« 19回目の誕生日(桜通信18) | トップページ | 名古屋でのロードショーが決まりました »

2009.10.04

自主上映会レポート(1)

ちゃんと営業せにゃと思い、ロードショーの2週間前あたりからずっと連載状態。ブログ書くこと自体にかなり疲れ気味だったので、しばし休ませて貰いました。
おかげさまで、PCの画面に向かう時間も減り、肩&首の激痛もなくなり、ピップエレキバンもあんまり使わなくて済むようになりました。(^^;

が、ぼちぼち再開です。

お待たせいたしました。
本日より、ぼくうみ自主上映会がスタートです。
私は、呼ばれれば日本全国どこへでも“ドサ回り”させて頂く所存です。(^o^)v

というわけで、本日の会場は、千葉県館山市。ぼくうみを撮影した三浦半島から、東京湾を挟んで反対側のあたり。
企画して頂いたのはNPO法人「ふぁっとえばー」さん。
自宅からは、横浜横須賀道路で30分、久里浜港からフェリー金谷港まで30分、さらに最近出来たばかりの有料道路で30分。2時間程度で着いてしまいました。思いっきり近いです。学生時代は大学所有の館山のセミナーハウスまで、東京湾ぐるり一周でたっぷり半日はかかっていたはずなのに。。。

とってもいい天気。これはまあ、ヒロキのおかげかな。
最初の上映会行きが東京湾フェリー利用ってのも、これもまたヒロキが決めたことなのかも知れません。
ヒロキは船に乗るがやたら好きで、すぐ「おふね!!」と言い出すので、横浜まで行ってシーバスに乗るか、久里浜港まで行って車は駐車場に停め、意味もなくフェリーで往復したもんです。だから、一番行きたい場所を選んだのかも。(^o^)

上映会には、80人近くの方が集まってくださいました。
ふぁっとえばーさんも、素敵なパンフレットまでつくってくれて、とっても頑張ってくださっていたのですけど。。。
ただ……スミマセン、ちょっととんでもない上映会となってしまいました。
プロジェクターが、2台あったんですけど、その両方ともがまともに作動しない。おまけに、ビスタサイズの投影が出来ない。。。(; ;)
とにかくもう焦りまくり状態で、私の講演なんてボロボロ。45分予定を早々に15分で切り上げさせて貰い、あとはもうオンボロ機材とひたすら格闘。。。
私の非力なノートパソコンを無理やり繋いで、なんとか最後まで上映はしたものの、わざわざいらして頂いた皆さんに、なんと言っていいのやら。。。m(__)m
最後に市長の挨拶があって、平謝りしてましたけど。。。
行政職員は貸出機材の点検ぐらいちゃんとしとけっちゅーの!! (-_-)

はるばる海を渡って最初の自主上映会に足を運んでくださった方もいたようで……本当にスミマセンでした。
神奈川県側でも、「うらり」のホールとかでちゃんと上映会をやるつもりでいますので。m(__)m

もう少しちゃんとした写真載せたかったんですけど。。。
ほんと、精神的にヘロヘロで、上映会のときにまったく余裕がなく、写真撮ることをすっかり忘れてしまっていました。

ま、初回から反省材料満載。、今後の自主上映会でもいろんなハプニングがありそうで、ちょっと恐かったりもしています。(^^;

|

« 19回目の誕生日(桜通信18) | トップページ | 名古屋でのロードショーが決まりました »

コメント

お疲れさまでした。
久里浜から金谷のフェリー、ちょっといいですよね~note
亡母の故郷が横須賀だったので思い出深いビジョンです。
ご自愛の上、全国行脚、頑張って下さい。

投稿: 脚本家S | 2009.10.05 23:21

自主上映会、第1回目。
色々、ハプニングもあって、大変でしたね。お疲れさまです。

千葉県の館山は、私も学生時代(高校の時)部活の夏合宿でお世話になりました。
海に向かって、発声練習(笑)。波の音でほとんど、聞こえない状態。もう、うん十年も前の話です。私は、フェリーに乗って東京湾渡った記憶がありますが。昔話は、この辺にしておきましょう。(^~^ゞ

今度の10日(土)は、青森と茨城で自主上映会ありますが、私は、(100㎞以上距離ありますが)一応隣県にあたる茨城の東海村に行って来ます。
秋野太作さんのトークショーもあり、応援も兼ねて行って来ます。(^_^)v

これから、どんどん自主上映会始まり、全国各地回られる様になり、体も大変になってくると思います。北~南まで、日本全国、気候、気温の差も激しいですので、どうぞ、体調崩されませぬように、気をつけて全国行脚頑張って下さいませ。

投稿: さとう まさみ | 2009.10.05 23:29

はじめまして。ミクシィの方から来ました。
先日の上映会に参りました者でございます。
わざわざ遠くまでいらして頂いたのに、あんな事になってしまい、市民としてお詫び申し上げます。
私は後ろの方の席に陣取っていたので、エンドロールの字が殆ど見えなくて残念でしたが、ちゃんとしたホールでもう一度見たいとつくづく思います。
あんなにひどいのは、多分うちの市だけだと思いますので、どうか気落ちなさらず、全国行脚頑張って下さいね。
心より応援申し上げます、そして、遠方の地までお越し頂きまして本当に有難うございました。

投稿: なかさん | 2009.10.06 16:23

10月4日館山上映会へご来場頂いた皆様へ

 この度は、『ぼくはうみがみたくなりました』の上映を含む、第6回安房からのチャレンジド大会にご来場いただき、誠にありがとうございました。
 その際、映写機材の不整備から満足な状態で上映できなかったことをお詫び申し上げます。本来であれば映画としてのクオリティをもって鑑賞して頂くべきところ、映像も音響もとりあえずストーリーが追えるという程度の環境になってしまいました。会場には山下さんをお迎えして、講演に続いて上映する予定でしたが、講演どころではなく、映写準備に山下さんのお手を煩わせせる状態になってしまいました。
貴重なお時間を割いてお出かけ下さった方、ご遠方から映画を楽しみに駆けつけて下さった方、ご来場下さった皆様、大変申し訳ありませんでした。また、山下さんはじめ、映画の製作に携わった皆様にも、心からお詫び申し上げます。
私共、NPOふぁっとえばーは、「障がいのある人も、共に働き・共に生きる社会を」を合言葉に、障がい者の就労を目的として活動しています。毎年大会し、講演やパネルディスカッション等を行ってきました。今回も障がい者理解に繋げたいという思いから、『ぼくうみ』の上映を企画しました。
 上映後、私共のスタッフから「これでは作品が伝えようとしていることの2割も伝わらない」と悔やむ声があがりました。その一方で来場者の方々から「よかった」「もっと大勢に見せたい」という声もあがりました。ひとえに作品のもつ力だと思います。そこで近日、近隣市での上映会をおこなうべく、準備する運びとなりました。次回は映画作品として上映できるよう環境を整えますので、勝手ながら作品の本当の姿を改めてご鑑賞いただければ幸いです。
 この度、館山会場にご来場頂いた皆様と、山下さんはじめ映画製作関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

2009年10月6日
安房からのチャレンジド大会実行委員会 委員長 秋山 岩生
(NPO法人 ふぁっとえばー)

投稿: 秋山岩生 | 2009.10.06 16:54

色々あって大変でしたが、お疲れ様でした。

当方の自主上映では前日に上映テストを行い、DVDプレーヤー・プロジェクターも予備を用意することにします。

群馬の方から自主上映の照会がありました。所沢市かさいたま市まで来て頂けるということで、有り難いですね。

投稿: SC所沢 村上 | 2009.10.07 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/46403826

この記事へのトラックバック一覧です: 自主上映会レポート(1):

« 19回目の誕生日(桜通信18) | トップページ | 名古屋でのロードショーが決まりました »