。
真面目な感動障害映画かのように宣伝して
障害児親がこぞって見に行ってるようだけど、
あれはお下品支離滅裂映画です。
看護学生がやったことは犯罪(未成年者略取誘拐)なのだし

---

とかいいつつ、奥様方映画の内容にお詳しいですのねw

----

多分ネットでの情報だけで見てない人も多いと思うよ。
でもただの感想ブログならともかく、公式とかきちんとした所の情報で
突っ込みどころが多い内容と言う時点で色々言われても仕方ないと思う。

発信源からすれば誤解と思うかもしれないけど
誤解されるような表現をした事に問題があるわけだし。

---

映画館には行ってないよ。誰があんな映画に金払うかって感じ。
映画館に行かなくても、youtubeにアップされてるし、
NHKのニュースでダイジェスト映像を宣伝してたし、
ナレーターがストーリーを説明してたしー。

---

2ちゃん障害板でぼくうみ親父が健常者達から批判されてた
「息子一人で散歩し事故死して、JRから見舞い金せしめた」

日本自閉症協会掲示板URLがアップされてたので、行ってみた

ぼくうみ親父が嬉しそうに映画制作を宣伝し寄付金を募る、自閉症児親達からマンセー

ぼくうみ親父のblogを読んでみたら映画完成とのこと

NHKニュース見てたら、ぼくうみを宣伝してて、ツベにも上がってる

---

ツベ見てきた。キモい親父だなー。
他の出演者がちゃんとカメラ目線で話してたのに、
あの親父は目があちこち動いてカメラ見てないのが印象的だったわw

自閉症児育ててるけど、ああいう大人達に我が子を関わらせたくない。
不自由な所があるなりに、まっとうに生きられるように…まだまだ死ねないな。

---

自閉児(池沼)を一人歩きさせて早期あぼーんに成功
その上「被害者」に成りすまして本当の被害者から金まで巻き上げて。
これって池沼に芯で欲しいと願ってる親の黄金のサクセスストーリーだよ。
それこそ脚本書いてこの日が来るのも待ち望んでいたとしか。

健常親なら喩え子供が殺人鬼に殺されようと、ずっとどこかで一人歩きさせた自分を責め続ける。
対して自分が放し飼いにしたばかりに電車に飛び込んで(自殺)、
迷惑かけておいて賠償金も払わず、詫びもしない親。
金蔓掴んだとばかりに元気いっぱいで映画を作り始める親。

あの父親みたいな妙な動きが表に出てしまってるのは障害児遺伝子なのね。
言っていること・行動がもはや人間ではなくて知恵遅れかキチでないと言えない内容だもの。

---

レインボーおやじいわく、自閉症児を持つディレクターがNHKにいて懇意にしてるので、
積極的に映画宣伝してくれるのだと
レインボーおやじが嬉しそうに語ってる。
いいのかね?NHK職員が公営放送をそのように私物化して。

---

障害児の我が子を金儲けの手段にする親は、
「親として子供を純粋に愛する心」が欠けてるよね。

重度の障害児を持つ親って、そういうふうにでもならない限り生きていけないのかな?
子供を利用してずるく生きるか

---

山下氏、またNHK名古屋の取材を受けてる。

---以上引用---


で、私の感想は。。。

懐かしいなあ、って感じです。
よくまあ適当に作り話つくってくれるなあ。
よっぽど私のこと嫌いのね。(^o^)
昔は有名人だったなあ。
ツベって何かと検索したら、youtubeのことだった。(^^;

やまゆり園事件のご家族の皆さんがマスコミに顔出したがらない気持ち、わかります。
事件を起こしそうな輩、匿名でしか他人の悪口言えない輩、潜在的に大勢いるから。。。(; ;)

さてさて、またしても蛆虫待ち???
いえいえ、今は有名人じゃないからなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«やまゆり園の事件から半年。。。