« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.18

ほんと、いろいろあります。(; ;)

自閉の長男のことなら、なんでも書いてしまえるのですけれど。
今回は次男のことで、いろいろトラブってます。
なんにもわかっていない長男とは違い、次男はなんでもわかってしまってるので、状況をここに書くわけにもいきません。ここの場合、全然、私、匿名じゃないので。(^^;

私の精神状況もかなりしんどいので、たぶんしばらくは何にも書かないと思います。
気が向いたら、また復帰しますので。m(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.01.15

どーでもいいことなんですけど。

右の列に、BlogPeople というのをくっつけています。
以前は MyblogList というのを使っていたのですが、新サービスに移行してからは使いにくくなってしまい、仕方なく別のところのものに引っ越しした次第です。
ちなみに、私がリストを貼りつけているのは、他の方のブログを紹介するため…という優しい気持ちから…ではまったくなく、単に自分がよく覗きにいかせて貰うところのアドレスメモとして便利だからです。(^^;

更新されたブログは上の方にあがってきて、24時間はNEWマークが点滅。
なんか「ベストテン」のランキングみたい。(って、古い。。。)

で、全然更新しない人もいるなあ、って思って、下の方のリンクをクリックすると、ちゃんと更新されていたりもして、変だなあ??? って……つい最近まで思っていました。
で、これ、Pingサーバってところに更新情報を通知する設定にしとかないと、更新通知出来ないってこと、最近知りました。

ライブドアとヤフーのブログは、Ping対応してないのかな。
だって、ひとつも上にあがってこないから……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.14

デジカメを買いました。(つづき)

でも、どうにも気になるので、別の充電器で充電した単三のニッケル水素電池をサンヨーのカメラに入れ、再度テストをしたところ……。
なんとまあ、私をあざ笑うかのようにバッテリーは全然なくならなず、連続フラッシュ撮影でも何十枚でも撮れてしまう始末。うーむ、となると、やっぱり充電ミス?

ということは? ん?? もしかして???
営業第一の某ヨドバシ店員にいっぱい食わさちまったってことかいな?????

でも、まあいいや。
必要なときに撮れずに他人のデジカメで撮ってもらい、あとでわざわざ写真データをメールで送って貰うってことがここのところ何回もあったし……。
私の母親が70歳超えてからパソコン習いに行ってて、デジカメ欲しがってたから古いのをあげちゃえばいいわけだし……。

しかし、なんだかなあ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.13

デジカメを買いました。

camera060112
3~4年使っていたのかな、サンヨーのやつ(下)なんですけど、フル充電した電池を入れても数枚撮るとバッテリーアウトになってしまうようになりました。
で、某ヨドバシに持って行って店員に症状を伝えて相談してみたところ……。
「そりゃバッテリーの充電不良ですよ、ほら、こっちの一眼レフに入ってるの、充電したばかりですから、これ使って撮ってみます。ほら、撮れるでしょ?」
ところが、数枚撮ったら呆気なくバッテリーアウト。(^o^)
理由はわからないけど、異常放電しちゃってるみたいです。

で、今度のはリコーのやつ(上)。なぜだかまたしても地味なメーカーです。(^^;
あんまりグリップよくないんだけど、小さいボディなのにレンズだけで7倍を超えるズームってとこで決めてしまいました。
ポイント全部使ったら、支払いが2万円ちょっとで済みました。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.10

やっと3学期です。

うーむ、日々なんとなく続けていたら、すっかり若い方の親への愚痴モードに突入してしまってました。(^o^)
なんていうのかなあ、とりあえず私は私なりに10年以上も突っ走って来たんだから、全部じゃなくていいから少しは誰かぼちぼち交代してよ、っていう部分があるわけで……。
でも、若い方の親はとにかく誰も何にもやってくれないわけで……。

もっとも、先輩にあたる方々から見れば、私程度の奴なんかも愚痴りたくなる対象なのでしょうけど。(^^;

なんかオチがあるだろうと思って読んでくださっていた方、スミマセン。今回もまたしてもオチ、ないです。(^o^)

ま、若い方の方々が何もしてくれなくても、私はその肩代わりする気はない、ってことで。自分のことは自分でしましょう、ってことで。私は私、マイペースでやります。今以上に体こわしたくないし……。

明日から(いや、もう今日だ)やっと学校が始まってくれます。実はつくしんぼも今日(いや、もう昨日だ)まで休みでした。その代わり、年末はぎりぎりまでやってました。
このたっぷり休みの間、ぼくうみの脚本を営業に持って行けるレベルまで改稿しようと思ってたのですけれど、うーん、全然ダメだった。すっかり脳みそが錆ついてます。(; ;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.01.08

情報をラクラク入手

障害児の親が何もしなくなった理由のひとつに、インターネットの普及があるんだろうなって思っています。
なんせ、何もしなくても、家で検索するだけで情報が手に入ってしまうのですから。

私が自閉症児の親になった頃、まだたかだか十数年前のことですけど、とにかく動き回らないと情報などどこからも入って来ませんでした。

情報が欲しくて、30万近くもするパソコン買って、パソコン通信の「障害児教育フォーラム」に接続したいのに、これがどうしても繋がらない。なんとかやっと入会するまで、1ヶ月以上かかったっけ……。
今はパソコン買って来て線だけ繋げばネットにも繋がる上に、情報は氾濫状態。初心者でも苦労なく他人の情報入手出来る。もっとも、かなり取捨選択が必要な情報ばかりですけれど……。

あちこちの掲示板では、自分の子が自閉症児とわかったばかりの親がインターネットで仕入れた程度の知識レベルで、就学相談のピアカウンセリングだけならともかく、自閉症の専門性についてまでアドバイスなどしてしまっている始末。
私だって、自分の知識に怪しいとこかなりあるので、確信的なことは言わないようにしてるのに……。
自分の子の自閉症のケースしか知らないのに、自閉症は100人いれば100通りとか、他人の言葉をそのまま自分の言葉のように言ってたりする。
その言葉は100人以上の自閉症に会ってる専門家の言うセリフでしょ……とかね、言いたいけど言わないようにしています。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.07

半分半分

自分の子のために始めたつもりのつくしんぼですが……。
これがまた自分の子のためにはちっともならず、他人の子のためにばかりやってるなあ、って思いながら続けていました。
で、結構頑張ってやっていたつもりなのに、当時参加していた親には「もっと私たちの子どものことをちゃんと考えて欲しい!!」とか当たり前のように注文を出されて……。
この人たちは自分じゃ何もしてないのに、要求ばかり。一体どういう神経してるんだろう? ってつくづく思ったもんです。

あ、今通って来ている親たちの中には、そういうトンデモ親はいませんので、私の精神状態はとっても安定しています。(^o^)v

で、他人のためにばっかやってると、自分がつぶれちゃうことに気づきました。

明石洋子さんが本の中で、こんな文章を書かれていました。
「半分は自分の子のために、半分はみんなのために……」
これだ!! って思いましたね。そうか、私も1~2割なんてケチなこと言ってないで半分ぐらいまでは自分の子のためにやっていいんだ、って……。

みんなが半分まで自分の子のためにやって、あと半分をみんなのためにって考えれば、いろんなことが前進するはずなんですけどね。

みんな、自分の子のためだけにしか動かないんだよなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

よってたかって被害者意識

私がつくしんぼを始めたときも、先輩方のおかげでいろんな福祉の恩恵を受けているのだから、ギブ&テイク、自分も何かしとかなければ、という思いが強くありました。
で、10年前には市内に1ヶ所もなかった「障害児の放課後活動の場」という施設を始めてみたのですけど……。

私みたいな考え方する親って、ほんといませんね。
特に最近の親は、ほんと“テイク”の方ばっかり。
義務と権利だと、“権利”の方ばっかり……。

だから、時々いて出会うと、思いきり嬉しくなってしまったりするのです。

あちこちの掲示板を見ていると、出てくるのは、やれ学校が悪いだとか、やれ行政が悪いだとか、愚痴ばっかり。
じゃあなんとかしようといろいろ活動しているのであれば、まだわかるんですけど、ひたすら文句を言うだけだったりする。。。
よってたかって被害者意識……。

特に行政が悪いってボヤくのは、そりゃ行政のせいじゃないんだな。
行政ってもんは要望を受けてはじめて動くもの。だから行政が悪いのは、そこに住む先輩たちが怠惰でなにもしてこなかった結果に過ぎない。
でもって、ボヤいてるアンタも同じ穴のムジナなんだよ……とかね、言いたいけど言わないようにしています。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.01.05

すごいな、と思う。

私自身、自閉症児障害児の父親としてそれなりに走ってきたつもりでいます。
けど、なんていうか、ちゃんときれいに舗装された道の上だけを走ってきたに過ぎないような気がします。
先輩の保護者の方々は、それこそ道なき道を切り開き、ぬかるみ道に砂利をひき、狭く細い道の上を進んできたに違いありません。

そんな道の上を、どうやって走ってきたんだろう。
私には、そんな道、とても走れそうもない。。。

施設も制度も学校も、先輩にあたる障害児の親たちが、ひとつひとつ手作りでつくってきてくれたもの。。。
私たちは、それに甘えさせて貰ってきただけ。。。

今は右下がり気味ですが、それでも「福祉の町田」と呼ばれる土地柄をつくってきた先輩の方々、すごいなって、ふと思ってしまうのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.04

どうやって走ってきたんだろう。

私とほぼ同世代の年齢で、自閉症というハンディをもっている方の親子を、市内で何人も知っています。ダウン症に限らず、自閉症も老けるのが意外と早く、私と同年代なのに、60歳近くに見える方もいます。
多くは、障害者青年学級のスタッフをやっていたことが縁で知り合った方たちです。
で、そういう方の母親というのは、私の母親とほぼ同じ年齢。70歳過ぎであり。。。

先輩にあたるお母さん方からは、いろんな話を聞かせて貰いました。
雑談のような愚痴のような、結構笑いながら話してくれました。

養護学校がなかった時代の話、小中学校に障害学級がなかった時代の話、自閉症という概念がなかった時代の話、「障害児者など穀潰し」と言われた時代の話、就学猶予・就学免除の話、幼児療育施設がなかった時代の話、障害児の親の回がなかった時代の話、障害者の働く施設がなかった時代の話 etc.etc.....

どれもこれも、そんな大昔の話ではありません。私が子どもの頃の話であり。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

四捨五入で50代。。。

二日、三日はテレビでひたすら箱根駅伝。これが私の正月の定番です。今も箱根の山くだりを同じパソコンのディスプレイ内で見ながらこれ書いてます。(^^;

最近、よく深呼吸をします。去年から高血圧気味になって、毎日血圧測るときに深呼吸すると血圧が下がるので、それが癖みたいになってしまっています。
深呼吸すると、お医者サンや整体の先生も言ってくれるのですけど、フーッと気持ちが穏やかに落ち着くのです。

長男は15歳。生まれてから……というより、自閉がわかって以来だから13年ぐらい、障害児の父親を駆け抜けるようにやってきました。
立ち止まっていると、どんどん気持ちが沈んでいってしまう性格だからです。自転車みたいなもんで、漕いでいないと倒れてしまいそうな気分になってしまう。
逆境をパワーにして楽しむ自虐的な変な癖が、若い頃からあった私です。

でも、今、なんていうか、無性に立ち止まって深呼吸してみたい気分になっています。
ひたすらジタバタ足掻いても、実はそんなに変わらない。
動いていたから、犬も歩けば棒にあたるって感じで、これまでいろんな出会いに恵まれてきたことは知ってます。
だけど、動くときに動けばいい。でないと疲れるばかり。ずっとジタバタしている必要なんてない……。

うーむ、やっぱり年食ってしまったってことなんだろうか。。。(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.01.01

一月元旦

……と書くのは、元旦には一月の意味も入っているので間違いなんだそうな。
でも、元旦の前に一月をつけた方がなんとなく見栄えがする。(^o^)

んなことはどうでもいい。
去年、母方の婆ちゃんが死んで、喪中なので、なんにもしない元旦です。
忙しくって喪中の葉書も出さなかったので、年賀状がきてます。(^^;
少し経ってから寒中見舞い出しますので。 m(__)m > 年賀状くださった方々
しかし、初詣に行っておみくじを引けないのが淋しいです。

で、朝から請け負いHPの更新仕事をこなして。。。
なんとなくこのブログをカテゴリ分け作業をしてたら、だんだん意地になってきて、いつしかこんな時間になってしまいました。
つくづく意味ないことしてるなあ。> じぶん

ずっとPCの前にいます。万歩計が朝からたった1325歩です。(; ;)

一年の計は元旦にあらず。。。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »