« 泣いた回数 | トップページ | 「マラソン」を観に行こうよ »

2005.07.12

どうにも納得がいかない

市が管理しているM中学校の温水プールは、大人300円。中学生以下無料です。社会教育施設として運営されています。
小学生は保護者が同伴していないと入れません。未就学児は保護者が一緒でも入れません。そういうルールになっています。

ウチの長男は中学三年です。無料ですし、保護者の同伴も必要ないわけです。
が、自閉症ゆえ、着替え等に介助が必要なため、私が一緒に行きます。
プール内では特に介助は要りません。自己流ですが、一人で25メートルも泳げます。
他傷・他害もないので、他のプール利用者に特に直接迷惑をかけることもまずありません。たまにあるのは、一方通行コースに入って逆走してしまったり、歩く専用コースで潜ってしまったりと、ルール違反をしてしまうぐらいです。それも、先週の土曜日は、二時間の間にルール違反は一度だけでした。
ちなみに、長男は言葉での指示や注意も結構入る方です。

にもかかわらず、私は三度監視員から忠告を受けました。
「息子さんから目を離さないようにしてください」
「息子さんのそばにいるようにしてください」

他人に迷惑をかける行為(一方通行違反)が一回だけなのに、なんとまあ三回も忠告を受けたわけです。
「息子さんから目を離さないようにしてください」
「息子さんのそばにいるようにしてください」

ちょっと長男が奇妙な態度を見せると、鬼を首取ったような顔してすっ飛んで来て胸張って言うのです。
「息子さんから目を離さないようにしてください」
「息子さんのそばにいるようにしてください」

監視員は五人体制だそうです。
そのうち、一人が監視台の上に座ってプールを見渡しています。
あとの四人は何をしているのか知りませんが、監視員室の中でボーッとしています。
昼寝してたり漫画読んでる奴もいます。

変だと思うのです。どうにも差別のように感じてしまうのです。
私は、300円払ってプールに入っています。長男のプール介助のために半額にして貰っているわけでもありません。
長男は、多少のルール違反はしでかしますが、他の利用者に直接の迷惑等はかけていません。
長男が何かしたら、監視員が注意すればいいだけだと思うのです。
にもかかわらず、私は言われるわけです。
「息子さんから目を離さないようにしてください」
「息子さんのそばにいるようにしてください」

長男は身長175センチ、体重70キロ、足の大きさ27センチ。私よりデカいです。パッと見ただけだと大人と一緒です。
それでも保護者が一緒にプールにいる場合に、保護者としての常時の監視義務があるのでしょうか?
「息子さんから目を離さないようにしてください」
「息子さんのそばにいるようにしてください」

などと監視員に命令されなければならないものなのでしょうか?

私には「公園では犬の綱を外さないでください」と言われているような気がしてならないのです。

|

« 泣いた回数 | トップページ | 「マラソン」を観に行こうよ »

コメント

この話、もっともっとたくさんの人の目に触れるところでしてほしいです。
新聞の投稿ネタだなあ。
みんな、どういう感想をもつかしら?
東京都支部の掲示板で紹介してもいいですか?

障害児の親にも、この文章を読んではっと気づかされる人がいるのでは?
うちの子供は、障害があるから、迷惑かけるかもしれないからって、片時も子供から目を離せずにいるひと、それが当たり前と思っている人、絶対いそうな気がする・・・。

虹父さんのおっしゃっていることが
ごく当たり前の考え方だと思います。

日本人は、人に迷惑をかけるということに
非常に罪悪感があるので、当たり前の考え方を、ふと忘れちゃうことが
あるかもしれませんね。

投稿: 紅茶キノコ | 2005.07.13 17:12

成澤さん、紅茶さんがリンクを貼ってくれたことで、ここ数日、アクセス数がムチャクチャ増えてます。(^o^)

しかし、アクセス数は増えても、小説の注文は全然ないわけで……。(^^;

投稿: 虹父 | 2005.07.16 22:05

はじめまして、6歳アスペルガー男児のははです。
わたしも似たような経験がありました。
歯医者さんに行って、器具に興味津々で座っていられなかった息子を前に、助手が、「お子さんをちゃんと座らせてください!!」
本人が座る気にならなければ難しいのと、障碍に気づいていなくとも、上手く気をそそって座らすことができる歯科医院もあったので、迷わず転院しました。治療にも疑問があり、軽い虫歯で、薬で経過観察する病院もあるのにそこはがんがん削るので、歯医者で泣かない息子も顔をしかめていましたので。
迷惑かけるかもって片時も目を離さないのは私はずぼらなので無理です。無責任って言われても、こどもの個性なんだから、こちらも人間である以上、ずっと見てるのはある程度年齢が上がったら無理です。

投稿: yasasshiipiano | 2005.07.22 10:13

ブログリンクさせてください。

投稿: yasasshiipiano | 2005.07.22 10:16

>>yasasshiipianoさん
お医者さんは、結構いますよねえ。
ウチの近所には、障害児に限らず、子ども全員が総スカンしている耳鼻咽喉科があります。
子どもに対してすぐ切れるってのは、なんだかなあ。。。(^o^)
リンクは……こちらからもしますね。

投稿: 虹父 | 2005.07.22 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/4929705

この記事へのトラックバック一覧です: どうにも納得がいかない:

» 勝手に『道徳の時間』 [私が、成澤達哉である。]
『自閉症の小説!?』の虹父さんが、読んで大変考えさせられる話を掲載されていた。  ↓こちら。 http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_c104.html http://bokuumi.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_3621.html  内容は読んでいただくとして、.... [続きを読む]

受信: 2005.07.12 21:11

» やはり反響は大きかったようで [私が、成澤達哉である。]
 自閉症協会東京都支部の掲示板に、↓の投稿。 http://www.autism.jp/cgi-bin/hatenaman2/hatenaman.cgi?action=view&disppage=1&no=404&oldlogno=&word=  7月12日に私が当ブログで取り上げた、『自閉症の小説!?』虹父さんの記事に関する内容である。  ここでも.... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 20:21

« 泣いた回数 | トップページ | 「マラソン」を観に行こうよ »