« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.30

長期ロード、終了

夏休みの後半、とにかくスケジュール立て込んでおりました。
市内・大地沢(つくしんぼの一泊旅行)→群馬(某教育関係の全国大会参加)→高知(上映会)→横浜(上映会)→八戸(ロードショー)→熊本(上映会)
……と、とにかく移動に次ぐ移動。まるでタイガースの高校野球期間みたい。(^^;
ひたすら体力温存主義で、なんとか倒れないで10日間をクリアしました。

で、また返信出来ていないメールがたまっています。
少しずつ頑張りますので。。。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.22

ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!

……というサイト(ブログ)があります。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
この映画を日本で観たいと、彼のファンたちが頑張っています。
署名(賛同メッセージ)を集めて、今月末には日本の映画興行関係の嘆願書を出したいとのこと。

ジェット・リーは「少林寺」で映画デビューした中国のアクション俳優です。
で、彼がアクションを封印した映画が『海洋天堂』という作品。

ジェット・リー演じる王心誠は水族館に勤務する47歳。
自閉症の22歳になる息子(大福)がいます。
大福が7歳の時に、妻に自殺(事故死?)されて以来、彼は男手ひとつで、大福を育ててきました。でもある日、自分が末期のガンに冒されていると知り、大福がひとりで日常生活を送れるように訓練したり、入所できる施設を探したり……というストーリーとのこと。中国および香港では、かなりの動員を記録しているそうです。

私も、観てみたいです。
ちゃんと日本語字幕が入っているやつで。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.15

お盆にお墓参りに行くの?

ウチの父親は耳が聴こえません。中途失聴者なので、自分からは喋れます。

そんな父親が「墓参りに行くぞ!!」と言い出しました。
私は「何で行くの?」と紙に書いて問い返すと、「車で行く」と。
「そうじゃなくって、行く理由は?」と問うと、「墓参りだから」と。
「どうして?」と問うと、「お盆だから」と。
堂々巡りです。

迎え火を焚いているし、ヒロキやバアちゃんや先祖の皆々様は、実家である我が家に帰って来ているはずです。今日の夜には送り火も焚きます。
なのに、なぜお盆に墓参りに行きたがるのでしょうか?

お盆の時期に墓参りに行っても、お墓の中はからっぽです。
お盆前に墓の掃除もしてきたし、お盆の期間に墓参りに行く理由がわかりません。

実家が地方にあり、お盆と正月にしか帰らないというのであれば、本来行くであろう春と秋のお彼岸に行けないので、その代わりに顔出しする、というのなら理解出来ます。
お盆と正月に兄弟が集まっての毎年恒例のイベントだというのならそれも理解出来ます。でも、ウチは親戚が集まったりする家じゃなかったりしてます。

ウチは、墓まで徒歩で10分の距離です。ロッキーの散歩のついでに、しょっちゅう墓には顔出してます。年に何十回も行ってます。花や線香は毎度省略ですけど。(^^;

墓の留守の間に餓鬼に入り込まれないようにするために墓参りに行く、なんてことを言う人もいますが、ウチの寺では8月1日に毎年お施餓鬼会も開いてます。餓鬼サンたちもそれで納得しているはずです。

何でお盆に墓参りに行くのでしょうか?
理由がないのに、私は行きません。今日は特に暑いし。。。

ムキになって行かないと言って、父親とケンカしてます。(^^;
父親はムッとしてしまい、庭で植木に水をやってます。(^o^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.08.14

DVD発売後の自主上映会についての考察

最近「DVD発売後に自主上映会を企画しても大丈夫でしょうか?」という質問をよく受けます。
結論から言いますと……全然大丈夫です。(^o^)
理由は……DVDなんてそんなに沢山売れないからです。(; ;)
上映会来場者数への影響なんて、限りなく皆無です。

今はとにかくDVDやCDが売れない時代とのことで、初版プレスはたぶん2000枚です。
(そのうち1000枚はぼくうみ実行委員会が買い取りです)
で、ウィキペディアで調べたところ、日本の市区町村数は2000以上あります。
ということは、平均すると1つの自治体で買ってくれる人、1人にも満たないという計算になります。ね? 数のうちに入らないでしょ? (^o^)

ちなみに、これまでに「ぼくうみ」を観てくださった人の総数、全国で2万5000人を超えたばかりです。この数字、多いと思います?
野球やサッカーなんて、一試合で5万人も入ってしまうというのに?

2万5000人が1000円ずつ払ってくれてたとしても、合計額は2500万円です。
一方の製作費は5500万円です。

映画なんてつくったって儲からないこと、わかってくれます? (; ;)

ちなみに、市販のDVDでは自主上映会は出来ません。
ぼくうみに限らず、どんな作品でもダメです。
DVDのパッケージにはどれにも、著作権を保護するべく必ず書いてあるはずです。

「このDVDは、一般家庭内における私的再生の用途に限って販売されています。したがって有償・無償に拘らず権利者の書面による事前の承諾を得ず、貸与・複製・公衆送信・上映会等を行うことを禁止致します」

……って。
そりゃ、コッソリやりゃわかりませんけど。犯罪は犯罪です。
バレたら訴えられます。私がでなく、販売元のDVD会社から。。。

DVD発売後の上映会では、DVDの販売も可能です。
というか、ぜひ売って欲しいです。
これまでの経験上、映画を観終わった直後が一番DVDを買って貰えると思うゆえ。。。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.08.13

盆の入り

ウチの地域は旧盆なので、今日が盆の入りです。

キューリとナスの馬に乗って、ヒロキやバアちゃんたちが帰って来ているらしいのですが。。。
わかりません。なんにも感じません。(^o^)

とりあえず日曜まではノンビリ出来ます。
月曜から超ハードな2週間に突入です。体力持つかなあ。。。(^^;


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.08.12

元気です。(^o^)v

何にも書かないと「やっぱり体調が悪いんですか?」なんて聞かれてしまうのですけど。。。
そんなことないです。ここのとこ、いたって元気です。
血圧も朝から晩までずっと正常値ですし。(^^;

ブログを始めて、早6年以上も経ってます。
始めた理由は……脳梗塞の発作からしばらく経って、その後遺症なのか鬱状態に陥り、自分の寿命はもうそんなに長くないような気がして、いろんなことまとめて書いておいた方がいいような気がして。。。
まさか、ヒロキが自分より先にいなくなっなしまうなんて思いもしてませんでした。
そして、ここが映画の営業用ブログになってしまうなんて思いもしてませんでした。(^o^)

文章を書くのは嫌いじゃないです。嫌いだったら、もの書きなんかになってませんし。
ただ、絵空事書くのは好きなんですけど、自分のこと書くのって実は嫌いだったりしてます。
だから、mixiの日記は結局書かないことにしたし、ツイッターにいたっては何をどう呟いていいのかがわかりません。

ヒロキがいたからいろんなこと書けたんだけど、ヒロキがいなくなった後も映画のこと書けたんだけど、映画が一段落って感じになると、特にもう書くこともなかったりして。。。(^^;
ブログなんかに小出しに何か吐き出してるより、溜めて貯めて、書きたいパワーを震度7分ぐらいにした方が、ぼくうみの続編書くのにはいいのかなあ、と。。。

脚本家気質が抜けず、全体の構成が見えないとどうにも書き出すことが出来ません。なので結局、シナリオ書くときと同様、プロット(あらすじ)づくりから始めてます。

とにかく放電し過ぎてバッテリー上がり状態だから、まずは充電かな、と。。。m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.08.09

安曇野。。。

とにかく上映会をやりたかった土地、安曇野。
理由は……高校時代の恩師がいるから。。。
高校3年間の担任だった恩師・奥山先生は、山歩きと写真が好きで、定年後に奥さんと二人、移り住んでいるのが安曇野なのです。
高齢で足が悪く、もう東京には出て来れないとのこと。となれば、映画を観て貰うためには安曇野で上映会をやるしかありません。

高校時代の担任にこだわる理由は……同志だからです。
15歳の息子を亡くしている同志。。。

3年生のときだから、私たちが17歳のとき。奥山先生は15歳の息子さんを癌で亡くしているのです。クラスメート全員で葬儀にも行きました。
息子さんの死後、先生は何も変わらない感じで担任を務めてくれました。
あの頃はそのことを特に何とも思っていなかったのですけど。。。
今はほんと、すごいなあって思います。
私には出来ません。失った子と同じ世代の生徒たちの相手を平気な顔してするなんて。実際私はしばらくの間つくしんぼを逃げ出していましたし。

安曇野で上映会をやりたい。
で、連絡をとったのが安曇野在住の南十字星さん(パソコン通信時代のハンドル名)。当然、障がい児の父親です。
二つ返事で承諾してくれました。
が、去年、娘さんが亡くなってしまいました。15歳でした。。。

今回、NPO法人KUMOIの細野さんが上映会を企画してくださったことに感謝してます。
熱中症状態で伺ってスミマセンでした。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.08.01

自主上映会レポートダイジェスト(1)

6/29 東京都町田市。主催 鶴川シオン幼稚園。於 鶴川教会。


7/3 東京都北区。主催 北区社会福祉協議会。於 北区立赤羽会館。


7/4 新潟県新潟市。主催 新潟県通所施設に利用者を持つ保護者の集い実行委員会。於 新津地域交流センター。


7/9 神奈川県横浜市 主催 NPO法人グリーンママ。於 緑区地域子育て支援拠点いっぽ。


7/23 長野県池田町。主催 池田町/社会福祉法人信濃の郷。於 創造館。


7/24 長野県安曇野市。主催 NPO法人KUMOI。於 碌山公園研成ホール。


7/25 長野県須坂市。主催 須坂ぼくうみ上映実行委員会。於 須坂市中央公民館ホール。


7/31 岐阜県可児市。主催 NPO法人自立を支援する会そら。於 可児市文化創造センターaLa。

※ 呼んで頂いていたのに伺えなかった上映会企画の方々、伺ったものの体調不良でフラフラだった上映会企画の方々、いろいろご迷惑をおかけしました。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »