« 昨日は忙しかった・・・ | トップページ | ありがとうございます。 »

2006.07.09

7/13(木) NHKで放送予定

ぼくうみ映画制作に向けての私の思い、みたいなものを取材して頂き、NHKで放送して貰えることになりました。
放送は7/13(木)の予定。午後9時台のニュース枠「ニュースウォッチ9」内で、10分ほどの特集コーナーみたいです。
タイトルは『自閉症の息子と過ごした15年・映画に込めた父の思い』とのこと。
ただし予定は未定。大きなニュースが飛び込んでくれば、いや小さなニュースでも優先されるものであれば、特集は即先送りにされてしまうみたいです。(^^;

ちなみに、担当の記者サンも自閉症時のお父チャンだったりしてます。
私の思い以上に、彼の思いの方が強かったりしてます。(^o^)
どんな感じに編集されてるのかなあ。私はいつも撮る側で、撮られる側ってとっても苦手だしなあ。ちょっとハラハラドキドキもんです。(^^;

|

« 昨日は忙しかった・・・ | トップページ | ありがとうございます。 »

コメント

予定が変更されませんように☆
多くの人が見やすい時間帯の放送ですね!
楽しみにしています。
わが家は息子を寝かしつける時間なので
(1人で寝られません(~_~;))、
録画しておきまーす。

投稿: ぴろっぴー | 2006.07.09 20:28

無事に放送される事を祈っています!
少しずつでも前に進んでいけると良いですね!

投稿: 工房や | 2006.07.09 20:33

はじめまして。(もしかして、もしかして、もしかしたら10数年前にパソコン通信でお世話になっているかもしれませんが…)
微力ながら、私のブログ(http://d.hatena.ne.jp/fivefogs/)にバナーを貼らせていただきました。
カンパは次の給料が出たら、と考えています。

投稿: 五つの霞 | 2006.07.10 03:07

おっ!すごいじゃないですか!!!!!
絶対見ますっ!
ビデオ予約もしておきます!
うちはいまだにビデオしかないもんで・・トホホ・・・

投稿: アリス | 2006.07.10 10:28

 
 すごいですね。(^^)/
 僕も録画して見ます。
 反響があるといいですね。
 事後報告もまた伺いたいものです。
 映画の実現を祈っています。
 
 僕も、心の障害である境界性人格障害の理解を広めるため、拙著「境界に生きた心子」( http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/16276477.html )をコミックや映像化したいと思っていますが、
 レインボーおやじさんの活動が着実に進みはじめたことを羨ましく思います。
 僕も頑張らなければ。
 
 番組のことを、こちらのブログでも紹介させていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/37454634.html
 
 またよろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: イナモト | 2006.07.11 13:24

NHK「ニュースウォッチ9」拝見しました。
昼間、自閉症の兄と、その存在を知らずに育った弟との交流を描いた米国映画「レインマン』を見たばかりでした。
映画の完成を心から願ってやみません。
素晴らしい感動を有難うございました。

投稿: kk | 2006.07.13 21:43

番組見させて頂きました、恥ずかしながら自閉症について大した知識も持っておりませんでした。この番組で自閉症について付け焼刃程度ではありますが自閉症について知ることが出来、又その現状も知ることが出来ました。映画楽しみにしております、頑張って下さい。

投稿: 白 | 2006.07.13 21:45

先ほどテレビを見ました。
私は幼稚園で働いております。今自閉症の子を担当しています。

本当にまだまだ自閉症について世間はわからないようで、担当している子も親から見ると、乱暴な子としか思われていません。

色々な人に自閉症のことを知らせて欲しいと思っていますので是非映画を完成させてください。

頑張ってください。

投稿: アリエス | 2006.07.13 21:48

はじめまして、
ニュースみました!!
「自閉症」で録画予約していたので、情報は知りませんでしたが、PCが自動で動いていました。
 町田のすぐ隣の横浜に住んでいます。13才、中学1年自閉症男児の母です。HPを以前より拝見しておりました。カンパ箱、横浜の養護学校にも是非置いてください。何かお願い等のチラシがありますか?できることがありましたら声をかけてください。映画の完成を心より応援しております。

投稿: mako44moko | 2006.07.13 21:48

 
 今NHKニュースを見ました。
 レインボーおやじさんさんのお顔も初めて拝見しました。
 亡くなる11日前の大輝くんの映像もあったんですね。
 何度かこみ上げる涙をこらえながらインタビューに答える姿、心に響いてくるものがあります。
 レインボーおやじさんの気持ちが込められた映画作りが、本当に伝わってきました。
 大輝くんの言葉もセリフに加えるのですね。
 多くの人々が関心を持ってくれることを祈っています。
 
 NHKだから、営業につながるようなカンパのことは、言わないのではないかと思いましたが、HPも紹介してくれたんですね。
 素晴らしい。
 きっと反響があることでしょう。
 天国の大輝くんと一緒に映画が観られることを祈りしています。

投稿: イナモト | 2006.07.13 21:54

 こんばんは、「ニュース9」の特集見せていただきました。お子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 また、映画制作がんばってください。うちも、いま小2の男の子が自閉症でいます。地元の学校に通っていて、出来るだけ子供のこと自閉症の特長をわかってもれえるように日々がんばっています。ただ日々の生活の事将来のことを考えると不安になったり、見通しがたたない(まさに自閉症の心境!!)のですが、レインボーおやじさんが、がんばってシナリオにした映画はぜひ見せていただきたいとおもいます。それでは、また。

投稿: yasu | 2006.07.13 21:59

NHK、拝見しました。何事もなく放送されてよかったですね(^_^;)

私の弟も自閉症です。大輝くんと同じように、おさんぽ大好きな子。と言っても、彼はもう20代も後半ですが…。
こちらに書き込みをされている親御さんたちとは、必ずしも同じ気持ちになれないこともあるのですが(いわゆる“きょうだい児”の立場なので)、作品の映画化は応援したいと思います。
大変な毎日かとは思いますが、どうぞご自愛くださいませ。

また、お邪魔いたします。

投稿: あざらし | 2006.07.13 22:03

たった今NHK見ました。
何も知らなかったのですが、最後まで「特集」を待って、見ました。

私の知り合いの方にも自閉症のお子さんをお持ちの方、何人かいらっしゃいます。
とても辛い中で、今は前向きに生きていらっしゃる山下さんの姿に胸打たれました。

映画が作られたら是非見たいと思います!

カンパのあて先がわかりませんが、
教えて下さい。

投稿: あけのん | 2006.07.13 22:07

はじめまして。NHKの番組を見ました。
残念ながら途中からしか見れなかったのですが、言葉を詰まらせながらヒロキ君のことを語っているお父様にこちらも涙がホロリとなってしまいました。

何年か前に自閉症の子をテーマにしたドラマがありましたが、そのドラマを見て、それまで心の病気だと思っていましたが先天的な障害だと知りました。
でもドラマで取り上げられても、ニュースで取り上げられても、中々理解が進まないんだなと強く感じました。

私は今演技の勉強をしています。勉強をはじめてから、作品にこめられたテーマを強く意識するようになりました。
そんなときにニュースウォッチ9を見て映画の自主制作を知り、何かできないだろうかと思いました。
お給料が出たら是非カンパさせていただきます!
是非良い作品を作ってください。
応援しています。楽しみにしています!

投稿: マナ | 2006.07.13 22:11

見ましたよ!すごかったです!・・・?すごかったってゆーか感動しました(*^_^*)私も皆さんに自閉症の事をもっと知ってほしいです!映画完成したら絶対見ます。がんばって作ってくださいね!

投稿: ズズ | 2006.07.13 22:13

はじめまして。
もうすぐ4歳になる自閉症の男の子の母です。
テレビ、拝見しました。微力ではありますが私のブログでもご紹介させていただきます。
私も多くの人に自閉症について知ってもらいたいと思っています。
映画、是非完成させてくださいね。
大輝君のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿: みい | 2006.07.13 22:14

初めまして。
NHKの放送、拝見しました。
私の弟も自閉症です(35歳)。
30年以上いろんな思いをしてきて、
今は自分の子どもの幼稚園仲間の、自閉症の子がいるお母さんの話をきけるようになり…
でも、親の気持ちはわかりません。自閉症くんのお姉ちゃんの気持ちがわかるくらいです…。
そんなことを考えながら放送を拝見しました。
レインボーおやじさんの文章が純粋に楽しくて、ブログを今までもこれからも楽しみにしています。

投稿: はるか | 2006.07.13 22:17

番組を拝見いたしました。
私の同居の弟も自閉症で、授産施設に通っております。
大輝君の生前の姿と我が弟を重ね合わせて見ていました。
本人そして家族にとって大切な「自立」への矢先の事故。とても残念に思います。お悔やみ申し上げます。
当方は麻生区在住なので、お隣の町田の方でいらっしゃることを知り、カンパ等協力したいと思いました。
映画の完成を楽しみにしています。多くの方に見てもらいたいですね。

投稿: ひら | 2006.07.13 22:20

初めまして。
沖縄県に住んでおります。
現在、養護学校の小学部3年生になる自閉症児の母です。
新聞のテレビ欄で「自閉症」の文字を見て、時間を合わせて、拝見しました。
過去のブログを拝読して、涙がこぼれました。
天国に行った大輝くんは、自閉症という障害はもう背負っていないと思います。
輝く瞳で「お父さん頑張ってね」・・・とエールを送ってくれていると思います。

自閉症という障害を多くの方達に理解して貰うためにも是非、映画を完成させて下さいね。
私も微力ですけど、応援致します。

投稿: 大ちゃんママ | 2006.07.13 22:29

NHKニュースを見ました。
ひろきくんが天国で幸せな毎日を送っている事を心からお祈りします。
お父様とお母様の気持ちを考えると、涙が止まりませんでした。悲しいこの時期に踏み切った自主映画、心から応援します。
私は、自閉症の方にお会いした事はまだなく、知識もありませんが、映画の完成楽しみにしています。自閉症の知らない私のような者は少なくないと思うので、映画を通して、少しでも多くの方々に自閉症の事を教えてください。
素敵な映画を期待しています。友人に声をかけて、かんぱの方、協力したいです。本当に頑張ってください。

投稿: みほこ | 2006.07.13 22:34

見ましたよっ!見ましたっ!
大輝くんってパパさん似なんですねぇ。

なんつーか、痛いほどパパさんの気持ちが響いてきて・・・辛いけど、前に進むしかないですよねっ。
どう過ごしても日々は過ぎていきます。
「あの世」とやらがあるのか無いのかわからないけど、お互いに遠くにいっちゃった子に恥ずかしくない生き方をしましょうね。

寒波・・じゃなくて、¥カンパ¥もがんばりまっせ!!!

投稿: アリス | 2006.07.13 22:35

名古屋でのお話の様子も織り交ぜていただけました。
「ぼくうみ」は日常のエピソードから元気をもらえる映画になって欲しいです!
山下さんのお話も”ウン!ウン!ウン!”でした(^^)。
 NHKのこの時間帯で特集を組んだ父親記者さんの想いにも感謝です!

投稿: ryusan | 2006.07.13 22:57

番組拝見しました。

私にも自閉症の息子(養護学校小学部3年)がいます。もし、彼が目の前から突然いなくなったら・・・
毎日が本当に大変や~って思うことも多いんですが、ブログに書いていらっしゃるように普通の子育ての何倍も楽しい、うれしいがあることが最近やっと理解できつつあるという感じです。そんなことを考えながら山下さんご夫婦のお話をお聞きしていたのですが、心に突き刺さりました。
映画化するというのは大変なことも多いと思いますが微力ですが応援しています。(原作は読んでいる途中です)
制作費については只今少しずつですが貯金中です。(すみません・・)
映画ができたら是非見たいと思っています。

投稿: ゆうママ | 2006.07.13 23:18

はじめまして。

放送みました!まったく縁のないわたしが、たまたまテレビをつけ、いつもならチャンネルを変えてしまうのに…

自閉症…ちゃんと知りませんでした。でも今知りました!!
23さいのちっぽけな私ですが、ちゃんとつたわりました!

これからも色々な人が理解できるように、伝えていって下さい。

投稿: ちゃら | 2006.07.13 23:27

NHK拝見させていただきました!9時台での放送で、映画化へのさまざまな思いが全国に完璧な姿で発信できましたね。この一歩が大切ですし、自閉症児・者を持つ親御さん皆が待っていた瞬間だと思いました。

遅ればせながら、たった今サポータ処理完了しました。是非映画化を応援させてください!

投稿: Austin | 2006.07.13 23:30

初めまして、テレビ、拝見いたしました。
中学1年の自閉の男子の母です。
 毎日我が子の多動とパニックに振り回され
自閉症の診断を受けたショックから立ち直り、
・・今ではその我が子に癒してもらっている
自分がいます。その純粋さと嘘のつけない
真っ直ぐな生き方と優しさは私の人生の師匠
だなあと思っています。

宝物の大輝くんを亡くされたご両親の悲しみは
はかりしれない事と存じます・・心からご冥福をお祈り申し上げます。
映画の完成を楽しみにしています、お体を大切になさってください。

投稿: pikkanくじら | 2006.07.13 23:30

見ました 感動しました

人柄が表れていました

抑えた発言 悲しみを堪え

怒りを抑えた

映画 無理をしないで

“ぼちぼち” やりましょう

お体 ご自愛下さい

投稿: 和パパ | 2006.07.13 23:35

NHKニュース、拝見させていただきました。
同じ、自閉の子の親として、色々考えさせられました。
レインボーおやじさんを少しでも見習おう、と思い止まっていたブログも再開しました。
微力ですが、応援しています。

投稿: Tome | 2006.07.13 23:47

はじめまして。TV拝見させていただきました。6歳の次男が知的障害のある最重度の自閉症です。時々、ブログも読ませていただいてます。心が痛いです。大輝くんをご両親で
一生懸命育ててきて、ここからというところでなくされて、今とても辛いでしょうが、TVでご両親の思いがきけて、よかったです。自主映画、応援できるよう、録画したビデオとDVDを知り合いに見せて、協力してもらおうと思います。

投稿: ミキ | 2006.07.13 23:51

はじめまして。
NHKの放送、拝見いたしました。
数年前、ちえおくれの弟を大輝くんと同じように電車の事故でなくしました。
(本来なら「知的障害」など、もっと適切な言葉があるのでしょうが、私にとっては意味もよく分からないうちに覚えた、ひらがなの「ちえおくれ」が一番しっくり来るので、この言葉を使わせてください)
ウチの弟(直樹と言います)も、おさんぽが大好きでした。
いつも手をつないでおさんぽに行っていました。
子どものうちは、私が手を引いていたのですが、大きくなってずいぶん身長が逆転してしまい、ある日、手を引かれるようになりました。
ヒスを起こしてしまいそうな時も、おさんぽは有効でした。
なんてことはないことが原因で、私が親と大喧嘩をした時、直樹はずっと私の手を握ってくれていました。もっとも、なぜか私の膝にずっと座っていましたが。
私が落ち着いた頃を見計らって?「サンポ、行こ。」と言ってくれました。
直樹がなくなった後、写真の整理…というか、写真を見返していたら、とても自然な笑顔の写真がありまして、というのも直樹はカメラを向けられると、割と緊張してしまうようだったのですが、その写真はそりゃあもうとても自然な笑顔で、とても楽しそうだったのですが、よくよく見ると、まあ、よく見なくてもなのですが、ゴボウを股間にあて、「チンチン」と言っている時のものでした。

長くなってしまって申し訳ありません。
放送を見ていて、そんな思い出が物凄くたくさんよぎってしまったので…。

でも、そんな弟の訃報を受けたとき、一番最初に考えたのは両親のことでした。
もちろん、どうしたらいいかわからなくて、何のことか分からなくて、頭の中が真っ白になってしまい、仕事中だったのですが、とりあえずそれを伝えるために上司のところへ行こうとしたとき、何もないところで躓いてしまい、さらにふ抜けた顔でよろよろしてしまい、一瞬ちょっと笑われてしまったくらいクラクラしてしまったのですが、それでも、それより何より両親のことが気にかかりました。
 とりあえず、それはそれで、今の時点ではどうしようもないことなのだ、と思うしかないのだろうけれど、何かあるたびに「直樹より一日でも長生きしなくては」と口癖のように言っていた両親が、何か、どうしようもないことを気に病んでしまっているのではないか、ということでした。「あの時、トイレに行かなかったら」とか。

だから、うまく言えませんが、とにかく、映画の成功を祈っています。

長文失礼いたしました。

投稿: ゆ | 2006.07.14 00:04

オーストラリアからメールしています。
先日NHKニュース(いつも次の日に放映されます)の中で大輝君の事を拝見させていただきました。とてもステキなご家族で、とても胸が熱くなり涙がとまりませんでした。大輝君にいっぱいの元気をもらいました。ありがとうございました。映画の完成、楽しみにまってますね。
カンパ箱に入れる前に、まずはこちらにメッセージを書き込みました。

投稿: レイラニ | 2006.07.15 20:47

こちらへのコメントは初めてです。
ひそかに「ぼくはうみをみたくなりました」を応援していました。
本(作品)読みました。だから、よけいに応援したくって。。。
でも、なかなか周りの方に伝えてもピンとこない、自閉症児の親御さんにお話ししても、、、の状態が続きました。
山下さんの活動を知ったのは3ヶ月くらい前でしたが、協力が出来ない状態でいたこと、すごく悲しい気分でいたんです。

でも!
義母から聞いたとき、とっても嬉しかったです!
義父母は自閉症に理解を示してくれているようになったので、TVの放映を見て「あら!凄いじゃないの!」って思ったらしく。
なんか、今まで我家で培ってきた事を、一番知って欲しい両親が積極的に知ろうとしてくれていることが確認できて。。。そんないろんな事を含めてうれしかったです。
映画を観たいって言っていました。
ぜひ、私の地元(静岡市清水区)でも放映されますように!放映できない事がわかったら放映されるように、私が動きます。

投稿: muddy | 2006.07.17 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日は忙しかった・・・ | トップページ | ありがとうございます。 »