« 古田敦也プレイングマネージャー誕生 | トップページ | 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづきのつづき) »

2005.10.19

古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづき)

スワローズ初優勝から14年。長期の低迷期をはさんで、二度目の優勝のチャンス到来。オールスターを首位で折り返したのである。
その年、マスクをかぶっていたのが、レギュラーの座を掴んだばかりの古田敦也。
当時、長男は2歳。自閉だなんて思ってもいなかったっけ。
次男は嫁サンの腹の中で4000g近くに成長していた。

9月に入ってからスワローズの連敗がはじまった。かなりあったはずの二位タイガースとのゲーム差が、一気になくなってしまった。
そんな頃、次男が生まれた。
で、願掛けした。
次男に「敦也」という名前をつければ優勝するだろう、と。

で、次男のおかげでスワローズは二度目の優勝を果たしたような気がする。

|

« 古田敦也プレイングマネージャー誕生 | トップページ | 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづきのつづき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/6475924

この記事へのトラックバック一覧です: 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづき):

« 古田敦也プレイングマネージャー誕生 | トップページ | 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづきのつづき) »