« スミマセン | トップページ | 本当の四十九日 »

2006.05.14

心療内科で教えてもらったこと

体調不良、なんとか回復したみたいです。
突然震えが走ったので、いつもの発作かなと思ったのですが、そのままどうにもならず、熱を計ったら40度近く。その後、首と耳下のリンパ腺が腫れだし、さらには頭全体の表皮全体が激しく痛みだし、ぶっ倒れてまる二日……。
医者に行って調べてみましたが、インフルエンザでもなく、結局のとこ原因不明。
こうなるともう疲労のせいにするしかないみたいです。

ちなみにいつもの発作とは……。
長男が死んで以来、悲しみに猛烈に襲われる感じで突然手足が震え出して、呼吸がしんどくなるのです。
そういうときは、我慢しないで泣いて、それから深呼吸を繰り返しながら脱力すると、なんとか復帰するのです。

だいぶよくなった時点で、懇意にしている心療内科のじいちゃん先生のところに遊びに行って、長男のことを報告してきました。
一応診察というかたちになるんですけど、私の場合は世間話をしてくるだけ……。(^^;

精神衛生関係の専門機関で調べたデータの話を聞かせて貰いました。
「子どもを事故や災害等で突然失った場合の、親が普通の生活に戻れるまでの期間」というデータがちゃんと出されているのだそうです。
で、個人差がかなりあるけど、平均で……2年なんだそうです。

2年も……。
ウチは、あと2日で四十九日……。

ふぅ。。。

|

« スミマセン | トップページ | 本当の四十九日 »

コメント

大変だったようですね。
どうぞお大事に。
私の身内にも先日逆縁で息子をなくした者がおります。
2年ですか。。。
長いですね。
いや、短いというべきでしょうか。
どうぞご自愛ください。
ご自分を追い込むような仕事のやり方は、
なさいませんように。

投稿: ガラシャ | 2006.05.14 13:43

初めまして!ちょっと状況は違いますが、3年半前に第2子(女児)を出産後、(先天異常で)丸1日の命で天使になった悲しい経験がありますが、もはや悲しみは風化したかのように思ってはいたものの、むしろ最近になってとてもいたたまれない気持ちにさいなまれることもあります。普段は自閉症の長男に振り回され長女のことをおもう余裕もないのですが、やはりそれぞれへの想いは健在なんですよね…(苦笑)

投稿: noripon | 2006.05.14 14:11

苦しいときは人に頼りましょう。
なにかできることがあれば駆けつけます。
黙って酒呑むのでも良いですよ。
ね。

投稿: rrr | 2006.05.14 22:03

私は自閉症児の母で、セラピストになるための勉強をしている者なのですが、
フラワーエッセンス(アロマとは違います)の中に、Foget-me-not(忘れな草)のフラワーエッセンスがあり、

これは、愛しい人を亡くして悲しみの淵にいる人が、現世を超越した、魂のレベルでの繋がりを持てることを可能にし、孤独感を癒してくれる、そういうエッセンスなのです。

私はこのエッセンスの創立者リチャード・キャッツ氏より、来日セミナーで、重い障害を持って生まれた子を育てている私に直接薦められました。

副作用は全くありませんし、日本でも徐々に知られるようになったフラワーエッセンスは、世界中で8000種類も作られています。

公式サイトをご紹介します。もし、カウンセリングも必要でしたら、是非問い合わせて見てください。http://www.afeej.org/

私もフラワーエッセンスについて学びましたので、その素晴らしさは多くの方が体験済みです。とりわけ、女性に幅広く受け入れられています。エネルギーに繊細だからですね。

愛する者の魂が今でもご家族と繋がっていると私は思います。

笑顔が素晴らしい息子さんですね。(写真拝見しました)

投稿: grace-garden | 2006.05.17 00:03

こんばんは、初めまして。
友人のHPのバナーからこちらに来ました。

こちらに来たのが四十九日であったこと(16日の夜中から読んでました)、同じ町田にお住まいであったこと、名前だけですが、フリースペースつくしんぼを知っていたこと、


なにか、意味があることなのかな、と思い、

ここに足跡を残させていただきました。


心から大輝さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ゆう | 2006.05.17 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/10060955

この記事へのトラックバック一覧です: 心療内科で教えてもらったこと:

« スミマセン | トップページ | 本当の四十九日 »