« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.26

教育新聞の記事

教育新聞の記事を依頼され…2回目です…今回は一面の「円卓」というコーナーの記事なんですけど。。。
いろんな人が毎回エッセイ風に書いているコーナーなんですけど、みんな同じような偉そうなことばっか書いていて、どうにも面白くない。

そんなわけで、私はついついイタズラ心。。。(^o^)v

で、掲載紙を送って頂いたのですが……あれ? 「円卓」には別の人の文章が。。。
号数間違えて送ってきたのかな???

よく見たら、最後のページに「つぶやき」なんていう意味不明のコーナーとして載ってました。
しかも横書き。せっかく円卓」に合わせて文字数(縦書き1行10文字)で視覚効果狙ったのに、これじゃ意味ないじゃん。
エッセイの体裁じゃないし、真面目な学校関係読者を怒らせてしまう危険性もあり……編集長にボツにされ、かといって載せないわけにもいかないゆえの苦し紛れ???

というわけで、以下、掲載記事です。

発達障がい?

「いかない」
「え?」
「がっこう」
「どうして?」
「どうしても」
「理由を教えて」
「おしえたくない」
「教えてちょうだい」
「いやだもん」
「そんなのダメよ」
「いきたくない!」
「行きなさい!」
「いきたくない!」
「行きなさい!」
「ママもいじめる」
「誰を?」
「ぼくを」
「も?」
「……」
「いじめられたの?」
「……」
「誰に?」
「……」
「お母さんに教えて」
「……みんなに」
「みんな?」
「……しょうがい」
「そう言われたの?」
「うん」
「発達障がいって?」
「うん」
「誰に?」
「せんせい」
「先生が言ったの?」
「うん」
「先生がみんなに?」
「そう」
「そんな……」
「とくべつだって」
「それで?」
「みんながやさしい」
「ならいいじゃない」
「いやだもん」
「なんで?」
「とくべつはいやだ」
「だから?」
「がっこういかない」
「困ったわね」
「しょうがいって?」
「え?」
「なんなの?」
「うーん……」
「わるいこと?」
「悪くはないわよ」
「みんなとちがう」
「誰が?」
「ぼく」
「違わないわよ」
「みんなできる」
「何が?」
「べんきょう」
「……そうかな」
「ぼくだけできない」
「少しだけね」
「ぜんぜんできない」
「それが悔しいの?」
「うん」
「なら学校やめる?」
「……」
「やめてもいいのよ」
「いやだ!」
「何で?」
「ともだちがほしい」
「そっか」
「ともだちがいない」
「お母さんがいるわ」
「ともだちじゃない」
「……」
「なおる?」
「え?」
「しょうがい」
「うーん」
「ずっとなの?」
「どうかなあ」
「バカヤロー!」
「……ごめんね」
「もういいよ」
「今日は休もうね」
「いいの?」
「日曜日だったわ」


うーむ、やっぱり「円卓」には載せられないわな。
次に書いてくれる人がいなくなる。。。(^o^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.09.25

お彼岸

ヒロキの誕生日はお彼岸の最中でして。。。
墓参りのタイミングと一緒になってしまいます。

小さな墓石の方の前に、なぜか1本 ケイトウの花が伸びて咲いてます。やたら元気なのが妙に可笑しいです。(^o^)

ヒロキの墓は、つくしんぼから徒歩5分です。(^o^)v > えっくんママ


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.09.24

21回目の誕生日(桜通信26)

今日はヒロキの21回目の誕生日です。
実感は……まったくありません。何年経っても15歳のままだし。。。

イベントはなんにもしません。
生きていた頃とまったく同じ、誕生日の夕飯がケンタッキー。それだけです。

もし生きていて21歳だったら、というのが、想像の範囲外なんです。

15歳のときはカッコよかったけど、超食欲旺盛なヒロキでした。
あれから5年半。超デブになって成人病と格闘してたかも。。。

ちなみに私は、あの頃も今も体重、全然変わってません。
まあ、デブのまんまなだけですけど。(^^;

ヒロキ桜も、生き残っている2本の桜を前にして、次第に薪になっていきます。
私は面倒だから放置。解体作業はウチのジイちゃんの仕事です。
自分の盆栽の上に桜の木が覆い被さっていて、邪魔で仕方ないみたいです。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.22

桜通信25

植樹したヒロキ桜は5本。
それぞれ「ひ」の樹、「ろ」の樹、「き」の樹、「で」の樹、「す」の樹、と呼んでいました。
苗木の段階での元気強さは「ひ・ろ・き・で・す」の順番でした。

でも、育ってみると、元気のよさは、「す・で・き・ひ・ろ」の順番になりました。

去年の3月、「で」の樹が強風でポッキリ折れて戦線離脱してしまいました。

そして、今回の台風で、「き」の樹と「す」の樹」が根元から折れてしまいました。

「ひ」の樹も、完全に折れはしてませんが、根の半分が切れ、瀕死の重症状態です。
ロープで引っ張って駐車場の柱に結んで、とりあえずなんとかなるか様子見です。

一番ひ弱だった「ろ」の樹だけが、枝振りが貧弱だったせいか、周囲の木々に守られたのか、風被害の痕跡はないみたいです。

植えてから5年、やっと今年の春あたりから花らしい花をつけてくれるようになり、ようやく花見が出来るようになったっていうのに。。。
豪雨は覚悟してましたけど、風がこんなに強いなんて、想定外。。。
補強ロープ一本で折れずに済んだと思ったところで、あとの祭り。。。
まあ、一番いい頃にポッキリいなくなってしまったヒロキの桜だから。。。

自分でちょっと悲しいのは、少し前まではこういうことがあるとすぐ泣いていた私なのに、今回は全然泣けないことです。
5年も経って元気になったのかなあ……というより。。。
震災とかあって、この程度のことで泣いててどーする、って思えてしまう部分が大きいような気がしてます。

折れた「き」の樹も「す」の樹も、育っていた部分はもうダメですが……その根元には、別の小さな芽が出ています。
こんな↓の感じで。。。

またこいつらが育って、ヒロキ桜は復活します。きっと。。。

折れた桜は幹が15cm程。こいつは絶対、幸運のヒロキ桜です。
木は折れたけど、他に何の被害がなかったのだから。不幸を全部背負ってくれる、ヒロキと一緒の桜です。

欲しい方は連絡ください。電ノコで斬って送ります。
送料ぐらいは私が持ちます。(^o^)v

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.09.18

作家のフリ

ここんとこ、作家のフリして生きてます。
マイペースで「ぼくうみ」の続編を書き綴って楽しんでます。
続編なので、ぶどう社から出版して貰う腹づもり。市毛サンに断られたら、その時はその時。別の作戦考えます。(^^;

朝日新聞の土曜版に浅田次郎さんの記事があって。。。
まだ59歳なんですね。しかも小説家デビューは40歳。遅咲きだったと。
もっとずっと超ベテランの方だと勝手に思ってました。
作家であることを楽しんでる人だなあ。。。

私も私なりに楽しむつもりでいます。流行作家はどうにも無理だけど。
ヒロキが残してくれた時間だから。。。

評価される作品にはならないだろうし、売れる作品にもならないです。たぶん。
でも、ぼくうみファンに喜んで貰える作品にする自信はあります。
今書いてる作品は、それでいいと思ってます。

ヒロキいなくなってから、楽しいことないって何度も言ってきたけど。。。
この4月からつくしんぼと距離置くことできて、時間もたっぷり貰えて……そうしたらいろんなことあって、生きてて楽しいです。(^^;
いなくなってしまったヒロキの分の楽しみ、私が貰うぞ、っと。(^o^)v

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.09.11

9/11と3/11

9/11から10年。3/11から半年。。。
半年違いの11日なので、記憶力の低下している私でも忘れません。。。

みんなわかってることだし、それぞれがそれぞれにそれぞれの思いのある出来事なので、私ごときがわざわざブログ上でコメントするようなこと、特にありません。

3/11の被災地には、4月末に石巻・女川へ行かせて頂きました。
で、今回、9/11の現場であるニューヨークの方にも呼んで貰えそうな運びになってきています。
東海岸でぼくうみ上映会を企画してくださり、招待して貰えそうなのです。
海外なんて、海外の映画祭に出品しなきゃ行けないし、かといって海外への出品にはそれなりの経費がかかるので結局出来ず……それでも海外に行かせて貰えるなんて、ありがたいです。
年明けの1月末あたりになりそうだ、と言われてます。

まだ決定事項じゃないんですけど。。。
ここに書いておけば「やっぱり呼ばない」とは言えないだろうと思い。。。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.09.05

青い花のじゅうたん

アマゾンから、つくしんぼ住所で私宛に、この絵本が送られてきました。
私は買ってません。だってこの本、知らないもん。(^^;
ということは、どなたかがVISAのカードで支払いして、送付先を私にしてくれたということであり。。。

絵本の内容は、一言で言うと、「日照りで飢饉の状況を、一人の女の子が自分の大切な人形を燃やして精霊たちに祈り、みんなを救った」という内容。。。
アメリカの方の原作を、玉川大学の教授をされている方が訳した作品です。
両方の方とも、私は存じあげません。m(__)m
2003年刊行の絵本なので、新刊本でもありません。

たぶんどなたかが私に読んで欲しいって思ってくださったんでしょうけど。
その「どなた」かが全然わかりません。(^o^)

送ってくださった方、ご連絡ください。ここを読んでたら。。。(^^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.09.03

9月は夏バテの季節

今月から来月にかけて、1年のうちで一番嫌いな季節です。
夏バテでブッ倒れる体質なので。
20代の頃からずっと。。。
特に脳梗塞発作で視野真っ暗を経験した以降はますます症状がひどくなり、ひどい年は1ヶ月以上寝たきりになるのが恒例でした。

暑い最中は結構頑張れるのです。高校時代はバドミントンやってて、蒸し風呂みたいな体育館で動き回っていたので、無理してでも動けてしまうのです。
それが、暑さが一段落した頃に、一気にバテます。
復帰するのはたいてい寒さを感じる11月に入ってからっていうのが毎年恒例でした。
去年は熱中症で病院送り寸前も経験したし。。。

が、今年は今のとこ……不思議なくらいに元気です。(^o^)v

もっとも、今年は徹底的な夏バテ対策をしてきました。
一番気をつけたのが「体力的にまいってしまう暑さのなかに1時間以上いない」です。もう、他人になんと思われようが、傍若無人なくらい無理はしませんでした。
4月につくしんぼの職員辞めているので、夏休みの活動中にうだるような暑さのつくしんぼにいる必要がない。これが一番大きいような気がしてます。

それと「暑さを感じる環境のなかで寝ない」です。
深夜電力使用のエアコンは、日中の節電とは関係ないですし。
寒かったらフトンかけて寝るぐらいに、徹底的に暑さを遠ざけてきました。

他のことは特にしてません。
術後の痛みで、8月はほんと、じっとしてるだけだったし。
涼しいところで。。。(^^;

このまんま夏バテ知らずに秋を迎えられたら、それこそ20代前半以来かも知れない。
となれば、他人にゃわからないだろうけど、私個人には劇的な出来事。。。

えーい、このまんまとっとと早く寒くなれーっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »