« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009.12.31

2009年の終わりに。。。(4)

大晦日になっても、まだやたら忙しいです。一体いつから休んでいないんだろう???
無理やり仕事納めとか考えるのも面倒臭いので、今年はもう正月休み一切なしで仕事することにしました。
その方が、気が抜けて風邪ひくこともないだろうし。(^o^)

こんなに忙しいのは20代のバブルの頃の脚本家時代以来って感じかな。。。
あの頃は、製作側が正月休みたいからと、必ず休み明けに原稿締切日を持ってくるので、正月もゴールデンウィークもまったくありませんでした。駆け出しライターだし、断ると仕事が来ないような気がして、全部引き受けてしまっていました。
ただ、あの頃は、脚本のことだけ考えていればいいので、気楽でした。
今は、事務やら経理やら、ほとんどの仕事が苦手な作業ばかり。おまけに健忘症もひどくなっていて、ミスの繰り返しで時間ばっかが経ってしまい、やたらイライラ。。。

でも、こんな忙しさは今年だけのはず。映画の上映が一段落すれば、元のマイペース状態に戻るはず。だから、愚痴は一人でいるときに独り言だけで、人前ではノホホンとするようにしています。(^^;

私にとって、正月なんてめでたくもなんともありません。
誕生日の祝うようになったんだから、数えの年を使わなくなった今、正月は特にめでたくないはずなのになあ。まあ、日本文化にいちいち文句つけても仕方ないですけど。

他人は他人。自分は自分。ただ、世間の動きに無理やり自分を合わせる気は全然ないです。
母がいなくなったけど、喪中の葉書も出していません。
出す暇なんて全然なかったのもあるけど、そもそも私は、ヒロキがいなくなった年以来、年賀状という季節の行事からリタイアしてしまっているので。。。

生きていれば、翌年はまた来ます。ただそれだけのことであり、新年なんて私にしてみれば、それ以上でもそれ以下でもありません。正月はただ、箱根駅伝をTVで観るための時期っていう程度にしか思っていません。
もっとも今年は、横に小さなテレビ置いて、ずっと仕事してるつもりでけど。(^^;

なにはともあれ、もうすぐ今年もおしまいでーす。おわりでーす。またこんど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.30

2009年の終わりに。。。(3)

「ぼくうみ」を書いた頃は、自閉症業界(ってのがあるのかな?)での常識は、自閉症=カナー型でした。
アスペルガー型の話題が表面に出始めたのは、ほんとここ数年のことです。
“発達障害者支援法”が施行され、“特別支援教育”という単語が目立ち始めた言葉がた頃から、時代がどんどん変わってきたような。。。

なので、「ぼくうみ」ではアスペルガーに関して、ほとんど触れていません。園長先生がちょこっと説明している程度です。

以前、戸部さんの「光とともに…」がTVドラマ化された頃、ネット上にはよく「こんなの極端なのは自閉症じゃない。こんな子が自閉症なんて言われると、ウチの子が自閉症じゃないって思われてしまうから困る!!」みたいな発言がありました。
今はほとんどありません。重度は重度、軽度は軽度、ってことが認知されてきているからだと思います。
「ぼくうみ」も、軽度の親御さんがたくさん観てくれています。で、結構褒めて貰っています。いや、もしかしたら、不満の声が私の耳まで届かないだけだったりして。(^^;

内山登紀夫先生が私に言うんです。
「レインボーおやじはアスペだから」って。
専門家に言われてしまうってことは、診断を受けてしまったのと一緒なのかな。
まあ、その気があることは自覚していますけど。
今の診断基準に照らし合わせると、たしかにそうなのかも。。。
積極奇異型のなれの果て、ってタイプなのかも。。。(^o^)

でも私の場合、生活上で困っていることはありません。だからアスペ気質は持っているんだろうけど、障害とは言えないレベルだよなと思っています。
最近は、アスペ気質を逆利用する小技も少しずつ身につけ始めているし。。。(^^;

少し時間に余裕が持てるようになったら、今度はアスペルガーあたりの話を小説に書いてみたいなって思っています。
友人になったみなさん、その際には取材にご協力をば。。。m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.12.29

2009年の終わりに。。。(2)

目立つことはあんまり好きじゃないんだけど、でも目立たないとカンパ金は増えないし。。。
かといって、目立ち過ぎると“出る杭”は打たれるし。。。

ずっと抱えていた不安、今はまったくありません。
本当に映画が出来るのだろうか? 漠然とした、でも押しつぶされそうになる不安。。。
とにかくホッとしています。借金はそれなりに残っているけど、映画製作のうえで今後増えることもないし、上映会を積み重ねていければ、着実に減らしていけるものだし。。。
まだまだ体は忙しいけど、心の余裕を少しずつ取り戻せているような気がしています。

映画は映画として。。。
今年の一番の変化は、母親がいなくなったこと。
父親の耳が聴こえないこともあり、家の仕事を母親と二人三脚で切り回してきていました。
で、家業の仕事を株式会社を立ち上げて移行した途端、ホッとしちゃったのかな、司令塔だった母親は、あっけなくヒロキの元へ行ってしまいました。
私は、稼業&つくしんぼ&映画、で、仕事が三倍。よくまあ倒れないでやってこれたものです。
一番迷惑をかけたのは、つくしんぼの職員二人だったかな。。。

母親がいなくなってから、私は極力愚痴を言うのをやめています。
愚痴を聞いてくれる相手だった母親がいないから。嫁サンは、私が愚痴るとすぐキレるし。。。(^^;

ふと、周囲に目がいくようになってきています。
で、見えるのは……障害児の親たちです。
みんな、しんどそう。。。

自分には何が出来るんだろう。
そんなことをね、やっぱり考えてしまう今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.28

2009年の終わりに。。。(1)

ヒロキがいなくなって以来、毎年恒例にしていた年末の連続エッセイなんですけど、気がつけば今年もあと4日。。。
特に先週は、6日ぶっ続けの長期ロード。ここ数日間、自宅をは離れている間にたまっていた仕事をひたすら片付けなければならず、ブログにまでなんて到底手の回らない状態。
で、結局、今日になっての一気まとめ書き。。。(^^;

49年生きてきて、年間通じて一番忙しかった1年だったような気がします。
脚本家時代にも、すごく忙しい時期はあったけど、あの頃は脚本のことだけ考えていればよかったからなあ。ずっと気楽でした。

まずは3月に映画の完成。
それを、ヒロキの卒業式のタイミングに合わせての初お披露目上映会。
5月にはウチの母親が突然、脳梗塞でヒロキの方へ行ってしまい。。。
夏はロードショー。秋からは自主上映会。
今年って、一体何日休みが取れたんだろう???
春先から悩まされ続けた右肩から首にかけての痛みも、眼鏡を遠近両用にしてからはずっとラクになってきています。ピップエレキバンも、今はほとんど必要ありません。(^^;

旅なんてほとんどしたことのなかった私が、北へ南へ、行ったり来たり。。。
まあ、こんな波瀾万丈な年は、たぶん死ぬまでに二度とないだろうな。。。

あ、これまた恒例だったブログランキング年越し1位ゲットは……もはや手遅れ。。。
映画が完成し、ロードショーも出来たわけだし、もういいや。(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.12.23

自主上映会レポート(19)

新幹線は……大阪下車。
いつも通過ばっかの大阪の土地をはじめて歩きました。

通天閣、のぼってしまいました。(^^;

串カツとドテ焼きとタコ焼き、食いました。(^o^)v

と、まあ、大阪見物はその程度で、目的地は大阪のずっと南の方。
河内長野市にある千代田高等学校。大阪私学教職員組合企画の、冬の教育研究会内での上映会です。

映画の後は、分科会。
東京生まれ東京育ちの私としては、小中高と公立だったし、私立の高校って今いちピンと来なかったんですけど、地方は私立の高校の方が圧倒的に多いんですね。しかも大阪は、府立の学校を減らそうとしているとのこと。公立の学校の先生の場合は公務員なので、クビになることなんて普通ならまずないのですけど、私立の場合は、生徒が少ないと即先生解雇。大変な環境のなかで頑張っている先生たちの話を聞かせて頂きました。

夜はモツ鍋の会。研修会内で忘年会までやっちゃうパワーは、さすが大阪人??? (^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.22

自主上映会レポート(18)

福島から帰宅後、今度は羽田へ。飛行機で大分へ。。。

先週に引き続き、大学の授業内で取り上げて頂きました。大分県立芸術文化短期大学での上映会です。
パソコン通信時代のFEDHAN(障害児教育フォーラム)での十数年来の友人であるお母チャン。大分特別支援教育室フリーリーのカボスワインさんが、情報コミュニケーション学科の吉良教授を紹介してくれて、今回の上映会が決まりました。

大学1~2年生っていうことは、考えてみればヒロキと同級生たちなんだよなあ。。。
この年代になると、にっかつロマンポルノってなんなのか、全然知らないんだよなあ。。。
ポルノ=ポルノグラフィティーだったりするんだもん。(^o^)

昼食には老舗の店で鳥天おごって頂いたのに、その写真を鳥忘れ、いや、撮り忘れ。。。
早々に特急(名前がわからない)に乗り込み。。。

辿り着いた小倉の駅で、携帯が鳴り。。。
お久しぶりの大塚ちひろさんのマネージャーさんからでした。
そういえば、大塚さんは夏のヴァンパイヤの舞台、帝国劇場に引き続きで小倉公演があって、結局一度も恵比寿に来て貰えなかったんだよなあ。で、今は逆の場所にいたりする。何だか変なタイミングだよなあって、苦笑。。。
そんな小倉の街の風景を暫し眺めてから。。。

新幹線に乗って東へ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.20

自主上映会レポート(17)

今年一番の看破襲来。日本海側は大雪。福島県も中部~北部は雪、雪、雪。。。
栃木と福島の県境も、高速道路には雪はなかったものの、パーキングエリアでの景色は完全に雪景色。。。

週末は高速代が1000円なので、名古屋に引き続き車で来てみたものの、チェーンなんか巻くの面倒臭いよなあ……なんて思っていたのですが。。。
上映会場のある須賀川市は、福島県内でも南の端の方。いざとなれば、やっぱり晴天。
雪前線が到達しなかったのは、やっぱりヒロキパワーなのかも。(^o^)v

会場は須賀川市総合福祉センター。
なぜかウルトラマンが建物内のあちこちで頑張っていました。
福祉とウルトラマンとの関係は……不明です。(^^;

上映は午前・午後の二回。来年4月にロードショーが決まっている福島市の方からも、はるばる駆けつけてくださった方が大勢いました。
(このブログではすっかり常連のさとうさん、とか…ね)

ボランティアさんは少数精鋭。私のこと「お父チャン」なんて呼ぶので、私のお母チャンと間違われてしまった方もいたりして。。。(^o^)

企画してくださったのは、自閉症児のお父ちゃんの佐々木さん。今回の上映会のために、大きな手術を年明けまで延期して頑張って下さった方です。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.12.16

自主上映会レポート(16)

白百合女子大です。
ウチの嫁サンの中学時代の同級生であるまっちゃん先生が、11月に授業中に1年生対象に上映してくれて。。。
そのときに映画を観た学生たちの授業、2限・3限の2コマも受け持たされてしまいました。
もうかなり前のこと、大妻女子大で内山先生の授業内で喋ったときはボロボロだったっけ。
それに比べたら、合計200人を超える女子大生相手に3時間の講義。
いやあ、出世したもんです。←意味不明(^o^)

で、4時限目に、今回は全学生対象の上映会を企画してくれました。
写真は……ロクなの撮れてません。
下手に写真なんか撮ってると、怪しいオヤジに思われそうで。。。(^^;

キャンパス内にでっかいツリーとかあったりして。。。
ウチらの時代の大学とは全然違う。。。
あ、女子大だからなのかも。。。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.13

自主上映会レポート(15)

横浜での夜の部の上映会部の挨拶の直後、すぐ近くの新横浜から新幹線移動。。。
日曜日は岡山県での上映会でした。神戸・姫路・岡山と、こちらの方面の方々にはチョコチョコ呼んで頂いてます。(^^;
場所は、赤磐市立中央公民館ホール。正面の駐車場ではバザーや模擬店も開催中。

地元のマスコットゆるキャラ(名前を聞き忘れました→「ももっち」クンだそうです)もご登場。(^o^)

福祉フェアとしての上映会です。作業所紹介をはじめ、障害体験、視覚障害者スポーツ体験、幻聴疑似体験、ADHD疑似体験なども企画されていました。

ステージのオープニングは、あすなろ太鼓のみなさん。

企画してくださったのは、NPO法人岡山県自閉症児を育てる会。
代表のお母サンのとは初対面でしたけど、父チャンのトチタロさんとは、FEDHAN(パソコン通信)時代からの15年来の知り合いだったりしています。(^o^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.12.12

自主上映会レポート(14)

土曜日は、横浜ラポールでの上映会。

すぐお隣が日産スタジアム。横浜マリノスの本拠地。私の場合はサッカーでなく、サザンのコンサートを観に入った場所です。(^^;

横浜ラポールは、福祉総合施設。特にスポーツの施設が充実しています。

企画してくださったのは、横浜の福祉業界の名物先生(?)の瀧澤さんです。

宣伝しているのは、ぶどう社の本ではなく、花風社の新刊本だったりしてます。(^o^)
もちろん、新春1/9からの横浜・ジャック&ベティでの上映会のことも、思いっきり宣伝して頂きました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.11

自主上映会レポート(13)

木曜からは上映会の4連チャン。
まずは東京は三多摩、府中市での上映会は2日連続。場所は府中駅前にある府中グリーンプラザのけやきホール。
企画してくださったのは、社会福祉法人あけぼの福祉会の後援会。一昨年のきょうされん東京都全国大会の運営のときにスタッフとしてお会いした顔ぶれが大勢。。。(^o^)

作業所関係の上映会となれば、入口には当然の如く自主製品等の展示会なわけで。。。

本も売らせて頂いたのですけど、隣で売っていたパンの方が圧倒的に人気ありました。(^o^)

で、2日目。
ついにジンクスが途切れ、思いっきり土砂降りの1日でした。
ま、雨無し記録が続き過ぎると、今後の上映会企画の方々にプレッシャーをかけてしまうので、あけぼのさんにババ引いて貰えてよかったかも。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.12.03

つながり映画祭

主催・きょうされん。渋谷アップリンクでの福祉関係の映画を集めた9日間連続の映画祭で、ぼくうみも上映して頂きました。それも話題作なので4日と11日の2回も!! (^o^)v
ちょこっと挨拶もさせて頂きました。

写真を取り損ねたので、チラシの表紙で誤魔化してみたりして。(^^;

企画されたのは中橋プロデューサー。ぼくうみの劇中映画としてお借りした障害者バスケットの映画「ウィニングパス」、去年のきょうされん映画「ふるさとをください」、古くはアニメ「どんぐりの家」もプロデュースされています。実は、ぼくうみの映画化を考えていたとき……まだヒロキが生きていた頃ですけど……最初に相談させて頂いたのが中橋さんでした。。。

私はというと……スミマセン、途中退席させて頂きました。
地元でのまちされんの忘年会があったので。。。(^^;

ビンゴの景品に、特大アンパンマンのアンパンなんかもあったりしました。(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.12.01

自主上映会レポート(12)

で、上映会3連チャン。。。
地元・町田での上映会です。企画は、町田作業所連絡会。
1日4回上映。恵比寿のとき同様、超ハードなタイムスケジュール。

早めにチラシはつくってはあり、市内全部の小中支援学級&町田の丘学園には配るつもりでいたのですけど、とにかく私に時間がなく、配れたの3分の1以下。。。
それでも、今回もタウンニュースにトップ記事で掲載して貰ったり、市民ホールで開催された「おくりびと」の上映会でチラシを配って貰ったりで、福祉や障害児関係ではない方々に集まって頂けました。(^o^)v

会場は町田市民フォーラム。映画の中で、弟の健二とその同級生の香織が「ウィニングパス」の映画を観ているシーンのロケ現場だったりしてます。(^^;
町田には、この町田市民フォーラムと、市民ホールの2ヶ所ぐらいしか映画上映できる場所がなく……名前が似ているため、今回もまた場所を間違えた方が大勢いました。
ネーミング、なんとかならないもんかなあ。。。(-_-)

入口では、障害者青年学級時代から、ぼくうみの小説出版のときも含め、お世話になりっぱなしの大石洋子サンが受付をやってくださいました。
奥で赤ん坊を抱いているのは、ウチ(つくしんぼ)の職員。自分の子どもではありません。単に保育ってことで。。。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »