« 2006年のおわりに。。。(1) | トップページ | 2006年のおわりに。。。(3) »

2006.12.17

2006年のおわりに。。。(2)

ヒロキの事故の直後、私は結構冷静でした。
いや、冷静でいられるようにと必死になって足掻きました。
自分をなんとかしなければ。でないと、気が狂ってしまうんじゃないか、と。

生まれて来てから30年。自分のために生きてきて、いろんなこと楽しんで来たんだから、もういいや。これからはヒロキために生きてみても……。
そう思って、脚本家になるためだけに頑張ってやってきて、実際に脚本家になれたにもかかわらず、脚本家人生を捨てて方向転換した先が福祉の世界。それまでまったく知らない世界だったので、ほんと楽しかったです。
弱肉強食の業界から一転、助け合いの業界へ。それまでの持病だった慢性の胃炎も胃潰瘍も、面白いぐらいに呆気なく消散しました。

でもそれは、ヒロキがいたからこそ楽しかったわけで……。
何をやっても、いろいろしんどくても、きっとヒロキにフィードバックされることだと思うから。先行投資ならぬ先行奉仕とギャグ飛ばしてやってきたわけで……。

今はまだ、これからどうやって生きてっていいか、よくわかりません。
どうしていいのかわからないので、とりあえずこれまでのパターンを繰り返しています。

|

« 2006年のおわりに。。。(1) | トップページ | 2006年のおわりに。。。(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/13097829

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年のおわりに。。。(2):

« 2006年のおわりに。。。(1) | トップページ | 2006年のおわりに。。。(3) »