« 第3段階~悲しみの時期 | トップページ | 長男が自閉症だということを直感的に察した頃 »

2004.08.02

第4段階~受容・立ち直り・昇華の時期

受容・立ち直り・昇華か……。
そんな境地に達することが出来るのは、聖人君子のような親だけではないでしょうか。私みたいな奴には、間違っても無理だと思います。(^^;

息子の自閉症のことでは、それなりにショックも受けたし、落ち込みもしたし、悩みもしたように記憶しています。
でもほんと、性格ですかね、いつまでもクヨクヨし続けてられないんです。クヨクヨしていることも、なんていうか、飽きてしまうんですね。で、なんか面白いことないかなあ、と。
障害児の父親になってしまったからには、死ぬまで障害児の父親やってかなきゃならないんだから、障害児の父親として楽しめる方法はなにかなあ、と……。(^o^)

そういう意味では、第4段階もどき~プチ受容・プチ立ち直り・プチ昇華の時期であれば、息子の自閉症がわかって半年ぐらいの頃には、既に達してしまっていたような気がします。

で、結論。
人間の心理的反応の4段階は、説得力があるようで、自閉症の親には全然あてまらなかったりするものである、と。。。(^^;

|

« 第3段階~悲しみの時期 | トップページ | 長男が自閉症だということを直感的に察した頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/1106591

この記事へのトラックバック一覧です: 第4段階~受容・立ち直り・昇華の時期:

« 第3段階~悲しみの時期 | トップページ | 長男が自閉症だということを直感的に察した頃 »