« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.27

一喜一憂

日々、一喜一憂です。

→被災地絡みのニュース
→フクシマの動向
→大震災以降、すっかり途絶えている映画上映希望の連絡
→自分はさしおいて、親友の体調
→その日の自分の体重
→浪人中の次男の調子
→一日に書けた原稿の分量
→株価
→超意外な人からの久しぶりの連絡

まあ、俗物ゆえ。>自分: (^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.26

「江」を観ていて。。。

ふと思う。大河のギャラって???
視聴率低迷っていったって、震災の影響大なわけだし。
敦姫で一回思いっきり当ててるしなあ。
1年で50話。1本ウン百万単位だろうしなあ。

あかん。ゴーイングマイウェイに徹してないと、書きたいモン書けなくなる。。。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.22

体重計

体重計を買ってきました。写真のヤツです。世界最薄。厚さ15mmしかないヤツ。薄い方がヤセられそうで。(^o^)
毎朝ちゃんと体重計って、その数値をカレンダーにつけてます。で、それで痩せられたのも今は昔。。。
今まで使ってたヤツは、重心を前の方にかけるのと後ろの方にかけるのとで、2kg近く値が違うのでムカついてました。まあ、安くてボロいヤツだったし。。。

でも、よくよく考えてみると、深く考えなくても、体重計が新しくなろうが計測表示にミスがあろうが、要は自分のあり過ぎる体重に問題があるわけで。。。(; ;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.06.19

「2:8」の理論

唐突に、意味不明なこと言ってますけど。。。m(__)m
世の中結局「2:8」なんだ、ってのが、私の理論だったりしてます。

ソバは二八そばが一番美味いとか言われます。
そば粉が8割でうどん粉が2割のそばが、そば粉100%より実は美味しい、とのこと。
本当かどうか知りません。(^^;

行政の役所も、国だろうが都だろうが市だろうが、使える人間は2割で窓際が8割。それで充分世の中は転がるんです。実際。

昨日の土曜日、自閉症協会のシンポジウムに行ってきました。場所は霞が関。本当は4/2にあったものが、震災があり、延期になっていたものです。
内容的にも、“災害と自閉症”みたいな感じになってました。正直、テーマ的にすごく重かったです。
東北の津波被害を受けた地域で生き残れた人は2割の方だという現実が重いです。
去年のシンポジウムは“自閉症と映画”みたいな感じの企画でした。今年と比べるといたってノンキだったというか幸せだったというか。。。

その終了後、重たい気分を引きずりつつ渋谷まで戻って、ぼくうみ映画に友情出演してくれた津久井教生クン企画のライブに顔出しました。
21プロデュースの若手声優のためのライブ。津久井クンはニャンちゅうetc.の声優ですけど、私と同期の50歳でもあるわけで、声優としてはもはや先生的な存在。声優として世に出たいと思う若者達を育てる立場の奴で。。。
脚本の三井秀樹クンが後輩(後輩だけど私と比較にならないぐらいの売れっ子)ゆえ、たまには顔出したいなあって思っていたライブ。。。
内容的には、すっごく面白かったです。場違いな場所にいるなあっていう思いは最後まで拭えませんでしたけど。(^^;
登場するのは、ウチの息子とほぼ同年齢の子たち。生き残るために懸命な声優のタマゴたち。なんかみんな、若くてイキがよくて。。。
声優として生き残れるのなんて、それこそ2割以下だとは思いつつ、そんなこと言うのはタブー。。。

ブログに書けることも、実のとこ、2割程度のことなのかなって思ってます。
あとの8割は、今のネット上になんか絶対に書けない。ヤバいから。
ゆえに、書くネタがどうにも限定されてしまう。。。

体も季節の変化に慣れてきたのか、ここのとこ調子いいです。
一年のうち2割は倒れて寝込んでる自分だけど、ようやく8割側に入れたような感じ。
このまま秋までは持ちそうです。たぶん。
夏バテの季節に、また倒れる覚悟は今からしてますが。。。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.14

新しいステップワゴン

つくしんぼに2代目ステップワゴンがきました。

色が地味です。。。

これまでのステップワゴンはこちら


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.13

ゴレン先生???

「放課後連・東京」の学習集会がありました。
つくしんぼも都内の放課後活動施設の連絡会の学習会です。
放課後連東京の20周年の今年、都の補助金体系も大きく変わりそうな危機的状況の下、「放課後施設の運営がどんなに大変か」を訴えるための劇をやりました。
で、私はなぜか、ゴレン先生、とかいう「???」な役を押しつけられ。。。

あ、私は台本に一切関知してません。
会長の村岡サンが台本書いてます。(^o^)

台本読んで「ゴレンじゃー」とか自己紹介してるので、戦隊ものの「ゴレンジャー」にひっかけてるのかと思ってしまったんですけど。
放課後連→ほうかゴレン→ゴレンじゃー!!
……とのこと。
見た目一番年寄り臭い私が、謎の仙人役のイメージなんだとさ。。。

裏方人生の私が劇で舞台に立つなんて。。。
小学6年の時の学芸会以来だ。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.11

3ヶ月目の有言実行

震災から3ヶ月。
当事者は、3ヶ月ぐらいじゃ心の回復なんてまったく無理です。
ましてや行方不明の家族を探していたりしたら、3日も進んでないのと一緒です。

私は私で、久しぶりにこの1週間、ブログにあれやこれや書いてみましたけど。
何書いてんだか、だんだんどんどんわからなくなってしまいました。m(__)m

1週間前から「ぼくうみ」の続編にあたる作品、書き始めています。
でも、全然進みません。
20行×50文字で5ページ分しか進んでません。
前のぼくうみがこの体裁で出版されてるので、同じ字面で書いてみてます。
本当は15行×40文字程度でページ数稼ぎたいんですけど。
いろいろ制約あるもんで。(^^;

考えてみれば、10年前、ぼくうみの1章分書くのに3ヶ月近くかかったんだっけ。

なにはともあれ、書くって決めたんで、書きます。
駄作になってきたら、ゴミ箱に捨てます。

脚本としてなら一気に書く自信あるんだけど。
小説の技術はド素人レベルだからなあ。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.06.08

生き方が下手なんだよなあ

結局のとこ、生き方が下手なんだよなあ、ってしみじみ思うのです。

でも、じゃあ、生き方が上手い人って誰なんだろう???
総理大臣やってる人?
一流企業で社長やってる人?
メジャーリーグで野球やってる人?

なんかみんな違うような。。。
実は誰もいないような。。。

生き方は下手だけど、運は悪くなかったようには思ってます。
ここまで生きてこれただけでも運がいいのかも。

映画なんて、運がよくなければつくれなかったわけだし。
カンパ金が集まったのはリーマンショックの直前だったし、完成が今年だったら震災の影響で間違いなく借金返済なんて不可能だったろうし。

だから、感謝はしてるのです。
誰に感謝していいかわからないので、とりあえずヒロキに。。。

で、恩返しだけはしたいのです。
ヒロキへの恩返しはある程度できたので、あとは映画を応援してくれた人たちに。
で、自分にできることは、続編を書くことぐらいかなあ、と。。。

出来が悪くてかえって迷惑かけてしまったら、スミマセン。
なんせ生き方、下手なもんで。。。(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.06.07

閑話休題

今日はなんていうか、ちょっと楽しかったりしてます。

次男、昨日府中へ行き、学科に合格し、免許もらってきました。
で、ウチの車の保険がJAで、今までの保険は35歳以上で、それを年齢制限なしに変更したら、倍額支払いになってしまって、なんだかなあと思ったけど。
だけど、保険変更したら、真面目な次男は車乗りたいと言って、私が助手席で、家の近所のドライブ(?)。下手っ糞な運転なのは、若葉マーク1日目だから当たり前のこと。
自分が運転するのより、数百倍疲れる。。。

でも、ヒロキがいなくなって以来、一番楽しかった日だったような気がしてます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.06.06

今、自分に何ができるか

「今、自分に何ができるか……」
大震災以降、よく使われている言葉です。
実際、多くの人が感じていることだから、使われるんだと思います。

で、どうやって生きてっていいかわからない人ほど、今の自分のできることは何かを考えてしまうような気がしています。
自分の生き方のわかっている人は、今の自分のできることをしているはずだから。。。

私の場合、他人のできることは他人に任せ、自分は自分にしかできないことをしたい、と思ってしまう悪い癖(?)のある奴だったりしてます。
つくしんぼの立ち上げも、ぼくうみ映画の製作も、自分にしかできないことだったと思ってます。だから頑張れたんだと思います。

どうやって生きてっていいかわからない今の私は、今の自分に何ができるか? ばかり考えてしまっています。
でも、考えても考えてもどうやって生きていっていいかやっぱりわからないし、体調に問題のある私なんかにできることなんてほとんどないし。。。
だから、テンション低いわけで。。。

とりあえず自分にしかできないことは、ぼくうみの続編を書くこと。
そう思って、つくしんぼの施設長降りて、時間はたっぷりあるのに、やっぱり全然書けずに苛立ってます。
才能ないことぐらい知ってたんですけど……愚かな奴です。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.05

「どうやって生きてっていいのかわからないなあ」

蟹江敬三さんのセリフです。
「19歳の地図」という映画の中でのセリフ。
原作は中上健次。大学浪人中の新聞配達をバイトとする青年の葛藤を描いた作品。私が大学時代に観た映画です。気持ちがドヨーンとなってしまった映画です。
そんな映画を、当時つきあってた女の子と観に行ってしまったバカな私です。…って、そんなことはどーでもいいのですが。。。(^^;

とにかく頭の中に残っているシーンがあります。
シチュエーションの細かいところは全然覚えていないのですけど、蟹江敬三さんがむしゃぶるように蟹を食いながら呟くのです。
「どうやって生きてっていいのかわからないなあ……」

このセリフ。まるで自分のセリフのように感じてきてました。
脚本家を目指していた20代の頃も。。。
結婚した直後の頃も。。。

で、ヒロキの自閉症がわかってから、忘れてました。

で、最近、やっぱり思うのです。
「どうやって生きてっていいのかわからないなあ……」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.04

慰霊祭

普賢岳火砕流の災害から20年とのこと。
計算すると、ヒロキが生まれた直後。次男が生まれる前。
ヒロキが自閉だなんてわかってなかった頃だ。

慰霊祭のニュースを見ていて、ふと思いました。
個人じゃないと慰霊祭ってあるんだなあ、って。

で、思いつくままに調べてしまいました。災害・事故の犠牲者の人数です。

  日航ジャンボ機墜落事故……520名
  雲仙普賢岳火砕流……43名
  阪神淡路大震災……6400名強
  明石花火歩道橋事故……11名
  福知山線脱線事故……107名

今回の震災は死者・行方不明者を合わせると20000人以上。。。
戦後最大だよなあ、やっぱり。戦争は、私は経験してないけど。。。

ここのとこ時間がたっぷりあるので、いろんなこと考えてしまいます。

不慮の災害、不慮の事故。病気とかとは違う突然の身内の死。
残された側の人間に多かれ少なかれ残るPTSD的症状。

ヒロキって、やっぱ幸せだったんだなあって思うのです。あのとき、ヒロキ一人だけだったから。
みんなに思われて、葬式には1000人以上も来てくれて、ヒロキのための本も出版できて、香典代わりのようにカンパ金集まって映画もつくれたわけだし。

大勢のなかの一人って、辛いと思う。家族にとってみれば、唯一無二の存在だから。

慰霊祭よりよっぽど幸せだよなあ、って。なにより、親である私が幸せだよなあ、って。
だから自分レベルの奴は、やっぱり頑張らなきゃって思うのです。
ぼちぼちと、が精一杯だけど。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »