« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.29

エキストラ

一周忌の会のすぐ翌日で、実はのんびりしたいところなのですが……。
つくしんぼの子どもたちが、映画のエキストラ出演を依頼されており、朝7時集合で法政大学ピュアピュアのメンバーと一緒にロケバスに乗って、はるばる山梨県のロケ現場である“児童館”まで行ってきました。

重松清 原作 の「きみの友だち」という作品の映画化で、製作は WOWWOW とのこと。フリースクールの指導員がヒロインの話です。

フリースペースつくしんぼは、不登校のためのフリースクールじゃないんですけど……。
この映画のプロデューサーの神野さんとこの家の子もまた発達障害系なので、細かいことはまあいいかな、と。(^o^)

監督は廣木隆一さん。苗字が“ヒロキ”です。
大輝は名前が“ヒロキ”です。(^o^)

実は廣木監督とは、ヒロキが生まれるより前に組んで一緒に仕事をしたことがあったようななかったような???
悲しいかな、20年近く前のことで、何の作品で組んだのかよく憶えていなかったりしている健忘症の私です。(^^;

私としてみれば、久しぶりに映画撮影の現場を見学させて貰った、って感じで……。
なんていうか、圧倒される感じで……。
で、感想としては、私なんかに映画製作が出来るのかなあ、と……。

 

 

【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.28

1年・・・

あの、絶対に忘れることの出来ない日から1年が経ちました。

みんなが「早いねえ…」って言ってくれるんですけど……。
私にしてみると、実は全然早かったようには思えず、これまで私が生きてきたなかで、とにかく一番長い1年だったように感じられて仕方ありません。自分のなかでは、もう何年も経ったような感覚があります。
この1年の間、ヒロキのことを忘れた日なんて1日もなく、それだけ苦しくて、悲しくて、それでも必死に生きてきて、いろんなことを考えて、いろんなことが凝縮して詰まっている365日だったからなのかも知れません。

今日はつくしんぼはお休みにし、保護者会のみんながヒロキのための会を企画してくれました。といっても、子どもたちはいつものようにつくしんぼに来て遊んではいたのですけど……。

途中、ヒロキの好きだった歌なんかをうたいながら、午後1時から夜は9時頃まで。ローソクの火が途切れることもなく、プロジェクターからスクリーンに映し出される映像はずっとヒロキの登場するものばかり……。
なんかそこに、いつものように当たり前にヒロキがいるような気がしてきて……。

この1年、私、楽しいって思ったこと、実は全然なかったんです。
なんとなく楽しいような“とき”があっても、結局はヒロキが近くにいない淋しさの方が勝ってしまい……。
でも、今日はほんと、久しぶりに楽しかった。久しぶりにつくしんぼにヒロキがいて、つくしんぼがヒロキのための場所だったから……。

何年か前、ヒロキが父の日につくってきてくれた緑色のカードには、下手くそな字でこう書いてあります。

「おとうさん、つくしんぼがんばってね。いつもありがとう。ひろき」

つくしんぼって、私がヒロキのためにつくった場所だと思ってたんですけど、本当はヒロキが私のためにつくってくれた場所だったのかなあ、なんて、最近は思ったりもしています。

4月からの1年間、私がつくしんぼを抜けること、既にみんなに了解して頂いてます。
映画製作の方に専念させて貰えます。
私がヒロキのためにつくる映画なのか、ヒロキが私のためにつくらせてくれる映画なのか、そこのところもよくわからないけど、とにかくこの1年、こわれそうになりそうな精神状態を支えてくれたのが、この映画製作企画なので、これだけは絶対に成功させなければと思っています。

この1年、私たち家族をささえてくれたみなさんに感謝しています。m(__)m


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

3/28(水) ヒロキ一周忌の会

お時間がありましたら・・・。m(__)m


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.25

本日は一周忌の法要。。。

ここのとこ、全然書いてませんてした。
決して精神的にしんどかったわけではなく、ひたすら忙しくて……。(^^;

この一週間、すみれ教室で児童デイ関係の会議があるわ、映画資金支援のお願い営業に出かけるわ、ぽっぽ町田でのボラセンバザーに参加するわ、入院している友人の鎌倉への墓参りに同行するわ、つくしんぼでカレーパーティがあるわ、あきる野学園養護へ町田おやじの会として出向くわ、他にもつくしんぼ年度末の仕事やら一周忌の準備やら新規に受けかも知れないホームページの叩き台づくりやら……。

で、どうにも集中できず、脚本の直しを進めることが出来ず……。(; ;)

これから一週間、チカちゃんの卒業の会があるわ、28日の命日にはヒロキ一周忌の会をつくしんぼ保護者会が開いてくれるわ、ぴゅあぴゅあとのバスハイク&映画エキストラ参加撮影があるわ、イッツコム(東急ケーブルテレビ)でヒロキ&映画製作の取材がオンエアーがあるわ、NPOはらっぱの総会用の資料づくりもしなきゃらならないわ、つくしんぼの予算決算もまとめなきゃならないわ……。

で、またしても脚本の直しを進めることが出来ない予感……。(^^;

そんでもって、本日はヒロキの一周忌の法要でした……。m(__)m


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.18

ぼくうみの感想

次男が、なにやら一所懸命読んでるので、なんだろうと思ったら、ぼくうみでした。
しかも、ウチにあるやつではなく、わざわざ中学校の図書室から借りてきたやつ……。(^o^)

去年だったかな、読みはじめて挫折してたけど、今回は最後まで読み終えたみたいです。

で、質問されまして……。
「住所が同じなのはなぜ?」
なんとことかと思ったら、淳一と和也の住所がなぜ一緒なのかってことらしい。
マンションが一緒だから住所が一緒だと答えたのだが、どうもピンとこないらしい。
ピンとこない理由が、私にもピンとこなかったりして。(^o^)

で、もうひとつ質問されまして……。
「屋上の鍵を壊したのは淳一?」
たぶん、と私は答えましたが、あんまり納得できないみたいで。(^o^)

で、感想をきくと……。
「面白かった」
それだけ。。。

ヒロキだって「おもしろかった?」ときけば「おもしろかったあ~」ぐらい答えるぞいっ。
ボキャブラリー少ない奴。> 次男


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.17

毎日新聞の記事より・・・

交通事故死:自閉症少年の両親、逸失利益求め提訴へ 札幌

 札幌市で05年に交通事故で死亡した重度の自閉症少年(当時17歳)の両親が、事故を起こした女性らを相手取り、平均賃金に基づく逸失利益約4280万円など総額約7340万円の損害賠償を求める訴訟を4月上旬、札幌地裁に起こす。将来得られたはずの収入を算定する逸失利益を重度障害者が健常者並みに認められたケースはなく、両親側は「憲法の平等原則に基づき、逸失利益を認めさせたい」と話す。

 訴状となる書面によると、高等養護学校2年だった少年は05年8月10日午前、同市南区滝野の国営公園敷地内のバス停で路線バスから降車後、車道に飛び出し、乗用車にはねられて死亡。少年は特定非営利法人(NPO)のヘルパー2人らと初めて路線バスに乗る訓練中だった。両親は車を運転していた女性と、目を離したヘルパー1人、同NPOなどに賠償請求する。

 女性が加入していた損害保険会社は事故後、両親に賠償額の見積もりを提示。重度障害を理由に逸失利益の算定は0円だった。

 両親側は東京高裁が中度の自閉症少年について「調理師として働ける可能性があり、平均賃金の4、5割の収入を得る能力は潜在的にあった」と1800万円の逸失利益を認めた判決(94年11月)を引用。「養護学校で作業能力があるとされ、就労の機会を得た可能性は高い。少なくとも法定の最低賃金で計算すべきだ」と主張する。

 両親の代理人で障害者の人権問題に詳しい児玉勇二弁護士(東京)は「保険会社から自動的に0円と算定され、泣き寝入りしている障害者の遺族は多い」と話す。【真野森作】

 ◇逸失利益 事故による被害者の死亡や後遺障害がなければ得られたはずの収入を仮定して算出したもの。生活費分を控除した年収に、就労可能だった年数と中間利息を考慮した係数をかけて計算する。一般的に将来の稼働能力が事故前にあったことを立証できなければ認定されない。

毎日新聞 2007年3月15日


こういう記事を読むと……胸中複雑です。
いろんな思いが頭のなかをよぎります。

逸失利益が0円なんてアカの他人に勝手に決められて日にゃ、私だって激怒してしまうだろうな。たぶん……。
私自身、不当な言い分にはとことん当然していく性格ですし。(^^;

でも、車を運転していた相手はともかくとしても、預かって貰っていたNPOやヘルパーさんに損害賠償するかな、って、ふと思ってしまうんです。

想像するに……NPO側が適当な言い訳で責任回避しようとしたんじゃないのかな。だから、子どもを失った両親側がカチン!! ときた。
私が損害賠償請求してきたJR側の態度にカチン!! ときたようなものです。(^o^)
ウチの場合は、JR側の謝罪というかたちで事務処理が完了したので、今はもう何も言う気ありませんけど……。

たとえば、ウチのヒロキ、逸失利益が0円とか言われても、たぶん私は何の文句も言わなかったと思います。ほんと、あいつがお金生み出すなんて想像の範疇外だし……。(^o^)
でも、そんな奴でも、車道に飛び出して轢かれるなんてことはないレベルに交通ルールは会得してました。
知らなかったのは“線路の上を歩いたら危険”だってことだけです。

道路の危険性の認知すら出来ないレベルでは、逸失利益の主張は無理なんじゃないのかなあ。あくまで私個人の意見ですけど……。

でも、子ども失った親は、どうにもならない憤りをどこかにぶつけたいものなのです。
なかなかわかって貰えないですけど……。
ましてや、ネット上は匿名で嫌がらせいくらでも出来るし……。(^o^)


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.03.16

ヒロキが帰ってきた?

つくしんぼのいつものテーブルでいつものようにくつろいでいると……。
玄関が開いて、ヒロキが帰ってきました。
中学の制服のまんまです。いつものコートを着て、いつものリュックを背負っています。
私は、ヒロキが帰って来るなんて、とにかく信じられず、唖然呆然……。
でも、これは現実で、ヒロキは1年間何も食べずに散歩していたんだ、と理解しました。
よく見ると、顔は歪んでいて、精気がなく……。
そのまま畳の上に突っ伏してしまいました。
私は、奥にいた職員に「救急車!!」と叫び……。

その自分の声で目が醒めました。朝5時過ぎのこと……。

前に見たヒロキの夢は、ブログを振り返って調べると5/20。
つくづく夢を見ない奴です。>自分

もうすぐ1年なので、早めに帰ってきたってことなのかな。
ヒロキの前に嫁サンが、今日は朝からカレーライスを置きました。


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.12

「封印」を解く・・・

封印を解く、というと、なんかロールプレイングゲームの用語みたいですが……。(^o^)

去年の夏、とりあえず書き上げた「ぼくうみ」の脚本、準備稿として、ずっと封印していました。
映画化の企画が動きはじめない限り、いちいち修正なんかしたところで単なる自己満足。そんなの意味ないことわかっていたので。それよりお金集めのこと考えた方がよかったし。周囲には、ちゃんと完成してる、とか言って、脚本を配ったりしてましたが、自分では実は全然目を通してませんでした。(^^;

先週、その封印を解きました。
お願いする監督を決めた限り、脚本の見直し作業が必要となるからです。脚本家のイメージと監督のイメージのすり合わせもまた、脚本家側の仕事なわけです。
自分が原作で、自分が脚本で、自分が一番の出資者なのに、脚本直し食らって、でもそれが一種の快感だったりするのは、脚本家としてのマゾ根性が残っているからでしょうか。(^o^)

ほんと、久しぶりに自分の脚本を読んでみました。
完璧、でした……というのは冗談で、うわあ、こりゃどうやって直そうか、と。(^^;

土曜日から、修正作業に入ってます。
日曜日は完全に丸一日……。
でも、これがまた、ムチャクチャ楽しかったりしてます。
ウニ状態になった脳みそ、を焼酎お湯割で癒してます。> 今 (^^;

半年前は、それこそ悲しみと闘いながらの執筆でした。それが自分の脚本から感じ取れます。
今は……あの頃に比べればかなり余裕あるみたいです。

で、注文の受けた以上の直しを、自分でガンガンやっちゃってます。
小説になかった新規のエピソード、勝手にどんどん入れちゃってます。
どうせノーギャラだし。
小説のファンを、さらに映画では驚かして、かつ泣かしてやろうという脚本家根性です。(^o^)v

ただいま、全編のうち、半分をちょっと超えたあたり……。
この先、クライマックスに向かって登場人物達がどう勝手に動いてくれるか、書いている自分が一番ワクワクしてたりしてます。
やっぱプロデューサー体質じゃなくて作家側のキャラなんだよなあ……。> じぶん (^^;


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.03.11

僕はラジオ

TSUTYAが半額ウィークで……。
昨晩、期限ぎりぎりまで借りていてやっと観たDVDを返却しに行き、別の作品を借りようとしたけど、あらかた借りられてしまっていて、今日はやーめたと思ったとき……。
販売の棚に僕はラジオの中古ビデオが、なんと100円!! で置いてありまして……。

タイトルだけは知っていたけど、内容的には知的ハンディの青年の出て来る話ぐらいにしか知らなくて、ゆえに観ないままに忘れていた作品でした。

で、今朝、なぜだかすっごく早く目が覚めてしまったので、このままだとまた“積ん読本”ならぬ“積んどくビデオ”にしてしまう予感がして、さっさと消化してしまえとばかりに100円ビデオを大して期待もせずに観たわけなのですが……。

ぶったまげました。朝からしっかり泣いてました。
ここ数年で観た映画のなかで、私のなかでは完璧ベスト作品と言えそうです。
内容はいちいち説明しません。とにかく観た方が得する映画です。

ある意味、ぼくうみのなかで描きたいと思っている部分にかさなるところも結構あり、嫉妬してたりもします。(^^;

近所の方には私が貸し出しますので。なんせ100円……。
しかし、ナメた値段だ……。(^o^)


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.08

桜通信3


たて続けです。
だって、あっさり咲いちゃってまして……。(^o^)

花見、してません。
だって、寒いし……。(^^;


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.03.06

桜通信2

気温が20度超えたり、春の大嵐になってみたりの今日この頃……。

家の門の入ったところの一等地にあって、春と秋には毛虫だらけになる椿の木を引っこ抜き、つくしんぼの敷地に植えた3本のうちの1本を引っ越しさせました。
これで、自宅に3本、つくしんぼに2本です。
とりあえず、みんな元気です。(^o^)

自宅に植えた3本には、名前があります。
それぞれ、“ヒの樹”“ロの樹”“キの樹”です。
玄関脇にやってきたのは、5本のなかでもどうにも頼りなさそうだった苗木。こいつが“キの樹”となりました。

今はこんなに感じになってきています。植えた年に咲いてしまいそうです。

もし花が開いたら、小さな苗木の横で花見やります。参加者募集中です。(^o^)v


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.03.05

昨日のこと

朝からあれやこれやの予定で動き回り……。
ふと時計をみて、まだやってる時間だったので、公民館障がい者青年学級の成果発表会に顔を出しました。観られたのは、ほんと、最後の少しだけでした。

で、ホールからロビーに出て、ある学級生の母ちゃんに声かけられました。
「今日はボク、一緒じゃないの? 大きくなっちゃって、背超えられちゃったでしょ?」
青年学級のイベントにはヒロキが小さい頃から連れて行ってたので、母ちゃんたちはヒロキのこと、よく知ってくれてたのです。

そっか、学級生たちは結構知っててくれるけど、親たちまでは伝わってないんだ……。

で、私は、ヒロキの事故のことを説明し……。
で、昨日は、ヒロキのことを、はじめて全然泣かずに説明することが出来ました。
泣かずに説明することに11ヶ月……。
泣かずに説明出来てしまったことに、あとになってから泣けてきてしまいましたが。(^^;

そのあともいろいろ予定あったんだけど、なんだか面倒臭くなって、誤魔化せることは電話で省略。久しぶりに学級の打ち上げにつき合ってしまいました。
ハンディ持ってるメンバーで居酒屋貸し切り状態にして、よくやるよなあ。ほんと。(^o^)


【「ぼくうみ上映会」を企画してくださる方、募集中! m(__)m 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »