« 映像への憧れ | トップページ | アスペルガーご本人の小説 »

2004.07.11

プロデュース業って一体?

細々とですけど、「ぼくうみ」映像化に向けての営業はしてきました。
憧れというか夢というか……。
息子が自閉症とわかった時期に衝動的に頃に書いた作品です。
他の作品はともかく、これだけは映像化しないと自分自身が納得できないと思って、いろいろ動いてみました。

でも、やっぱり難しかったようです。
小説なら、出そうと思えば数百万で出せます。(私は出してないけど。ちゃんと印税貰ってるけど)
でも映像化するには、作ろうと思えば数千万の製作費が必要です。
私は脚本家の仕事の経験はありますが、プロデューサーや演出家の経験はないです。どうやったらお金を集められるか、どうやったら現場を動かせるか、などのノウハウはまったくありません。

ステップワゴンでドライブする話なので、ホンダに話を持っていったこともありました。でも、そのときも「個人としてではなく、製作会社か放送局経由でお願いします」と言われてしまい……。

だから、なんていうのかな、自閉症の子を持つプロデューサーとか監督がいないかな、なんて探してみたりもしました。
で、探してみるとそれなりには見つかるんだけれど、どうにも話を持っていく気にもなれず……。

|

« 映像への憧れ | トップページ | アスペルガーご本人の小説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/944065

この記事へのトラックバック一覧です: プロデュース業って一体?:

« 映像への憧れ | トップページ | アスペルガーご本人の小説 »