« きっかけは・・・ | トップページ | それでも動かないわけで・・・ »

2004.11.07

動いてはないけど・・・

動いてはないけど、もし動いたとしたら…というのは考えていたようです。
もし障害児のための学童保育をつくるとしたら……。
どこで活動すればいいのだろう???

難しく考える必要もない。幸か不幸かウチは貧乏農家だ。裏の畑にプレハブでも建てれば学童保育ぐらいできそうだ……。
いや待てよ。裏の畑に二世帯の家を建てて、築50年を超えてる実家のボロボロの建物を使うっていう手もあるな……。

当時、ウチら虹父家一家四人はアパート住まいでした。二階にいたけど、自閉症の長男が暴れてうるさいので、一階に移ってました。
でもって私は、売れっ子というほどではなかったけど、それなりに締切りに追われまくっている多忙な脚本家でした。
でもって貧乏根性が染みついている私は、全然金を使わないタイプの奴。ゆえに忙しい分だけ貯金は増えていくわけで……。

よし決めた。とりあえず家を建てちまってみよう……。

|

« きっかけは・・・ | トップページ | それでも動かないわけで・・・ »

コメント

今まであまり気にしていなかったのですが、富山県のディケアハウスって、幼児から高齢者、そして障害者(児)も一緒に預かってくださるのですよ。

さっき、ニュースで言っていたのですが、これを「富山式ディケアハウス」と言うのですって。
そうか、他所の県では、やっていないのか!
富山県内は、もう当たり前のことだから、気がつかなかった。

投稿: ラム | 2004.11.08 19:35

ラムさん、どーもです。
それ、ウチでも考えてみたことありました。
じいちゃんばあちゃんに障害児の面倒みて貰う、っての。(^^;
実際に行政主導でやってるんなら、そりゃすごいです。

そのディケアの仕組みって、どうなってるんでしょう???
ウチの市の場合、老人福祉と障害福祉は別の課になるので、合わせるかたちで補助金ってわけにいかないのです。

行政区が違うと制度って全然違うからなあ。。。

投稿: 虹父 | 2004.11.08 20:15

私も詳しいことは、あまり知らないのですが、始まりは「民営ディケアハウス このゆびとーまれ」の代表者 惣万佳代さんだそうです。
ホームページは http://www.geocities.jp/kono_yubi/

もちろん、富山県でも課は違うのだそうです。
「前例がない!」というのをものすごいごり押しして、作ってしまったのだそうです。

富山県内のどう言うところがやっているのかは http://www2.nsknet.or.jp/~izumitan/HTML/dantai.html
の「ディケアモデル事業」をどうぞ。

投稿: ラム | 2004.11.08 21:13

ラムさん、再度どーもです。
ホームページ、覗いてきてみました。
写真の雰囲気、妙にいいですねえ。。。

補助金額も少ないし、利用料も結構高いようですけど、ニーズはやっぱりあるんでしょうね。

ああいうのをやる場合って、カリスマ的中心人物が必要なんでしょうね、やっぱ。私にゃ無理だ。。。(^^;

投稿: 虹父 | 2004.11.11 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/1894119

この記事へのトラックバック一覧です: 動いてはないけど・・・:

« きっかけは・・・ | トップページ | それでも動かないわけで・・・ »