« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

6ヶ月・・・

3月28日から半年です。
こんな幸せいつまで続くのかなあ、って感じていたあの頃が、どんどん昔になっていって、思い出がオブラートにかかったようになってきて、それが無性に悲しかったりします。

スーパーでコピー用紙を買い、レジで落としそうになったので慌てて変な格好をしたら、胸部をひねってしまい、今は両肋骨の上あたりの激痛と闘っています。
もちろん電車にぶつかったヒロキの痛みとは比較にはなりませんが……。

久しぶりに幸楽苑でラーメンを食べました。いつもは必ずヒロキと一緒だったので、もしかしたらあの店で一人で食べるのははじめてかも……。
290円の一番安いラーメンと180円のギョーザ。
ヒロキはいつも100円増しの大盛りだったけど、私は普通で充分…っていうか、太るから我慢。 (^-^)v
で、よく考えたら、胃潰瘍だったんだ。> 自分 (^^;

右の写真は、ヒロキと最後に幸楽苑へ行った時に携帯でなんとなく撮ったものです。
昔はなにかを待っているとすぐパニックになったものだけど、最近では待てるようになっていました。
もうすぐラーメンが食べられると思ってのニコニコ写真です。(^o^)
そのかわり、もっとお代わりが食べたくて「ラーメンもういっぱいおしまい!!」と言ってパニクることはしばしばでしたが。(^^;

ラーメンなんて、一人で食べるもんじゃないです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

胃カメラ

胃カメラを呑んできました。
私にも診断出来てしまいそうなぐらいにきっちりと胃潰瘍が映っていました。(; ;)
もう少し進行してたら、即入院だったかも……。

もともと胃腸系は強くはありません。
高校時代には、テストとバトミントン部の試合が重なって、十二指腸潰瘍になりました。
大学時代には、サークルでの8ミリ映画制作でのスタッフ統率だけで胃潰瘍になりました。
もの書き時代はずっと慢性胃炎に悩まされ続けていました。

それが、つくしんぼをはじめて以降は、胃腸はいたって健康でした。
障害児の子育てなんて、胃にくるストレスのレベルじゃなかったってことです。(^o^)

体の方は、結構なんとかなるんですけどね。
神経を休ませる時間をまったく与えて貰えない現状、胃の方は薬で誤魔化し続けることになるのかなあ……。
一番のストレスの原因は、なんといってもヒロキがいないっていう現実だから、これはもうどうしようもないし……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.25

ヒロキの誕生日の集合写真

R0011674
職員・友人・嫁サンと……。
次男とロッキーはとっとと帰ってしまいました。(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

誕生日。。。

Sn310371台風もどこかへ行ってしまい、朝からとってもいい天気です。
どうやらヒロキは、台風だけにはとっても強い奴のようです。(^o^)

16歳です。

判定が3歳9ヶ月レベルだったヒロキは、誕生日がなんなのか、理解してませんでした。プレゼントなんて欲しがるどころか、変なモン買って来ると「ポイッ!!」と言って捨てられてしまうので、最近は何にも買って来てませんでした。

今日もたぶん、ただのいつもの日曜日で……。
一人で勝手に散歩に行くか、あるいは南中プールで泳いで、それから幸楽苑で大盛りラーメンを390円で食べて、夜はケンタッキーをいつもより多めに食べてハイおしまいの誕生日。それだけの日曜日だったはず……。

桜の植樹は先送り。小彼岸桜を見つけて用意してくれた人がいるんですけど、やっぱり枯らしてしまいそうなので……。
苗植えは出来なかったけど、つくしんぼの職員たちは日曜にもかかわらず午後からつくしんぼに来るとのこと。誕生焼肉パーティーをやることになってます。
ヒロキはケンタッキーかチキチキボーンが専門で、焼肉は全然食べないんですけどね。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.23

等身大ヒロキ

R0011669
160センチぐらいしかないので、等身大よりちょっと小さいのですけど……。
A4版18枚に印刷して貼り合わせたヒロキです。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.20

ああ、助成金・・・

レンタルビデオで博士の愛した数式を観ました。
原作の小説より映画の方が視点が暖かいですね。。。
で、映画の内容とは全然関係ないんですけど、映画の冒頭に「芸術文化振興基金助成事業」とあったので、さっそくネット検索してみました。

へえ、文化庁以外の助成もあるんだ。。。
うわあ、1作品につき2000万円もの助成をしてくれるんだ。。。
……って感じで、ワクワクしながらってチェックしてったわけなんですけど。

2000万円の助成は製作費1億円レベルの作品に対してなのね。。。
1000万円の助成でも5000万レベルの作品に対してなのね。。。
しかも、先に自腹で払っておいて、運良かった場合だけ助成対象になるって感じで。。。

こんな敷居の高い助成制度、貧乏企画に使えるかーっ!! (; ;)

来週月曜日、メセナさんに助成認定制度利用の相談に行ってきます。
個別相談をやってくれてるって書いてあったので、予約してみた次第です。
寄付金控除が適用になれば、少しはあちこちの企業に話を聞いて貰えるかも……。

金のことばっかり考えてるから、胃が痛くなるわけで……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

スミマセン。。。

どうにもブログになにか書く気になれずにいます。
というのも、ここのところ連日、壮絶な胃痛と闘っております。
結局、胃カメラを呑むことになりました。(; ;)

9/24のヒロキの誕生日に桜の苗を植えようと思っていたのですが……。
結局、希望の苗木は見つかりませんでした。(; ;)
植樹に相応しい季節(年明けになるのかな)まで延期することにしました。m(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.11

読売新聞で・・・

読売新聞多摩板で、日曜の朝刊の記事にして頂きました。m(__)m
記事はこちら

---

以下、9/9のコメントへのまとめレスです。
(たくさんのコメント、ありがとうございました。m(__)m )

自分の子のために映画をつくることが悪いことだと言われたわけじゃないんです。映画づくりを否定されたわけでもありません。
つくるのはもちろん自由。ただ企業としてのメリットがないと資金協力は難しいと……。

私は、ヒロキのために映画をつくれば、内容だって「ぼくうみ」のわけだから、これはもうつくるだけで自閉症関係者のために役に立つ映画になると確信しています。これまで日本でつくられた自閉症関係のどの作品よりも……。
ただ、そのことを文章に書いて説明したり訴えたりするのは得意な方なんですけど、面と向かって説明しようとすると、これがどうにも全然伝えることが出来ないんです。要は喋り下手……。(; ;)

あと3000万円集めなければならないとして……。
1社から3000万、10社から300万、30社から100万、300社から10万……。
どういうスタンスで営業したらいいんだろう???
どれもこれも難しい……。(; ;)

営業に関して的確なアドバイスをお願い出来る人、求めてます。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.09

昨日のつづき・・・

やりとりの最中、こう言われて、私は口ごもってしまいました。
「君は自閉症をことを広めるための映画をつくりたいと言っているが、私には自分の子どものために映画をつくりたいと思っているようにしか聞こえない。で、企業が他人の子どものためにつくる映画なんかに金は出すと思うかね?」

結局ここなのです。何のために映画をつくるか。
私の本音は、長男のため です。
長男のために自閉症のことを知って貰える映画をつくる。
でもこれをストレートに言ってしまうと、それは単なる“子どもを失った父親のエゴ”みたいに受けとられてしまう。
だからといって、私は、正々堂々「自閉症の啓発のための映画」を口に出来ないんです。なんか本音の部分と主客転倒しているので……。
口先で嘘並べて金集めはしてる気分になってしまいそうで……。

これからどうやって説明をしていけばいいんだろう???
営業、嫌いです。(; ;)

| | コメント (11)

2006.09.08

営業日記 (1)

はじめて、映画制作費のための営業に出かけました。
片道2時間半かけて、嫁サンの友達の紹介してくれた某企業の会長サンという方に面会させて貰ってきました。

開口一番、「映画にする目的は何なの?」と聞かれました。
でもって私の場合、モゴモゴするばかりで答えられず……。
シドロモドロで自閉症のことを広く伝えたいみたいなことを説明すると、「そういうことはちゃんと説明出来なきゃ営業にならないよ」とアドバイス(というより説教かな)されてしまいました。(^^;

「映画はどうやって上映するの?」「何人ぐらいが観るの?」「ウチの会社のメリットは?」次から次へと質問。でもって私は、全然答えることが出来ず……。
「そもそも何千万もかけて映画にする意味って?」と問われて、これにも私は全然さっぱり答えることが出来ず……。
「1時間程度なら、自閉症に関してでもなんでもホームビデオで撮って、それをパソコンで編集して、バンバンDVDに焼いて配れば目的を果たせるし安く済むでしょ?」みたいな感じで、ある意味での正論をスパッと言われてしまい……。
一方、私の映画へのこだわり、どうしてもうまく説明することが出来ず……。(; ;)

それでも、自閉症関係の資料を渡したり、NHKでの番組の話などをしていくうちに、少しずつ何かを感じて貰えたようで……。

「これからの時代は、儲け主義ばかりで社会貢献に関心のない企業は淘汰されていくに決まっているので、そのあたりをところを押さえてきっちり説明していけば、どこの企業も結構金は余ってるんだから、不可能ってこともないのでは」とのこと……。

現時点ではお金は出せないと、遠回しに言われような気がしています。
けど、今後の営業に役立ちそうなノウハウ(?)をしっかり得ることも出来たので、無駄足じゃなかったと思ってます。

しかし、思いっきり疲れました。つくづく痛感してます。
「ぼくはおしゃべりにがてです……。」(; ;)

| | コメント (4)

2006.09.05

桜の苗木・・・つづき

なんか、ものすごく大勢の皆さんから、桜の苗木に関する情報を頂いてしまっています。
ほんと、感謝感謝です。m(__)m

とりあえず、日本花の会サンから返信メールを頂きました。

私がお願いした苗木は、あまり大きくならない「小彼岸桜」という品種でして……。
これが、やっぱり今の季節だとなかなか難しいらしく……。
ただ、もしかしたらなんとかなるかも知れないという方を教えて頂き……。
明日電話をかけてみるつもりでいます。

他の品種であれば結構なんとかなるみたいなのですが……。
なんせ庭に植えるので、10m以上にまでどでかく成長されてもこっちの都合もあるわけで……。
ヒロキもでっかく成長されて、結構難儀してましたし……。(^^;

| | コメント (4)

2006.09.04

季節を抱きしめて

桜の苗木のことばっかり考えていたら……。
ふと、桜の精の話を思い出しました。
プレイステーション用に書いたゲーム用脚本です。
たしか、10万枚以上のヒット作になってたような……。
買い取りで印税入ってこないゆえ、何枚売れようと他人事でしたが。
一体いつ書いたんだっけ? と思って、検索かけてみたところ……。
こんなHPを見つけてしまいました。
やるドラシリーズ
ふみゅ~、再販になっても、やっぱり一円も入ってこないわけで……。(; ;)

| | コメント (6)

2006.09.02

桜の苗木

気持ちがかなり落ちています。
体がだるく、思考が停滞しています。
夏バテ気味のせいなのか、持病の貧血のせいなのか……。
久しぶりに書かせて貰うことになった脚本のプレッシャーのせいなのか……。
停滞状態に陥ってしまっているぼくうみ映画企画のせいなのか……。
苗木が見つからないせいなのか……。

9月24日のヒロキの誕生日に桜を植えたくて、苗木を探していました。
造園業やってる親戚や、近所の知り合いの造園業者に連絡などして……。
で、桜の苗木って、簡単に入手出来ないんですね。
そんなに高価なものではないみたいなのですが、需要がないから全然ない……。
ましてや今の季節、植樹には季節はずれのようで……。(; ;)

ネットで探した日本花の会さん宛に相談メールを打ってみました。
というわけで、返事待ち状態です。

| | コメント (4)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »