« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011.10.25

エリック・バーン

最近耳にして、やたら気に入ってしまった名言があります。

「自分と未来は変えられる。他人と過去は変えられない。」

私、全然知らなかったんですけど、かなり有名な言葉なんですね。
検索で調べたら、エリック・バーンという人の言葉。
カナダの精神科医で、心理学者でもある人ってありました。

>Transactional Analysisを略してTAと言う。TAとは,精神科医Eric Berne(1910-1970)が創始した一つのパーソナリティ理論であり,個人が成長し変化するためのシステマティックな心理療法の一つである。

ふーん。。。
細かいこと、何にも知らない。> 自分
人間の心理には興味あるけど、学問としての興味ってあんまりないので。(^^;

他人と過去は変えられない。。。

そりゃそうだ。
過去の後悔はいっぱいあるけど、変わりっこないし。
ましてや、ヘタに他人を変られたりしたら、麻原彰晃みたいでアブない。(^^;

自分と未来は変えられる。。。

50歳過ぎて、そう思わないとやってられないわけで。(^^;
未来の振れ幅、どんどん狭くなっているからなあ。

つくしんぼの施設長やめて、直接的には何にもしていないにもかかわらず……やっぱり時間が足りません。

集中したいんだけどなあ。なんか焦ってる。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.10.21

映画「うまれる」

田中美佐子の高齢出産のTVドラマの方ではありません。
ドキュメンタリー映画の方の「うまれる」です。
毎度、映画の説明は省略です。詳細はこちらのホームページをどうぞ。(^o^)

今日、「うまれる」の豪田トモ監督と牛山朋子プロデューサーがつくしんぼにいらっしゃってくださいました。
きょうされんの仕事で、日本各地の福祉施設で働くメンバーたちのドキュメンタリーなども撮ってる方たちなので、つくしんぼを見て貰った方がいいかなと。

今後の自主上映会展開に際して、ぼくうみの自主上映会に関して話を聞きたいから、とのことでした。
でも、私の場合、ぼくうみ自主上映に関しては何の営業もしてないんです。宣伝したのは、恵比寿でのロードショーまでで、その後の流れはすべてが口コミ。自主上映会営業用のチラシはつくったものの、ネット経由でたくさんの申し込みを頂き、結局チラシは配らずじまい。。。
そんなわけで、せっかくいらして頂いたにもかかわらず、私の話はひたすら雑談。。。(^^;

お二人は監督とプロデューサーでもあるけど、夫婦でもあるんです。しかも、お二人子どもはまだ1歳ちょっと。要するに、実のとこは家内製手工業映画。(^^)
自分たちの子どもが生まれるタイミングで、「うまれる」と企画動かしてたなんて、なんかちょっと出来すぎのような。。。(^o^)

HPを覗かせて貰うと……実際のとこは公開された劇場数も自主上映申込の数も「ぼくうみ」なんかより圧倒的なんですけどね。
だからますます私が偉そうに話すことなんてないわけで。(^^;

ウチら障害児の親たちには、出産の頃の話はちょっとキツイですけど。。。
あんま振り返りたくないことだから。。。

私なんか「ぼくうみ」で逆も経験してます。
出産間近のお母サンに「自閉症の映画なんて観ない。縁起悪いから」とか直接言われたし。
ムカついたけどね。
オメーの子だって障害児である確率ゼロじゃねーんだよ、って。
ま、直接は言いませんでしたけど。(^^;

全国各地で上映会、現在進行形ですので、ぜひどうぞ。(^o^)v
詳細スケジュールはこちらで。
私は……上映会用のDVD借りて観させていただきました。スミマセン。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.10.17

全都道府県制覇! (^o^)v

先週末、栃木県自閉症協会主催のぼくうみ上映会に行ってきました。
これで、ついに、目標だった「上映会の全都道府県制覇」達成です。(^o^)v
あ、スミマセン。ホームページの日本地図は取り外してしまっているので、もう見ることは出来ません。m(__)m

映画の後の対談は、梅永雄二先生と。FEDHAN仲間には「Mac&Hurryさん」と言った方がわかりやすいかな。20年来の知り合いなのはずなのに、初対面。。。(^o^)

写真は…ないです。カメラ忘れたので。(^^;
携帯で撮れることも忘れてました。(~~~)
 ↓
あとで送って貰いました。
飲み会のあとの集合写真。(^o^)

で、ちょっと感動してしまったのは。。。
梅永先生たちは、鹿沼自動車学校さんと組んで、自閉症の方たちの免許取得を応援していたことです。
そんなこと、本当にやってる人たちがいたなんて。。。

だって、私、ぼくうみの続編で淳一クンに免許取らそうとしていて、実際にはそんなの無茶だと思っていたのですから。。。(^o^)

あ、ヒロキがまたやってくれた、って思いました。
こうやって、ヒロキはいつもいつも次に繋げてくれるんです。

鹿沼自動車教習所さんへの取材はお願いしてきました。
実際に教習所に通った青年のオヤジにもお会いしました。飲み会の席で。(^o^)
栃木って、今まで日光だけにしか行ったことなかったけど……これからちょくちょく通うことになりそうです。m(__)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.10.14

中古DVDレンタル100円

観たかったけど観損なっていた作品、3枚借りてきました。都合税込み300円。
「おっぱいバレー」と「のんちゃんのり弁」と「書道ガールズ」。
どれも「ぼくうみ」とほぼ同じ頃にロードショーされた作品です。
特に「のんちゃんのり弁」は、主役が小西真奈美ゆえ、同号掲載の月刊シナリオ10月号の表紙を取られてしまった因縁の作品。(^o^)

まだどれも観てません。昨日の夕方借りてきたばかりなので。
観終わっても、特に感想とか書く気もないです。

レンタル100円、ってことが結構ショックだったりしています。
同時期ロードショーのヤッターマンとか21世紀少年とかも棚に並んでました。どれもこれも見事なくらいにすべて100円です。

百円でカルビーポテトチップスは買えますが、カルビーポテトチップスで百円は買えません。
100円で「ぼくうみ」は借りられません。m(__)m

当初、DVD販売開始と平行して、ぼくうみもレンタル店に並ぶ予定でした。プロダクション側や監督たちは並べたがっていました。評判広がるからって。
私一人が反対してました。
「頭下げてレンタル店なんかに置いて貰う必要なんかない!」ってね。(-_-)

で、今。。。
ヒット作も無名の作品も3年経てば十把ひと絡げでみ~んな100円。

「ぼくうみ」をレンタルなんかに置かなくてよかったです。
震災の影響か、3月以降に途絶えていた上映会希望が、秋にきて増えてきてます。
年明けにはニューヨークにも進出します。
市役所の出張所でパスポートの申請用紙を貰って来ました。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.10.13

秋よ秋。。。(つづきのつづき)

自宅とつくしんぼの庭の風景です。






レインボーおやじもついにヤキが回ったか……とか思われるかも。。。
どうとでも思ってください。(^o^)

で、最後はやっぱこれでしょう。

ブチ折れたヒロキ桜の幹の横でノホホンとしてる、新しい芽。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.10.06

監視。。。

こうやって、夜も2階のベランダから庭を見降ろしているロッキーです。(^o^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.02

秋よ秋。。。(つづき)

小学校の高学年の頃だったかなあ。国語の授業で秋の俳句をつくらされて。
自分自身がどんなモンつくったのかは全然記憶にないんですけど、クラスメートの一人がつくった俳句を鮮明に覚えています。

『あきよあきはたびしいきせつなのです』

「秋よ秋はさびしい季節なのです」……だったんでしょうね。

合計で17文字ぴったりです。
でも、「さ」と「た」を間違っているわ、五七五で区切ると「あきよあき、はたびしいきせ、つなのです」になってしまうわけで。

みんなでよってたかってさんざバカにして笑った記憶があります。
今考えると、いじめだったんだよなあ。。。
今考えると、彼は発達障害だったんだよなあ。。。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011.10.01

秋よ秋。。。

10月です。
ここのとこ、ロッキーの毎朝の散歩を担当しているのですけど。
すごく気持ちいいです。
秋が気持ちいいなんて、知らなかったというか忘れていたというか。。。

秋といえば、夏バテで寝込んでる季節ってのが、私の持ってるイメージであり、毎年の恒例行事でした。
運良く頑張れてる年だって……たとえばロードショーのあった年とか……単に忙し過ぎてのプレッシャーで寝込めなかっただけ。。。
元気でいられる秋なんて、15年以上ぶりです。たぶん。

つくしんぼの斜向かい。彼岸花の向こう側に牛がいなくなって2年になります。

つくしんぼの庭。台風で柿の実が半分以上落ちたけど。。。

ウチの庭。何の花か知らないけど、母親はこのピンクの雑草のような花が好きでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »