« ぼくうみセカンドステージ、考察(1) | トップページ | ぼくうみセカンドステージ、考察(3) »

2009.04.22

ぼくうみセカンドステージ、考察(2)

映画なんて、つくったところで、観て貰えなきゃ意味ないです。
自己満足してたって、そんなの意味ないです。

素人は私ぐらいのもんで、キャスト&スタッフ的には、ぼくうみは“プロの作品”です。
でも、企画自体は、やっぱり自主映画なわけで。。。

自主映画なのだから、徹底的に自主上映会オンリーでもいいかな、って、そう思っていたんですけど。
でも、自主上映会だと、どうにもすることが出来ない壁があるんです。
関係者しか観て貰えない可能性が高い、という。。。
関係者が上映会やって、関係者にチケット売るんだから、そりゃお客さんが関係者ばかりになると、当然です。(^o^)

私が言うのをなんなんですけど、ぼくうみはほんと、とんでもなく素晴らしい作品に仕上げて貰ってます。自閉症のことをまったく知らない人にも充分通用するし、自閉症のことを理解して貰うのに絶好の映画です。
だから、関係者以外にもなるべくたくさんの人に観て貰いたいわけで。。。
それにはやっぱり、劇場で一般公開して貰うのが一番なわけで。。。

だから、ここのところ、全国で上映会を企画してくださっている方々に暫く待って頂き、、全国での劇場公開に向けて足掻いてみたのですけど。。。(; ;)

大手の映画会社の制作配給作品や、テレビ局や広告代理店や大手出版社が参入して実行委員会を組織している作品は、最初から制作費と宣伝配給費をわけて予算を組んでるからなあ。全国一斉ロードショーも出来るし、テレビでCMバンバン流せるし。。。

って、自分のブログで愚痴ってても始まらないのだけれど。。。(^^;


←ぼくうみチャンネル、よろしくです

|

« ぼくうみセカンドステージ、考察(1) | トップページ | ぼくうみセカンドステージ、考察(3) »

コメント

レインボーおやじさん。
セカンドステージ、ご苦労されているようで、大変ですね。
私一般人には、セカンドステージでの援助などは、何も出来ませんが、とにもかくにも、映画上映をしてもらいたい、多くの人に見てもらいたい気持ち一杯なんです。

私は友人、知人に「ぼくうみ」の事を知ってもらい、一人でも多くに人に映画を見て、自閉症の事をこの映画を通して知ってもらいたい。微力ながら、こちらのHPを紹介したり、「ぼくうみ」原作本、ヒロキ君と歩んだ十五年を綴った本「おさんぽいってもいいよぉ~」の紹介をしております。

こんな事でしか、セカンドステージでは応援出来ないのですが、きっとヒロキ君がお父さんの映画の成功を後押ししてくれると思いますよ。

私自身、まだ主人が亡くなった実感がしませんが、何故か同じ様な境遇の方との出会いが不思議にあり、自分の周りの人の輪が広がっていっているのです。これは、きっと主人が会わせてくれて、私を元気づけてくれているのだと思えるのです。

だから、ヒロキ君もきっとどこかで、おさんぽしながら、レインボーおやじさんの事、見守って、応援して、「頑張れ!!ぼくが付いているから、大丈夫だよ。」と言っていると思いますよ。

4月末に、こちらの地域で定額給付金が給付されます。前々から決めていたのですが、私は、是非とも「ぼくうみ」のセカンドステージの為に使ってもらいたいと思うので、カンパさせてもらいます。

東北の地で、応援してますよ!!
みんなの力で、「ぼくうみ」映画成功させましょう!!

投稿: さとう まさみ | 2009.04.23 00:00

定額給付金をカンパしてくださるっておっしゃる方がいるのに。。。
私は酒に費やしてしまいました。。。(^^;

投稿: レインボーおやじ | 2009.04.23 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/44748347

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくうみセカンドステージ、考察(2):

« ぼくうみセカンドステージ、考察(1) | トップページ | ぼくうみセカンドステージ、考察(3) »