« 0.95段階 | トップページ | 第1段階~ショック・衝撃の時期 »

2004.07.28

0.98段階

どこで知識を仕入れてきたのか覚えていないのですが、いつしか私の頭の中に自閉症という単語が住み着くようになりました。
仕事の打ち合わせ帰りに、都内の書店でタイトルに自閉症という単語が入っている分厚い本を見つけて、衝動的に購入。それを読んだのが、はじめての自閉症体験でした。

ちなみに、今でもウチの施設の本棚に並んでいるその本は、「自閉症の謎を解きあかす」ウタ・フリス著(東京書籍)です。
あんまり初心者が読むような本ではなかったようで……。(^^;

ただ、難解ながらも読み進めていくうちに、息子の自閉症を確信していったように覚えています。

で、このあたりまでくると「人間の心理的反応の4段階」の中の「第1段階~ショック・衝撃の時期」に突入しているような気もするのですが……。
自閉症の場合、ダウン症等とは違ってきっちり告知されるわけでもなく、ボディブロー的に意識してゆくものなので、境目がどのあたりだったのか記憶にありません。

|

« 0.95段階 | トップページ | 第1段階~ショック・衝撃の時期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/1073598

この記事へのトラックバック一覧です: 0.98段階:

« 0.95段階 | トップページ | 第1段階~ショック・衝撃の時期 »