« 苦しいときのヒロキ頼み | トップページ | 10ヶ月・・・ »

2007.01.27

筆子・その愛

遅ればせながら「筆子・その愛 -天使のピアノ-」を観てきました。
どんな映画かというと……日本ではじめて福祉施設をつくった石井筆子さんの人生を綴った作品です。(詳細は公式サイトをご覧ください)

正直なところ、「なぜ今の時代にこの作品?」という気持ちはあったりもしたのですが……。(^^;
映画としては、2時間の中に人生丸ごと詰め込んであるので、ちょっとダイジェスト的な印象はあるものの、なかなか見応えのある作品として出来上がっていました。

この映画には、私が青年学級で一緒に活動してきた仲間のS君が、大黒屋(だったかな?)で立派に働いている学園の卒業生役で出演しています。
演技は堂々としたもの。長ゼリフも立派にこなしていました。(^o^)v

後援には手をつなぐ育成会を先頭にズラーッと福祉関係団体が……。
ちょっと威圧されます。(^^;

私は「ぼくうみ」を、せめて自閉症協会だけには後援を、と思ってアポとっているのですが……。
何故なんだか、なかなか色好い返事を頂けないでいます。(; ;)

|

« 苦しいときのヒロキ頼み | トップページ | 10ヶ月・・・ »

コメント

私も筆子その愛は見ています。
なかなかいい映画でした。
ただ、この映画は福祉関係者しか見ないだろうなと思いました。

ぼくうみは違います。自閉症を知らない人たちにもいろいろなことを大いにアピールできる作品です。
こういう言い方は失礼かも知れませんけど、筆子その愛とは比較にならないぐらい素晴らしい作品になると私は信じています。

それなのに、自閉症協会は後援をしてくれないんですか?
なぜ?
理由によっては、自閉症協会に抗議のメールを送らせて貰いますし、返答によっては自閉症協会を脱退します。

投稿: T・K | 2007.01.27 22:33

ヨイショ、どーもです。(^^;

>それなのに、自閉症協会は後援をしてくれないんですか?

いえ、現時点では後援をしてくれないというわけでなく、なかなか返事が貰えないという状態なんです。
本当に後援して貰えないという連絡があったら、、それこそ全国の自閉症協会の会員のみなさんに呼びかけて、「本部はぼくうみの後援を!!」という署名集めとか直メ交渉とかをお願いさせて頂きますので……。m(__)m

投稿: レインボーおやじ | 2007.01.28 16:50

私も、この映画は「関係者」しか見ないような気が・・・
常盤貴子さんとか、加藤剛さんとか~すごい人が出演しているし、TVの情報番組で撮影裏話なんてやってるんだけどね。

監督が、今までに福祉的題材の作品を多く作って来たので、後援としてすごい色々な団体の名前や、著名人の名前が出たのだと思います。
「ぼくうみ」の監督を山田監督にお願いしたらどうかしら。。。(*^_^*)
 ちなみにウチの子供も、オーディションを受けに行って、役はなかったけど、エキストラでどこかに出ています`,、('∀`) '`,、

投稿: yukibon | 2007.02.05 00:30

>「ぼくうみ」の監督を山田監督にお願いしたらどうかしら。。。(*^_^*)

スミマセン、遠慮させてください。
あのキャラにはついてけません。(^^;

あんま演出には自信ないですけど、すっげえ有能な方が演出補として私についてくれますし、そのへんは大丈夫です。(^o^)v

投稿: レインボーおやじ | 2007.02.05 18:29

はっっはっっは(*^。^*)!!
今日、地元で映画を上映するにはいくら位掛かるのか、お問い合わせしてみたら、監督自ら電話を下さいましたよ。
監督が、営業をしてるとは以前フジテレビ「とくダネ」でやっていたけど、本当でしたね。
ものすごい人です。。。

投稿: yukibon | 2007.02.06 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/13681770

この記事へのトラックバック一覧です: 筆子・その愛:

» 筆子・その愛-天使のピアノ- [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  大森西友の中にある「キネ力大森」は、スクリーンが3つあるミニシネコンである。テアトル系の映画館には、西武グループとタイアップしたこのような映画館が多い。 しかしここは、平日にいつ来てもガラガラなのである。大森自体が川崎と品川に囲まれて、さびれた... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 15:42

« 苦しいときのヒロキ頼み | トップページ | 10ヶ月・・・ »