« 執筆 | トップページ | 光とともに… 5話 »

2004.05.11

懸賞募集、ふたたび

1~2月を執筆期間にあてたのには理由がありました。それは、3月末にいくつかの文学賞の懸賞募集の締切りがあったからです。
小説なんて、書いてみたところで、本として印刷して流通に乗せてくれる出版社が見つからなければ、単なる“趣味”です。

だけど私には、アニメプロダクションには多少のコネはあるものの……。(^^;
出版社などにコネなんてありません。(; ;)
となれば、懸賞募集に応募してみるぐらいしか方法はありません。
間違っても自費出版みたいな素人の道楽はするつもりはありませんでしたし……。
(ダテにプロの脚本家をやってなかったぞ、みたいな自負だけはあった)
だからといって、懸賞募集は脚本の習作時代にさんざ懲りてもいるわけで……。
だから、踏ん切りがつかず……。

一度応募してしまうと、ひっかかっていようが落ちていようが、入選発表までの半年間ぐらいは作品を動かそうにも身動き出来なくなってしまうわけで。
それより、直接どこかの大手出版社の持ち込んで読んで貰った方がいいかなあ、とも考えてしまったりもして……。

|

« 執筆 | トップページ | 光とともに… 5話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/576110

この記事へのトラックバック一覧です: 懸賞募集、ふたたび:

« 執筆 | トップページ | 光とともに… 5話 »