« 会員募集 | トップページ | 校長室 »

2004.12.08

紹介してください

「ウチの息子、幼稚園の年長なんですけど、来年、ウチの子も入れて貰えるかなと思ってるんですけど……」
そう言って、私は障害児学級の担任であろう先生に声をかけていきました。
30歳過ぎのオッサンが一人、昼間の児童公園にいるわけです。怪しい奴と思われないためには、息子の話から入るしか方法がありません。(^^;

で、ひとしきり自閉の長男の話などをし、それからいよいよ本題。
「障害児のための放課後活動の施設を始めようと思っているんですけど……」
先生はとっても関心を持ってくれました。
「そうよねえ、学校が終わるとそのあと何にもないものねえ。放課後に遊べる場所があると、とってもいいと思う」

で、私は福祉課とのやりとりのことを話し、お願いしてみました。
「先生の学級の保護者を紹介して貰えませんでしょうか……」
で、返ってきた答えは、「まずは校長を通して欲しい」とのこと。
考えてみれば、これはもう当然です。現場の先生が独断で勝手なことも出来ないでしょうし。

で、小学校に直接電話をかけ、4月9日に校長と会う約束を取りつけたというのが、流れみたいです。あんまりよく覚えていないけど。(^^;

|

« 会員募集 | トップページ | 校長室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/2198952

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介してください:

« 会員募集 | トップページ | 校長室 »