« お別れの言葉 | トップページ | ひこうき雲 »

2006.04.05

映画をつくります

まだまだ精神的にも落ち着いたとは言えない状態なのですが……。
「ぼくはうみがみたくなりました」を映画にすることだけは決めました。
自主制作映画になると思います。
2月半ばから発表のためのホームページづくりをコツコツと続けてきており、自閉症関係、障害児者関係のいろいろな方々に相談をしてきていました。
そのホームページを正式公開させて頂きます。こちらです。
http://homepage2.nifty.com/bokuumi/

正直なとこ、今までの気持ちは「出来れば映画にしてみたい」のレベルでした。
でも長男の死から一週間、私の気持ちが「映画にしなければならない」に変化してきているのを感じています。

私は、根っからの脚本家みたいです。
だけど、長男が障害児だったとわかってから、脚本家業界をやめました。
施設を立ち上げ、福祉の業界へ入ってきました。
そのことに後悔はまったくありません。
それどころか、この道を選ばせてくれた長男に感謝しています。
でもやっぱり、脚本家根性はくすぶっているわけで……。

1日24時間、1年365日、長男中心に私と嫁さんの時間は動いていました。
でも、これからは否応なくそれが変わることになります。
「お父さん、ぼくのために15年、いろいろしてくれてありがとう。だけど、もうぼくはだいじょうぶだから。お父さんはお父さんのやりたいことをやってね」
長男が、そう言ってくれているような気がします。

みなさんにお願いです。
“ぼくうみ映画化のためのホームページ”の存在をどんどん営業して欲しいのです。
HPに、掲示板に、ブログに、ネット上でどんどん広めてって欲しいのです。
裾野が広がれば、一万円をカンパしてくださる方も増えると思うのです。
お金さえ集まれば、映画はつくれます。制作のノウハウはなんとでもなります。
なにより、脚本には自信があります。
…って、これから本格的に書くんですけど。(^^;

|

« お別れの言葉 | トップページ | ひこうき雲 »

コメント

「ぼくは うみが みたくなりました」
映画化 応援しています。

とりあえず わたしの ホームページの
「おしらせ掲示板」
http://bbs1.nazca.co.jp/11/mienekp4/

と Blog「日々の断片」

http://blog.drecom.jp/mikeneko34/

に 書かせていただきました。

拙い文章で すみません。

自分のホームページへのリンクと 
文章をまとめて 「あしあと日記」の方にも 書かせていただきたいと思っています。

本当に 応援しています。
用件のみで 失礼しました。

投稿: みいねこ。 | 2006.04.05 08:34

ここに来ては何もコメントを残せなくて、すごすごと引き上げていました。

協力させていただきたいと思います。

投稿: ラム | 2006.04.05 09:43

はじめまして。pimamaと申します。うちのサイトでも紹介させてもらいました。
「えっ?自閉症? ああ、『ぼくうみ』な人なのね。」って、映画 つくりましょ。
応援します。

投稿: ぴいママ(pimama) | 2006.04.05 10:37

弱小ブログの ちっさな記事ですが
載せさせていただきました。

映画作り 応援しています。

投稿: snow | 2006.04.05 12:57

ブログからリンクをさせていただきますね。

投稿: オニオン | 2006.04.05 14:08

かきこみするのは、初めてです。
あたしのブログから映画化の件を載せさせて
いただきますね。
応援しています!

投稿: かあこ | 2006.04.05 17:13

「ぼくはうみがみたくなりました」の1ファンで自閉っ子ママです。
微力ながら、自分のできることは何か、知恵を絞って、伝えられる限り伝えてみます。
ブログは運営していないのですが、地域で息子の通信を発行しているので、そこで紹介させていただきます。
あと、いろいろな親の会やら研究会に顔出す機会があるので、口コミ営業しますね。
映画化、応援します!

それと、あの「虹の夢」は、息子さんと、レインボーおやじさんの強い絆で結ばれためぐりあいを象徴したもののように思われてなりません。
映画の完成が、みんなで、空に輝く美しい虹を見上げる日となり、自閉っ子の存在とその魅力を世に伝える日になりますように・・・。

投稿: ぴろっぴー | 2006.04.05 19:13

拙い文章ですが
「あしあと日記」にも 書かせていただきました。

http://www.himekuri.net/d80/mikeneko32/20064/5.html

投稿: みいねこ。 | 2006.04.05 19:48

はじめまして。
同じ町田市に住む自閉症児の父です。
こちらのブログはよく拝見させていただいておりました。

映画化の件、私のつたないブログでご紹介させて下さい。
映画作り是非現実化させましょう。

投稿: tom | 2006.04.05 19:53

こんばんは。
虹父様の熱い気持ち、ごまかさない本当の気持ちが伝わってきました。
当方のブログでも宣伝させていただきます。
当地域でも勇気を持って資格をとる覚悟の方が増えてきています。
映画できましたら、血眼で宣伝させていただきます(^.^)

投稿: Profit営業マン | 2006.04.05 21:16

はじめまして・・・
お友達の日記の内容に書いてあり、飛んできました。

我が家の王子様も多動性障害と軽度の自閉症です
悲しみはどれほど深いものだっただろぅ・・・と。創造を絶するものだろぅと思います。
でも、きっと今も天国で大好きなお散歩しているんでしょうね

映画・・・頑張ってくださぃ。。。
★くるま★も微力ですがHPのほうなどで、ご協力させていただきます

投稿: ★くるま★ | 2006.04.05 22:24

いよいよ映画化なんですね。
私も応援しています。日記、HP等で宣伝させて頂きます。
絶対!実現させましょう。

投稿: り@goldenchild | 2006.04.05 22:29

はじめまして。
15才 知的障害児の母です。

>「ぼくはうみがみたくなりました」を映画にすることだけは決めました。

・・・決めてしまったのなら、準備を進めていくしかないですよね。
微力ですが、ぜひ協力させて下さい。

投稿: mamako | 2006.04.05 23:51

こんばんは。(以前U山先生の講演会で事務スタッフとして声をかけた者ですが)憶えていらっしゃるでしょうか?

私も微力ながら(HP内のブログ)に宣伝させてください。(トラバも出来るかこれから試してみますが)

私のHPも日本自閉症協会東京支部会員の個人サイトの紹介ページ(リンクページ)に入っていますから、虹父さんのサイトをマイブログにリンクしてもいいですよね?

出来る所からコツコツやりましょう!

投稿: kisaragi | 2006.04.06 00:40

了解しました。
教会で声を上げさせていただきます。
今行っている教会のみになるか?
それ以上に増やすことが可能になるか?
真剣に、お祈ります。
皆さんに理解していただくには、時間がかかるかもしれません。許してください。

投稿: ぴーまん | 2006.04.06 00:51

TBさせていただきました。m(_ _)m

記事にも書きましたけど・・・
ほんとは休養をオススメしたいのですが・・
TBの輪が広がることを祈念いたします。

投稿: Prowler7010 | 2006.04.06 05:43

はじめまして
自閉息子(19才)を持つ母です
息子さんのこと
悲しすぎて言葉もございません
心よりご冥福をお祈りいたします

掲示板で
このHPを紹介させていただきました
映画化の実現を願っております

ご両親さま
くれぐれもご自愛下さいますよう...

投稿: チョッパー | 2006.04.06 09:27

はじめまして。自閉症児の母です。
ブログを拝見し、胸がいっぱいでうまく言葉にならないのですが、
私も心から応援させてください。
つたないブログですが、紹介させていただきました。
またサークルとかでもお知らせしたいきたいと思っています。
映画化実現祈っています!!

投稿: saori | 2006.04.06 13:02

昨日、早速記事をUPしてご紹介しています。
当ブログ内に、「ぼくうみ映画化」 カテゴリーを作っています。
なので、どんどん情報UPしてくださいね。
ブログの方も、ブックマークに入れています。
カンパ、地元の親の会でもお願いしてきます。
琉が今日学校の養護学級でもお話ししてきますよっ(*^_^*)

投稿: メラニー | 2006.04.06 13:36

のった!けどゆっくりいこう!ひこうき雲にのって・・・・

投稿: 藤田学 | 2006.04.06 14:20

ささやかながらもブログをやっています。

こちらでも紹介させてくださいね。

夢を実現させてください。

投稿: はは亀 | 2006.04.06 15:07

私のページのリンクページ
http://www.geocities.jp/pcs06083/links.htm
ココログ(ブログ)
http://bunten.cocolog-nifty.com/bunten/2006/04/post_b2e9.html
にて紹介させていただきました。

カンパも一口送らせていただきました。

投稿: BUNTEN | 2006.04.06 21:36

映画化、絶対実現しましょう!
微力ですが、あちこちに声かけて、応援の輪を広げさせていただきます!!

淳一くんは、リックドムでいかがでしょうか?もちろん出演料なしでOKですからっ(^^)

投稿: JAM | 2006.04.06 22:23

微力ながらHPに紹介させて頂きました。
多くの力が集まりますように。

投稿: さえパパ | 2006.04.07 00:05

ご挨拶が遅くなりましたが、私のブログで紹介記事を書かせていただきました。
また、その記事をTBさせていただきました。

カンパも送りたいのですが、銀行や郵便局に足を運べる時間がなかなかないので、ちょっと先になりそうです。ごめんなさい。

とりいそぎ、ご報告まで。

投稿: のあのあ | 2006.04.07 23:50

 山下さん、今回のことでは直接まだ、言葉をかわしておりませんでした。直前の土曜日にお会いして、養護のおやじの会の話をしたばかりですから、何もかもがうそのようでした。大輝君のこと、心よりお悔やみ申し上げます。遠くからしか拝見してこなかった大輝君のことですが、お通夜の会場で流れた映像から、大輝君の周りにいつも密度の濃い時間が流れていたことを改めて実感することができました。映画の宣伝を私のホームページでもさせていただくことにいたしました。慎んでご報告させていただきます。

投稿: 柴田保之 | 2006.04.08 11:14

TBがうまくいかなかったのでコメントさせていただきます。本当になんと言っていいのかわからないほどにショックを受けておりました。心よりご冥福をお祈りいたします。映画化の件、拙ブログにて紹介させて頂きました。

投稿: じょりじょり | 2006.04.10 02:20

はじめまして。
特別支援教育のメーリングリストで紹介され、今はじめてここを訪れました。
私のブログでも是非、紹介させてください。
私は舞台ですが、ちょっとだけ芝居をやっていました。
映画化、実現しますように。微力ながら応援しています。

投稿: 07 | 2006.04.10 10:20

レインボーおやじ さま

遅ればせながら、私のブログで
映画製作のことを書きました。

少しでも、お役に立てることがありましたら
うれしいです。

私は、横浜在住ですので
何か、人手のいるときは、お声をかけてください!

投稿: TOMOはは | 2006.04.13 03:17

いまから5年前、私の息子が自閉症と
診断されたとき、どうやって息子を育てたらいいのか、迷っているときに
レインボーおやじさんから
コメントをいただいたのです。
それ以来、私は渡米し、アメリカに
すんで、昨年からBlogを書き始め
あるお母様が私のblogに遊びに来てくれて
それがきっかけで大輝くんのことを
知りました。心からご冥福をお祈りいたします。大輝くん、きっとうちにもお散歩に
たちよってくれるかな。

私のBlogはたいしたことはございませんが
ぜひぼくうみのご紹介をさせてください。

投稿: えっくんママ | 2006.04.15 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/9438239

この記事へのトラックバック一覧です: 映画をつくります:

» 日本でも自閉症をテーマにした映画を! [お母さんは自閉症]
みなさま「ぼくはうみがみたくなりました」という小説をご存じでしょうか。その小説は元々映画化を視野に入れて書かれたそうなのですが、ついに映画化に向けて本格的に動き出したそうです。「ぼくはうみがみたくなり...... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 09:09

» 映画をつくるそうです [世の中は不思議なことだらけ]
もう10年来になるでしょうか。ネットでしか付き合いのない方なのですが、ハンドル名 [続きを読む]

受信: 2006.04.05 10:31

» 「ぼくうみ」を映画化しよう!! [こうくんを守れ!!!]
先日「こうくんを守れ!」でもご紹介した山下久仁明さんが自著「ぼくはうみがみたくなりました」の映画を自主製作されるそうです。 この作品を読みながら、映像が浮かんできた方は多いはず。 「もともと映像化を意識して」書かれたと聞き、納得。 http://homepage2.nifty.co..... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 16:32

» 映画化を目指されます [思いのままに]
「ぼくはうみがみたくなりました」という本をご存知でしょうか。作者は私と同じ市に住んでおられる自閉症児のお父さんです。 実は、先日こちらの自閉症のご長男が事故で亡くなられました。面識は無かったのですが、こちらのブログ「自閉症の小説!?」をよく拝見させていただいており、また我が子との共通点もあったりで、あまりのショックに言葉を失いました。今まで自閉っ子であっても、明るい未来が必ず待っているはずだと信じて日々過ごしていましたが、現実にこういった事故を目の当たりにすると、言葉には出来ない思いが込み上がってき... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 20:24

» 今日は宣伝させてね。 [はなみずき保育園]
私は皆さんがご存知のとおり保育士ですが、心身障害児通園施設に勤務したことをきっか [続きを読む]

受信: 2006.04.05 23:19

» 自閉症の映画をつくろう! [おやじの戯言]
かねてからお薦めしておりました自閉症の青年が主人公のロードストーリー「ぼくはうみ [続きを読む]

受信: 2006.04.06 01:55

» ◎自閉症:「ぼくはうみがみたくなりました」の映画化 [Prowler7010は、大阪の『普通のおっさん』ですっ!]
「ぼくはうみがみたくなりました」が映画化 [続きを読む]

受信: 2006.04.06 05:39

» ぼくはうみがみたくなりました [ポリスとの日記]
3年以上も前にこの小説に出会った。ポリスが幼稚園年少の時に、初めて地域の親の会の役員というものを引き受けて、ワープロを購入した。先輩のお母さんに手取り足取り教えて貰って、翌年には県支部の役員。その次の年からは学校の役員も受けるようになり、た...... [続きを読む]

受信: 2006.04.06 09:09

» 自閉症の映画制作に協力してくれませんか? [ママにはないしょ!はじめの一歩]
自閉症の映画制作に協力してくれませんかこちらの本を知っていますか?3年前に福祉専門の出版社であるぶどう社さんから刊行された本です。著者の山下さんが映画つくりに向けてがんばっておられます。自閉症を描く映画『ぼくはうみがみたくなりました』制作準備実行委員会...... [続きを読む]

受信: 2006.04.06 23:19

» ★脱線★『ぼくうみ』を応援するのだぁ〜 [勝手におじゃまします♪ ]
『ぼくはうみがみたくなりました』っていう本、知ってる?シナリオライターの山下久仁明さんが書いた、自閉症の少年を主人公にした心温まる小説だよ。山下さんの自閉症だった長男が交通事故で雲の上の人になったのをきっかけに、映画化の決心をしたんだって。でもね、マイ...... [続きを読む]

受信: 2006.04.07 13:30

» [お知らせ]ぼくはうみがみたくなりました [気まま日記]
作家であるレインボーおやじさんがお書きになった本。 ご自身の息子さんは自閉症。 去る3月28日の夕方、大好きだった散歩の途中、 JRの線路に入ってしまい電車に轢かれて 亡くなりました。 純と同じ15歳でした。 「ぼくはうみがみたくなりました」を映画化することを目標に 影ながら応援していきたいと思っています。 [http://homepage2.nifty.com/bokuumi/:title=「ぼくはうみがみたくなりました」制作準備実行委員会] ISBN:4892401587:... [続きを読む]

受信: 2006.04.08 09:49

» 知らない知人の訃報 [ぺんぎんの濁流]
パソコンの向こうに居る見知らぬ人。私が勝手に知ってる人。旧知のように、応援していた人。そんな人の訃報が届く。この時代でなければ、個人が情報を容易に流せる時代でなければ、決して知ることのなかったはずの。これまでにも、幾度も口惜しい思いをしてきたが。ニフテ...... [続きを読む]

受信: 2006.04.09 00:08

» 「ぼくはうみがみたくなりました」の映画化 [東風blog (tongpoo blog)]
ホセです。 コミンゴさんからのご紹介で記事にさせていただきます。「町田おやじの会 [続きを読む]

受信: 2006.04.09 11:30

» 「ぼくは うみがみたくなりました」 [Little Tree]
これは、山下 久仁明さんのお書きになった自閉症の少年が 主人公の小説のタイトルです。 山下さんは、自閉症の大輝くんを育てながら レインボーおやじさんとして皆さんから慕われていらして しょうがい児のための放課後活動の場「フリースペースつくしんぼ」の 代表として町田市で、活動をしていらっしゃいました。 わたしは、HPでしか存じ上げませんでしたが お父さんとして、一生懸命やっていらっしゃることに感動して 比... [続きを読む]

受信: 2006.04.13 03:18

» 「山下さんという人」 [ひまつぶしのお話]
がいます。 山下さんは、フリースペースつくしんぼという施設の施設長さんで、知的障がいを持つ子たちの放課後活動、学童のようなことをしています。 顔を合せる機会はあっても、直接お話したことはそんなにありません。 とてもくせのある方で、僕は嫌いじゃないで...... [続きを読む]

受信: 2006.04.14 00:27

» 「ぼくはうみがみたくなりました」の映画化を応援しよう! [風は東楡の木通りから]
{/book/}「ぼくはうみがみたくなりました」(山下久仁明著、ぶどう社発行)という本がある。 この本は自閉症の青年が主人公の小説だ。この本の著者山下さんは実際に自閉症のお子さんの親御さんでもある。町田おやじの会のメンバーとともに障碍児の放課後活動の場「フリースペースつくしんぼ」を立ち上げた、その代表である。また、日本シナリオ作家協会会員でもある。 話の内容はこうだ。 看護学校の学生あすみはある日知り合った青年を「海を見�... [続きを読む]

受信: 2006.04.28 18:36

» 「ぼくはうみがみたくなりました」映画化に向けて [「境界に生きた心子」]
   きのうまでに紹介した自閉症の小説「ぼくはうみがみたくなりました」ですが、 (http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/33117065.html  http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/33240915.html )  元脚本家の作者・レインボーおやじさん(本名・山下久仁明さん)が、この「ぼくうみ」の映画化に向けて動きだしています。  息子の大輝くんが亡くなって(http://blogs.yahoo.co.jp/g..... [続きを読む]

受信: 2006.05.04 16:40

« お別れの言葉 | トップページ | ひこうき雲 »