« 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづき) | トップページ | PHS→ケータイ »

2005.10.20

古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづきのつづき)

いつしか気づいたことがある。
願掛けしたとかしなかったとかとは関係ないのだけれど、スワローズの優勝した年に、不思議と私の人生の転機がやってきているような気がする。

初優勝の年、大学に合格した。
2度目の優勝の年、長男の自閉がわかった。
3度目の優勝の年、障害者青年学級に参加し、福祉の道に片足を突っ込んだ。
4度目の優勝の時、つくしんぼを始めた。
5度目の優勝の時、つくしんぼは補助金ゲットした。

そして2001年の夏、オールスターを首位ターン。6度目の優勝の可能性が大きくなってきた時点で、私は久しぶりに願がけをした。
「優勝したら、小説を出版できる」と。

で、その結果、出版にこぎ着けたのが「ぼくうみ」なんだなあ、これが。(^^;

古田がいよいよ監督です。まだちょっと早い気もするけど、こういうのはタイミングだろうし、まあいいかな、と。
とにかく敦也クンには頑張って貰わんと。
で、7度目の優勝の時、ぼくうみを映画化出来たりして。(^o^)

そう言えば、古田の嫁サンって、私の嫁サンの大学での直属の後輩だったような。。。

|

« 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづき) | トップページ | PHS→ケータイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/6488948

この記事へのトラックバック一覧です: 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづきのつづき):

» 古田敦也新監督の歌声 [我楽侘箱の世界]
TO THE TOP VICTORY ROAD/YOUNG SAWALLOWS ヤクルトの古田敦也捕手が、来季の選手兼任監督に正式就任したそうですね。 29年ぶり選手兼任監督誕生でいろいろとおもしろくなりそうですね。 そんな古田氏が実は今から12年前....... [続きを読む]

受信: 2005.10.28 00:52

« 古田敦也プレイングマネージャー誕生(つづき) | トップページ | PHS→ケータイ »