« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009.09.24

19回目の誕生日(桜通信18)

19歳になりました。
毎度、生きてたらの話ですけど。(^^;
特に何もしません。ヒロキの大好物だったケンターキーを買ってきた食べただけです。
3年半が経ち、もう婆チャンもヒロキと一緒にいることだし、納骨もしちゃったし、あんま大袈裟なことしたくもありません。

でも、あと1年、20歳になるまでは、ヒロキの代わりみたいなものだった「映画」をもう少し育てていこうかなとは思ってます。多くの人に観て貰うことが、育てることなのかななんて思ってます。
成人したら、あとはヒロキの勝手にさせてもいいのかな。
DVDにしちゃえば、もう手が届かない場所に行ってしまうだろうし。

とにかく忙しくて、思いっきり忘れていたんですけど……ふと気がつけば、ヒロキ桜はこんなに大きくなってます。これは「キ」の樹なんですけど、5m以上あります。他の樹も同じぐらいに成長してます。5本のうちの1本は、実は強風で根元近くからボッキリ折れちゃってたんですけど、応急処置でなんとか頑張ってます。
って、障害児の紹介みたいな言い方だよなあ。(^^;
小彼岸桜は5mぐらいにしかならないって聞いてるんで、成長はぼちぼちこのぐらいまでなのかな。よくわからんけど。(^^;

ストレス減ってきたのか、血圧も落ち、肩&首の激痛もただの痛みと化してきてます。
もう少しで元気回復って感じかな。(^^;

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2009.09.21

またこんど。。。


この自転車で、毎日南町田駅まで通っていました。
無料駐輪場へブチ込んで、電車に乗る。。。

初日の帰り、駅から出て来ると……いつも載ってる自転車がパンクしてて、引っ張って家まで帰りました。
で、翌日、乗る自転車がありません。パンクを直してる暇もありません。
で、ふと見ると……あるじゃん。1台。。。

母親が乗ってたやつです。歩くよりラクだと言って、いつも自転車で歩き回ってました。
倒れた5/2の日の午前中も、この自転車であちこち回り、映画の営業をしていたみたいです。

そっか、要するにこの自転車に乗ってけ、ってことか。
サドルさえ上げれば、結構乗れました。ギアも内装3段だし。(^o^)

津久井教生(あえて呼びつけ)とのデコボコトークの日、彼は現場に1日つきあってくれて、そのとき言ってくれました。
「お母さん、毎日ずっとここに来てるんだな。一番後ろの席あたりにいつも座ってるよ」
「ヒロキはあんまり来てないな。来てもすぐいなくなったりする。出たり入ったりしてる」
テレビ局からもオフォーのかかっている霊感の持ち主の言葉です。
でも、私には何にも見えないし、何にも感じない。。。

後日のこと。まったく別の方が、教生とまったく同じことを私に言ってくれました。母親は毎日ちゃん来ていると。座ってる場所は。。。
何でまた、まったく同じなの??? そりゃもう、ビックリビックリです。

わかったことは、私の自転車をパンクさせたのは、ウチの母親だってことだけです。
私が乗ってけば、一緒について行ける。。。(^o^)

なにはともあれ。。。
山、頂上までやってきたんだなあ、って感じてます。
一番高いとこまで、登ってきて、てっぺんから景色を眺めてる感じです。
こういうのは、霊感がなくても見えるもんです。(^o^)

振り返ると……ここまで登ってきた道のりが見えます。
ヒロキと一緒に、ずっと登ってきた道。。。
最初はほんと、ヒロキと二人きりでした。
最初に背中を押してくれた椎名さん(音楽)、応援してくれる大勢の人たち、カンパをくれた大勢の人たち、いてはくれたけど、でも気持ちは一人ぼっち。ずっと孤独でした。
それが、岡田さん(アソシエイトプロデューサー)という盟友と出会ったところから、単なる斜面に階段が出来始め。。。
福田監督に出会い、青木さん(カメラマン)に出会い、松本さん(プロデューサー)に出会い、それからあとはもうお任せ状態。(^^;
九合目あたりで母親がいなくなってしまったのは想定外。。。
喋るの苦手だから、いざ喋らなきゃならなくなると、気合いが空回りして喧嘩ごしになる私です。ノホホン喋ってると伝わらないっていう危機感、あるからかなあ。。。
すぐキレる奴。相手の立場なんか無視で、みんなを怒らせまくっていました。
スミマセン。m(__)m
ま、内山先生曰く、アスペだもん。> 自分 (^o^)

そして目の前には……これから降りて行く道も見えます。
少人数だった登り道に比べて、降りて行く道の方が賑わってます。
最初からの応援団のみなさんが、今はこっち側に回ってきてくれていて、待っていてくれてます。
登りより、もう思いっきり気楽です。(^o^)

つくしんぼにずっといて、私はヒロキを育ててきました。
だから、今回は映画館にいて、ヒロキの代わりの映画を育ててきました。
常駐していた理由です。
ヒマだなあ、とか言われましたけど。
ヒマじゃねーよ。
こちとりゃ3倍仕事してたんだよ。だから寝てなくて、血圧上がりっぱなしなんだよ。(^o^)
今は、山積みとなった仕事を片付けるべく、シルバーウィークなんて関係ありません。(^^;

セカンドステージはまだ序盤。
恵比寿は、セカンドステージ序盤の奇襲作戦だったんだな、これが。
頂上には辿り着いたけど、クライマックスはまだまだずっと先です。


by よしだやこらサン

さて、血圧正常値に戻して、10月からはドサ回りだ。。。(^o^)v


ご協力感謝! またぼちぼち沈みます。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2009.09.18

上映24日目。。。

で、最終日。
初日は夏だったけど、今はもうすっかり秋。。。
長かったようで、ほんと短かった4週間でした。

イベント週間も本日がラスト。
2回目上映後にシーナ&モヒのミニライブがありました。
シーナは、音楽担当の椎名さん、モヒはモヒカンの福田監督です。
シーナ&ロケッツにひっかけたらしいです。(^o^)
前日は深夜までカラオケに籠もって練習してたそうです。
オヤジたちが何やってんだか。(^o^)
ライブの動画、そのうちニコ動に載るのかな。椎名サンは嫌がってたけど。(^o^)

ラストのラスト、4回目の上映は、満員御礼っていうのはさすがに無理だったけど、それでも来場者100人の大台を超えは夜の部の記録でした。

のべ4600人を超える来場者でした。
4週間、1日平均で200人弱。これを多いとみるか少ないとみるか。。。
写美ホールとしては、記録なんじゃないかなあ。
まあ、興行的には★★★☆ですけど。(^^;

21時を過ぎてしまい、麦秋祭の会場で打ち上げが出来なかったのが、ちと残念。(^^;

ご協力感謝! またぼちぼち沈みます。(^^;


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.09.17

上映23日目。。。

本日2回目の上映は、視覚障害者のための音声ガイド付きバリアフリー上映会。
シティライツさんのご協力を受け……というか、まるごとお願いさせて頂いたのですけど……FMラジオに音声ガイドを飛ばしての上映でした。

私もラジオを借り、画面を一切観ないで映画鑑賞をしてみました。
でも、ダメでした。私の場合、音だけでも、既に映像が目に焼きついてしまっているので、頭の中にどうしても絵が浮かんでしまうのです。(^^;

映画のあと、みなさんに少し話を聞かせて頂いたのですが、音だけで映画の細部のところや伏線のようなところまで理解してくれていて、ビックリです。

本当は一緒に聴覚障害者のための字幕も企画していたのですけど、技術的な問題で出来ませんでした。企画提案のYOさん、字幕制作までを全面協力して頂いたメディア・アクセス・サポートセンターさん、力不足で申し訳ありませんでした。m(__)m
今回出来なかったぶん、どこか別に場所できっとやりましょう。(^o^)

今週に入り、火→水→木と、動員数はグングン右上がり。日々記録を更新中。。。
でもって、ついに明日が千秋楽……って、映画の場合も千秋楽って言うのかな??? ま、細かいことはいいや。(^^;
2回目の上映後、福田監督と音楽の椎名邦仁サンが何やら悪だくみを考えている模様です。乞ご期待。(^o^)

明日から、ガーデンプレイス15周年記念の恵比寿麦秋祭が始まるとのこと。
ラストでしんみり……でなく、ラストをもう一回満員御礼にして、そのまんま観客とみんなとビヤフェスティバルになだれこみ、打ち上げ「乾杯!!」ってのが好きだなあ。。。(^o^)v

さあラスト、上映期間中連続首位キープ達成かな、たぶん。(^o^)v


| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009.09.16

上映22日目。。。

本日もまた、いろいろありました。
1回目の上映後には、脚本医療監修を担当して頂いたよこはま発達クリニックの内山登紀夫先生と石井めぐみさんをお呼びしてのスペシャルトーク。進行役は、本日も岡田サン。
映画より内山先生目当てのお客さんもしたりして。。。(^^;

専門家がいると、やっぱ雰囲気が違います。内山先生は自閉症のプロだし、石井さんは講演のプロ。専門家がいると、やっぱ雰囲気というか緊張感が違います。
自閉症に関しての突っ込んだ質問も飛び出し……あれ、ここは映画館だっけ? って感じ。
短い時間で、ほんともったいなかったです。

そして4回目の上映後は、伊藤祐貴クン&松嶋初音サンのフレッシュトーク。進行役は、水野サン。フレッシュなはずなのに、なぜか途中から福田監督まで飛び入り参加。(^o^)
映画より松嶋サン目当てのお客さんもいたりして。。。(^^;

いやあ、さすがはニコ動の姫です。松嶋サンの話は楽しいです。
お母サンの話にまで及ぶと、思わず涙ぐんだりして。他の場所では絶対に見られないんじゃないかな。ファンの方にとって1500円は安過ぎる??? (^o^)

あと2日、なんとか大丈夫そうな予感。。。(^o^)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.15

上映21日目。。。

本日、1回目と4回目の上映後、スペシャルトークを行いました。
舞台にあがったのは4人。福田監督、伊藤祐貴クン、そして私。進行役はアソシエイトプロデューサーの岡田サン。
1回目は、なんとなく監督と伊藤クンの撮影談義。
4回目は、会場の方から質問を受けたところ、自閉症談義となってしまいました。
まあ、前打ち合わせなしの成り行きまかせの座談会というか公開井戸端会議みたいなものなので、こんなもんかな、と。。。(^o^)

最終週の平日、どのぐらいお客さんが来るのか心配していましたが、しっかり平日で最高の人数を記録。最初からずっとこのぐらい入っていてくれれば、赤字にならなかったのになあ。。。(^^;

さあ、残りあと3日。睡眠不足の連続がたたり、体力的にかなりヤバくなってきているのですが、なんとか頑張らんと。。。

あと3日、こっちはなんとかなりそうな。。。(^^;



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.14

本日、4回目の休館日。。。

今日も言われてしまいました。
「月曜しか観に行けないのに!!」
都の施設です。スミマセン、どうにもなりません。(^^;

最後の休みです。
こんな冷夏でもやっぱ夏バテあるのかな。どうにもグッタリしてました。
今日が休みということで、昨日の夜、観に来てくれた大学の後輩と飲んでしまって二日酔い気味というのもあったんですけど。(^^;

毎日、ただ“いる”だけの私です。
考えていれば、撮影の期間もただ“いる”だけだったので、一緒です。
上映中は、一人でボーッとしてること、多いです。

自分で書いておいて、一番好きなセリフ、明日美チャンに喋らせてしまっています。

「空っぽの頭でいろんなことを考えました」
「自分は何で生きているんだろう」
「自分には何ができるんだろう」
「自分は何をしたいんだろう」
「自分は何をしなければならないんだろう」

ボーッとしてると、そんなことばかり考えてしまいます。

業務連絡です。傘の忘れ物です。
連絡ない場合は、つくしんぼの置き傘とさせて頂きます。(^^;

あと4日、首位をキープ中。(^o^)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.09.13

上映20日目。。。

1回目の上映は親子イベント。
託児希望児、ボランティアさんが共に15人程。希望したけどちゃんと映画を観ることが出来た子もいれば、希望してなかったけど途中でアウトになった子もいました。(^o^)
ボランティアは全員が黄色いバンダナを身につけ、子どもたちは黄色いガムテープで名札でした。黄色いにしたのは、単なる私のこだわりです。(^^;
ホール内で遊んでいる子あり、外出して駆け回っている子もあり。
上映中にアウトの子は、ホール内待機ボラが瞬時の判断で連れ出してくれました。
だいたいのことが計算通りに進んだので、ホッとしてます。
ボランティア保険も無事掛け捨てに終わりましたし。(^o^)
一度は写美さん側から断られた企画です。でも逆に、写美さんが東京都の施設だからこそ出来た企画でもあります。民間の映画館だったら、たぶん不可能だったでしょう。
要は、理解して貰えばいいだけの話。まさに「ぼくうみ」とリンクしたイベントでした。
成功だったか否かは、よくわかりません。でも、ロードショー映画での託児はおそらく日本初。二番煎じが増えてくれることに期待します。(^o^)v

そして、2回目の上映。ついに満員札止めを達成しました。(^o^)v
最終週のセカンドステージ、出せるとしたらここしかないと思っていたので、正直ほくそ笑んでます。(^^;
町田からは、とびたつ会(障害者の自主活動の会)のメンバー達も団体で来てくれました。私がずっとスタッフをやっていた町田市障害者青年学級のOBメンバーです。
何を隠そう……隠してないけど……浅野淳一クンのキャラは、青年学級に参加していた自閉症の青年たちの個性の美味しいとこ取りです。
本当なら、養護の高等部を卒業したヒロキも活動に参加出来たはずなのに。。。
小さい頃のヒロキを、私はよく学級に連れて行ってました。だから、みんな、ヒロキのことをよく覚えていてくれます。
映画の後、サッちゃんが、「ヒロキが映画の中にいたよ!!」と言ってくれました。(; ;)

一日の入場者、400人突破しました。もしかしたら写美ホールでの記録かも??? (^o^)
たぶん、ロードショーの期間のうちで一番思い出に残る一日になるんだろうな。。。

あと5日、首位をキープ中。(^o^)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.12

上映19日目。。。

ラスト・ウィークエンドです。雨が降ったりやんだり。行楽には今イチだけど、映画を観るには絶好の日和かも。
東京都写真美術館は10時に開くので、それより前に到着しても中に入れません。
私は、今日は10時ちょっと前に到着したのですが、入口の前には長蛇の列!!
思わずニヤけてしまいます。(^^;

2回の上映のときには、1Fの正面ホールからお客さんが建物外まで溢れるほど。写真のイベントを観に来たお客さんが入れない状態。美術館なので、大勢が詰めかけることを想定して設計されていないようで。(^o^)

上映後に「実行委員会をつくって自主上映をやる」って言ってくださる方、今日は何人もいました。嬉しいです。

「また来ました。友だちを連れてきました」と声をかけてくれる女子大生。。。
「こんな誰かに観せたくなる映画は始めてだ」と妙に感心顔で言ってくれるおじいちゃん。。。
いやはや、どうにも照れ臭いです。(^^;

さあ、明日はいよいよ親子イベント。映画のロードショーとしては、日本初の試みです。これもまた「ぼくうみ」の勲章となります。(^o^)v

あ、休んでいたら追い上げられてる。(^^;



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.09.11

上映18日目。。。

3週目のラストです。
2日来てないと、なんか久しぶりみたいな感じ。。。
この2日の間、私の知り合いが結構顔を出してくれていたようで。ホールにいなくて、本当にスミマセンでした。m(__)m

金曜の夜が、やっと金曜の夜っぽいです。(変な日本語だ)
夜の部で、今までで一番入ってる。。。(^o^)v

たまってた仕事、PCで片づけてて、写真撮るのを忘れてました。
一週目に麦酒記念館内で撮ったけど、ボツにしといた写真で誤魔化そうっと。

しょーもないことしてるのは、ウチ(つくしんぼ)の職員です。(^^;

ラスト1週間、首位キープできるか??? (^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.10

上映16日&17日目。。。

通夜&告別式のため、恵比寿は忌引。。。
というわけで、閑話休題。

親戚の大叔母の葬儀でした。場所は、青梅のかなり奥まったところにある葬儀場。往復が、もう完璧にドライブ気分です。(^o^)v
ナビのDVDデータが去年のもので、外環道がまだ中央高速に繋がっていなくて、ちょっと焦りましたが。。。

で、目的地である葬儀場間近、500m程手前のあたりの左側に、ふと気になる名前を発見。。。

「ん? たましろの郷? もしかして……」
遅刻を気にして早めに出発したため、時間に余裕もある、と。。。
となれば、結構こういうときの私は思いっきり厚顔無恥です。礼服にも関わらず、アポなし&飛び込みで立ち寄り、おまけに見学までお願いしちゃいました。(^^;

聾重複の入所・通所を兼ねた施設です。定員は40人とのこと。たしかまだ数年前に出来たばかりのはず。
前身が「かたつむり」という放課後活動のグループなので、放課後連での仲間うち。いつもつくしんぼに会報を送って貰っています。

かたつむりの本拠地は、実は国分寺でした。
それが施設建設を模索し続けて、やっと施設を建てられた場所が、青梅の山奥。。。
うーん、なんて言えばいいのか。。。

あ、職員の鈴ヶ峰サンが「よろしく」と言っていましたよん。(^o^) >天野サン&小野サン

3000にはどうしても届かないなあ。(^^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.08

上映15日目。。。

恵比寿はビル風がものすごいです。もしかして台風接近中? ニュースとか全然見てないのでよく知らない。。。(^^;

1回目の上映、一番お客さんが多いです。
その多くが、自閉症児のお母チャン……なんだろうなあ。子どもを学校に行かせた後に、恵比寿に飛んで来てる。でもって、子どもが帰って来る前に家に戻る。。。
恵比寿が近ければ、それが出来るんだけど、ちょっと遠いとそれも不可能。
観たいけど行けない、っていう声、たくさん聞いてるけど、こればっかりは移動紙芝居ってわけにもいきません。(^o^)

3、4回目の上映は、ガクンとお客さんが減ります。
こういう時間にこそ、障害児の親は来れない時間帯なので、一般の方に観に来て貰いたいのだけど、なかなか希望通りには。。。(^^;

今日は孫二人が自閉症だというお婆チャンと延々長話しました。元学校の先生だけど、自閉症に関しての具体的な知識はほとんどないとのこと。でも、長年育ててきた生徒たちに、自閉症かなと思える子はたくさんいた、と。
みんなみんな、普通学級でやってきていたんだよなあ。

明日、明後日、スミマセン。山下は劇場を忌引します。m(__)m

1位継続、本日安泰。(^o^)v


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.07

本日、3回目の休館日。。。

朝からつくしんぼの保護者会。(寝坊した。> 自分)
でもって、一週間分の雑用山積み。事務部屋の整理とか、夏休みに使ったビニールプール洗ったりとか。使用直後に洗っておかないから、泥染みがもう落ちない。。。(; ;)

さて。。。
皆勤賞狙いだったのに、今週の水曜と木曜、劇場に行けません。
親戚の葬儀が入ってしまいました。忌引になります。m(__)m
今までなら、ウチの母親が出席するところだったんですけど、今はもう、全部私にお鉢が回ってきます。仕方ない。。。(; ;)

9/13の親子イベントの詳細、ちょっと訂正させて頂こうと思います。
漠然と、子ども30人ぐらいって思ってたんです。
でも、よくよく考えたら、子どもが30人だと、親も30人、ボランティアも30人。合計で90人!!
190人定員のホールで、これはヤバいです。(^^;

定員を15人ぐらいにさせて頂きます。m(__)m
15人なら、つくしんぼの定員と一緒。何をどうすればどう転がるか? そんな直感的なノウハウは、私が体で覚えてます。(^^;

現時点での応募状況は……ボランティアさんの方が多いです。(^o^)
遠慮されちゃってるのかあ。。。
あ、お蔭さまで看護士サンからの申込もありました。
まあ、唐突な発作ってのも、まずないとは思ってますけど。(でも時々あるし。。。)

まだまだ募集中です。
多ければ多いなりに、少なければ少ないなりに、なんとかしちゃうつもりでいます。
そうやって、15年間、つくしんぼを転がしてきましたし。(^^;


23時55分と0時5分にクリックして頂くと、2日分です。(^o^)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.06

上映14日目。。。

上映14日目。。。

本日、知り合いのお通夜がありまして、4回目の上映を不在にしてました。
このタイミングでいらしてくださった方、スミセマン。m(__)m

今日は日曜日ということもあるのでしょうけど、コンスタントに来場者が増えてきてくれています。
しかも、リピーターの方がとっても多い!!

私って、1回観た映画は2回観ないし、1度読んだ本は2度読まないタイプの奴なんです。だから、リピーターの方が大勢いるってことが、どうにも不思議で、なんかとってもすごいことのように感じてています。
しかも、リピーターの方は必ずお連れサン同伴なのです。これって、やっぱすごいです。
監督には悪いんですけど、正直言ってずっと不安でした。
伝わるんだろうか???
自閉症の家族の方には間違いなく伝わると自信はありました。でも、自閉症のことをまったく知らない人たちに、何かを感じ貰うことが出来るのだろうか。。。
1週目の平日の最終の上映で、監督と二人でロビーにいて、「このまんま二人で映画観ようか…」なんて日もありました。ぎりぎりに飛び込んで来てくれるお客さんが神様のように見えました。(^^;
宣伝費がないという現実に押しつぶされそうでした。

ずっと劇場にへばりついていて、明らかに雰囲気が変わってきているのを感じます。
自閉症のことなんて全然知らないまま、どこでこの映画のことを知ったのかわからないけど、「映画」として観にきてくれてる方が確実に増えてきています。
机の上に置いてあるヒロキの遺影写真を見て、「何でこんな写真がここにあるの?」なんて言う人や、「ふーん、この映画って原作があるんだ」なんて言う人がいます。
ヒロキのためにつくった映画が、ヒロキと私の手を離れ、一本立ちしていく感覚は、淋しいけど嬉しいです。

映画って、エンデングのテロップが流れると、お客さんが一斉に立ち上がる作品が多いんですよね。
でも、ぼくうみでは、そういう人、ほとんどいません。
すぐに立てない、って言ってくれる人、多いです。

すぐに立ったら損です。エンディングテロップの後に、オマケ(?)がついてるゆえ。
そこまで観ないと、この映画は完結しません。(^o^)v

月曜は休みだけどクリックを。m(__)m


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.09.05

上映13日目。。。

2回目の上映会時、お一人様お預かりいたしました。
ハジメ君です。

劇場内に入るも、まずはホール内の探検。
映画の始まりのタイミングで椅子に座るも、3分持たず。。。
私がロビーに連れ出して、まずはクレヨンを出してお絵描き。それに飽きるとホール探検。隅から隅まで走り回って、ガラスにへばりつきます。(^o^)
ぼちぼちホール内も飽きた頃に、外出。高速エレベーターでTOP OF EBIS 39F 展望レストラン街へ。あちこちの店に入りたがるの阻止しつつ、隅から隅まで探索。景色を眺めているのか、単にガラスにへばりついているだけなのか、知っているのは当人のみ。。。

そこも飽きた頃に、1Fへ。今度はエスカレーターで4Fまで上がると、そこは小さな事務所がたくさん並んでいて、縦横無尽に廊下が繋がっていて、興味津々。右へ左へ走る走る。追っかけているうちに、どこにいるのかわからなくなってしまう始末。まるでドラクエの洞窟探索状態。で、唐突に疲れたのか、いきなりおんぶ。首に貼ってあったピップエレキバンを全部剥がされました。(^^;
中央広場へ出ると、水が流れていて、入りたがったけど、それは阻止。
そして、やった!! マクドナルドを発見。
そそくさに店に入り、何か欲しがるかと思いきや、幼児用の椅子によじのぼって座り、待ちのポーズ。いつもこうやってると、母チャンがマックを運んで来てくれるってことね。(^o^)
何か買おうと思ったけど、映画終了5分前。残念でした、あとで母チャンと姉チャンと一緒に来てください。連れ出しても怒ることなく、素直なもんでした。

私がホールに常駐している意味、はじめてあったような。。。(^^;

目標、28日連続1位ゲット。(^o^)v



| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.09.04

上映12日目。。。

今日で折り返し地点。あっという間に2週間が過ぎました。
朝の上映開始前から上映終了までいるのがさすがにしんどくて、ここのところ朝は1回目の上映終了までに到着するように、夜は4回目の上映が始まった直後に帰らせて貰ってます。
これで家に帰ってから作業する時間に余裕が出来て、睡眠時間も増やせて、体の方は結構ラクになりました。なんせ寝ないと血圧が上がる体質なもので。(; ;)
映画と映画の合間の3回の時間帯にさえいれば、全員の方と顔合わせる機会も出来る、ということで。。。(^^;

観客数は……少しずつ増えてきている感じでちょっとホッとしてます。口コミがジワジワ広がってきてくれているのかなあ。。。

中日を過ぎ、ホール前のロビーの雰囲気をマイナーチェンジしました。
本庄高士さんの描いた海の絵をお借りし、展示しています。

ヒロキの絵も持ってって飾ろうかな。。。(^^;

2週間継続1位です。(^o^)v


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.03

イベント告知&ボランティア急募

9/13(日)の1回目の上映(10:30~)において、『親子で一緒に「ぼくうみ」を観よう!!』のイベントが決定しました。(写美サン、感謝です)

「ぼくうみは観たいけど、障害児がいるからロードショーでの鑑賞を諦めていた」という親御さん、特にお母さんたちのためのスペシャルイベントです。(オヤジでもかまいません)
一般ロードショーでのこのような企画、日本初のイベントかも。(^o^)v

この日は、障害をもつお子さんがホール内で多少声を出したりしてもお互いさま。クヨクヨしないで大丈夫です。同時入場の一般のお客さんには、入場の際に事前告知をし、了承して頂きますのでご安心ください。
お子さんがホール内にいることが我慢できなくなった場合、ボラさんと一緒にホールを出て、写美の建物外へと散歩に出て頂きます。(美術館内には他のイベントのお客さんもいるため)。親御さんは引き続き映画をご鑑賞ください。
自閉症以外の障害の方でももちろんOKです。
ホール内は真っ暗になるので最初から無理、というお子さんでも、30人のボランティアで預れる体制を整えて対応したいと考えています。ガーデンプレイス内のセンター広場は公園みたいだし、すぐ横にはマクドナルドもあるし、1時間半の上映時間ぐらいなら充分時間をつぶせます。

・参加ご希望の方は、私に(山下)までメールでご連絡ください。bokuumi@mbr.nifty.com
 (出来る限りの人数把握をしておきたいと思います)

・なお、この会へのお子さん連れでのご入場は、親子二人で一律2000円とさせて頂きます。
・保育(完全預かりの場合)は親御さんお一人でのご来場の場合に限らせて頂きます。(ご両親&お子さんでいらっしゃられた場合は、保育対象外とさせて頂きます)
・マクドナルド等での飲食代は別途負担お願いいたします。
・写真美術館内での飲食は一切禁止となっています。
・当日、衣服の上から名札代わりのガムテープを貼らせて頂きます。
 (名札をご持参いただいても構いません)
・当日、お子さんに症状、特徴等を簡単にまとめたメモ等をご持参ください。
・車でのご来場でも大丈夫です。ガーデンプレイスの地下に広い駐車場があります。(駐車料金~30分毎300円。高さ2.1m以上のお車は、少し離れた場所にある駐車場となります)
・その他、質問等もメールでご連絡ください。bokuumi@mbr.nifty.com
(実行委員会への電話、FAX等での質問にはお答えできません)


このイベント開催に伴い、当日の保育ボランティア(30名)を急募します。
学校や幼稚園の先生、保育士さん、大学生等々、障害児介護の経験者ならどなたでも構いません。看護師さんもいてくださったら嬉しいです。(^^;
予算がないので、交通費・謝礼等は出せませんが、その代わり、ぼくうみの招待券を1枚プレゼントさせて頂きます。m(__)m

・ボランティア参加希望の方も私(山下)までメールでご連絡ください。bokuumi@mbr.nifty.com

※このイベントに関しての告知は、ネット上のみで行なわせて頂いています。
※この記事は転載はフリーとさせて頂きます。口コミだけが頼りです。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上映11日目。。。

本日発売の月刊「シナリオ」10月号に、ぼくうみの撮影用シナリオが掲載されています。
表紙がぼくうみの写真でなく、小西真奈美さんなので、ちょっと残念。(^^;

「シナリオ」誌は私、脚本家を志した18歳の時からずっと講読しています。
いや、シナリオ作家協会に入会してからは送られてきてたんだった。(^^;
あの頃から、いつか自分の作品を掲載していたいと思いつつ……夢のまんま終わるんだろうなと思ってました。
30年も経って、本当に掲載して貰えるなんて。。。

脚本に興味おありの方、専門誌なので書店注文になるかも知れないですけど、よろしかったらどうぞ。
私と監督へのインタビュー記事(というか、ほとんどウラ話ばっかり)のおまけつきです。(^o^)v

よろしく。。。(^^;


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.09.02

上映10日目。。。

友情出演(声の出演)してくれた声優の津久井教生サン。予定では夜だけだった「津久井×山下のでこぼこトーク」に朝1回目から連続4回ご登壇してくださいました。
彼の説明は、「津久井教生」という本名より、「NHKのニャンちゅうの声の声優」といった方がわかりやすいかも。
ミニイベントは、そのタイトルの名の通り、呆れるほどのデコボコさ。喋るのが商売の津久井クンと喋るの超苦手な私のツーショットとなれば、そりゃもう彼の一方的なトークショー。私に口をはさむ隙間なんてありません。本来なら私が喋らなければ内容を、彼が全部喋ってくれるので、とってもラクです。(^^;
彼とは日大芸術学部放送学科時代の同級生。学科内に友人が全然いない者同志、という情けない理由で、仲良くなった(?)奴です。
ぼくうみ映画には、企画当初からいろいろ応援してくれていました。

霊感的なものが鋭い彼曰。
「お婆チャンはこのホールにしっかり来てるみたいだけど、ヒロキ君は、うーん、来てるんだか来てないんだか。散歩でもしてて、ときどき立ち寄ってるって感じかなあ」
なーるほど、自閉は向こう行っちゃっても自閉のまんまなのね。。。(^o^)

上映の間には、DSの通信でドラクエのキャラを交換している変なオヤジ二人組。。。

ちなみにウチの場合。。。
長男ヒロキがニャンちゅうのファンだったけど、次男はしまじろうのファンでした。(^^;

おっと、1位継続に黄色信号。。。m(__)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.01

上映9日目。。。

今日から9月。台風は休館日のうちに過ぎ去ってくれました。(^o^)v
そういえば、今日は映画の日。
東京都写真美術館は一般の映画館とは違うので、映画の日の割引とは関係ありません。ゆえに、本日は他の映画の方が1000円で安かったりするわけで。。。
そのせい、というわけでもないでしょうけど、天気はよいものの、なんか閑散とした1日。映画館だけでなく、ガーデンプレイス全体に人が少ない感じでした。

ガーデンプレイス入口近くにある「スムーチ」というフルーツシェイクの店で、毎日違ったドリンクを注文し、ネットに繋ぐのが日課になっています。

店員さんもお客さんも女性ばかりの店に、怪しいオヤジが毎日一人でやって来てはノートPC開いていて……さすがに顔覚えられてしまったようで。。。今日はじめて、ちょこっと自己紹介してしまいました。(^^;

さあ、新学期。給食ももうすぐ始まる。。。
子どもが学校に行っている間にやってくるお母さんたちに期待してましょ。(^o^)

クリックしてから劇場へ。(^o^)v


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »