« 桜の苗木・・・つづき | トップページ | 昨日のつづき・・・ »

2006.09.08

営業日記 (1)

はじめて、映画制作費のための営業に出かけました。
片道2時間半かけて、嫁サンの友達の紹介してくれた某企業の会長サンという方に面会させて貰ってきました。

開口一番、「映画にする目的は何なの?」と聞かれました。
でもって私の場合、モゴモゴするばかりで答えられず……。
シドロモドロで自閉症のことを広く伝えたいみたいなことを説明すると、「そういうことはちゃんと説明出来なきゃ営業にならないよ」とアドバイス(というより説教かな)されてしまいました。(^^;

「映画はどうやって上映するの?」「何人ぐらいが観るの?」「ウチの会社のメリットは?」次から次へと質問。でもって私は、全然答えることが出来ず……。
「そもそも何千万もかけて映画にする意味って?」と問われて、これにも私は全然さっぱり答えることが出来ず……。
「1時間程度なら、自閉症に関してでもなんでもホームビデオで撮って、それをパソコンで編集して、バンバンDVDに焼いて配れば目的を果たせるし安く済むでしょ?」みたいな感じで、ある意味での正論をスパッと言われてしまい……。
一方、私の映画へのこだわり、どうしてもうまく説明することが出来ず……。(; ;)

それでも、自閉症関係の資料を渡したり、NHKでの番組の話などをしていくうちに、少しずつ何かを感じて貰えたようで……。

「これからの時代は、儲け主義ばかりで社会貢献に関心のない企業は淘汰されていくに決まっているので、そのあたりをところを押さえてきっちり説明していけば、どこの企業も結構金は余ってるんだから、不可能ってこともないのでは」とのこと……。

現時点ではお金は出せないと、遠回しに言われような気がしています。
けど、今後の営業に役立ちそうなノウハウ(?)をしっかり得ることも出来たので、無駄足じゃなかったと思ってます。

しかし、思いっきり疲れました。つくづく痛感してます。
「ぼくはおしゃべりにがてです……。」(; ;)

|

« 桜の苗木・・・つづき | トップページ | 昨日のつづき・・・ »

コメント

得意・不得意は、誰にもありますよ~

でも、そこから得られるものも
いろいろあると思いますし
まずは、できることを少しずつトライしていきましょうね!

企業を相手にするとなると…
それなりのやり方があるのでしょうけど

レインボーおやじさんの想いに
その辺のノウハウが加われば…きっと通じるように思います。

ウチの夫も、どちらかというと
ボクトツとしたタイプですけれど
営業のど真ん中で働いていますよ~

少しずつ、一歩ずつを合言葉にして!!

投稿: 風待人 | 2006.09.09 08:02

レインボーおやじさんこんにちは。

初めての営業とのこと、へこみながらも貴重なノウハウ得られて良かったですね(^_^)

私なんか営業ばっかりやってるので妙な悪知恵の塊っす、Pureなおやじさんを羨ましく思います。

投稿: Profit営業マン | 2006.09.09 11:46

>>風待人さん、Profit営業マンさん
営業って、一番手伝って貰いたい部分なんですけどねえ……。
たいていのことが結構自分で出来る自信あるんですけど、営業だけがとにかくダメダメで……。(; ;)

投稿: レインボーおやじ | 2006.09.11 16:15

はじめまして。

たぶんはじめてコメントになると思います。
わがままひめと申します。

映画製作、ぜひ実現して欲しいのでご提案です。
まず、営業にまわる前に、
・しっかりした企画書(企業提出用)

・想定される疑問・質問に対する答え
を、
きっちり文書化して臨んだほうが話が早いと思います。

思いをすべて口頭で伝えるのは無理なので、得意分野(文章)でできるだけのことを伝え、それを補う形で口頭で説得。

企画書がしっかりしていれば、提出しておいて社内でじっくり考えてもらうこともできますし、興味を持ってもらえるかもしれません。

また、企画書をたくさんコピーして、めぼしい企業さんに郵送する、『数打ちゃ当たるかも作戦』にも使えます。
営業に出向く…となると、そんなにたくさんまわれないと思いますし。

映画の内容だけでなく、こちらの会長さんのご質問のように目的や上映想定場所や巡回の方法や宣伝手段(こういう映画がありますとのお知らせ)などなど、たくさん考えなければならないことがあり、すべてを企画書に盛り込む必要があると思います。

学校や自治体などを巡回上映していきたいのか、ロードショーみたいに全国一斉に映画館で公開したいのか、誰に観てもらいたいのか、なぜ思いを伝えるのに映画の形が最善なのか…。

いちどきちんと整理したら、絶対に実現可能だと思います。

私も今、小さな闘いですが、学校や自治体に親の思いを正しく伝えられるように、いろいろ策を練っています。
どうやったら相手の心を動かせるか、行動に移してもらえるのか、模索中ですので、つい、こちらの記事に反応してしまいました。

長々生意気なことを書いてしまってすみませんが、これが私の熱い応援の気持ちです。
どうぞ、伝わりますように…。

投稿: わがままひめ | 2006.09.15 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の苗木・・・つづき | トップページ | 昨日のつづき・・・ »