« 校長室 | トップページ | どこをほっつき歩いてるんだか・・・ »

2004.12.10

いじめっこ同志

O校長との話は、次第に障害児をめぐる雑談へと発展していきまして……。

「小学校のとき、いじめてた同級生がいるんですよ。障害児で。それがあるときから学校に来なくなったんですけど、その彼とつい最近再会しまして。養護学校に転校して、卒業したあと、私のよく知ってる作業所に通ってたんですよねえ。今思うと、とんでもないことしてたんだなあ、と……」
「私もいじめたなあ。歩けなくて這っていて、それに平気で石をぶつけてたんだよなあ。そういう子どもの頃の思い出が頭の中にこびりついていて、逆に教師になろうと思ったような気がする」
「へえ……」
「そういえば、ついこのあいだ、障害児学級の担任をしていたときに教えてた子とバッタリ会って、声をかけたんだけど、ダーッと逃げられちゃってねえ。T君って言うんだけどね、いじめてたわけじゃないんだけど、自閉症ってのはほんと難しいよ」
「そのT君って、T・S君だったり……?」
「あれ、知ってるの?」
「青年学級で今私が担当しているんです」
「そうかあ、T・S君が世話になってるのかな。それじゃなおさらいろいろ協力させて貰わないとなあ」

障害者青年学級のスタッフやってて良かったア……と思った瞬間でした。(^^;

|

« 校長室 | トップページ | どこをほっつき歩いてるんだか・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/2224965

この記事へのトラックバック一覧です: いじめっこ同志:

« 校長室 | トップページ | どこをほっつき歩いてるんだか・・・ »