« 僕の歩く道 | トップページ | アニメ脚本のこと »

2006.11.30

僕の歩く道(つづき)

僕の歩く道の脚本家の橋部敦子さんのことを新人サンとか言ってしまい、いやはや、カッコ悪いのなんのって……。(^^;
言い訳になってしまうのですが、脚本家が誰なのかなんて、実は全然意識もしてなかったのです。誰かが「新人の脚本家が書いている」とか言ってたのを聞いて、すっかりその言葉を信じてしまっており、誰でもいいやと思っていたもので……。m(__)m

いろんな人からツッコミ入りました。
ま、ほんと、私の単純チョンボなので、笑って許してください。(^^;

今日のこの書き込みは、紗紫美に頂いたコメントを読んだ直後に書いています。

> もしかして、「僕の歩く道」が作品として素晴らしいから、
> 逆に落ち込んじゃってるんじゃないだろうかとも頭をよぎりました。

わはは、そういうのは全然ないのでご安心ください。(^o^)

正直な話、以前はかなり嫉妬していました。
「天使が消えた街」のときも、「君が教えてくれたこと」のときも、「光とともに…」のときも、自閉絡みのドラマのときはことごとく……。
「抱きしめたい」のときは、嫉妬ではなく、違った意味で激怒もし、担当プロデューサー&担当ディレクターとケンカまでしました。(^o^)

でもね、今回の「僕の歩く道」は、観てても、不思議と嫉妬はしません。
よく出来ているので、納得出来ちゃってる部分が多いのも事実なんですけど、それ以上に《もうヒロキがいない、という現実》が大きいのかなあ、と思っています。
あと、たしかによく出来ているけど、私も私なりにプロなわけで、他人の脚本の“アラ”ってものはそれなりに読み取れてしまうわけで、やっぱりアウェイの人達による仕事だよなあってのはわかってしまうので……。
ホーム側の人間として、ヒロキの父親として「ぼくうみ」を映画化しようとしている私にしてみれば、いい部分はいい部分として素直に認め、自分がこれからつくろうと思っている作品とわざわざ比較する必要もないわけで……。
それより、このドラマが自閉の知名度をあげてくれれば、私の対企業への製作費集めの営業もしやすくなるわけだし……。(^o^)

小日向文世さん演ずるところの飼育係長の古賀サンが自分の子が実は自閉症だったことを打ち明ける話など、私、ボロボロ泣いてしまいました。
小日向さんって、「瑠璃の島」のときに知的ハンディをもつオジサンを演じたとき以来大好きになので、より感情移入してしまったようで。(^^;

さて来週は……。

> 自閉症の息子にもう一度会いたいと思っていた古賀(小日向文世)は、
> 離婚した妻に会いに行くことを決意。
> 久保(大杉漣)に勧められたこともあり、動物園の飼育係一日体験に息子を誘う。
                           (公式HPより引用)

うわあ、こりゃまた泣かされそうな予感。。。(^^;

あれ? なんで自分のブログで他人の作品の宣伝してるんだろ。> じぶん (^o^)

|

« 僕の歩く道 | トップページ | アニメ脚本のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/12883959

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の歩く道(つづき):

» Wikipediaを見てみると [私が、成澤達哉である。]
『Wikipedia』の「自閉症」の項に、誰が書き込んだのか知らないが、私の作品が記載されていた。 ↓このページの下のほう。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87 レインボーおやじさんの『ぼくうみ』、藤家寛子さんの『あの扉のむこうへ』と並び立..... [続きを読む]

受信: 2006.12.01 21:06

« 僕の歩く道 | トップページ | アニメ脚本のこと »