« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

2011年のおわりに。。。(10)

ブログ書きたくない病だったにもかかわらず、年末ラストの10日分、なんとかズルズル書くことが出来ました。(^^;

年明けにはニューヨークまで行ってきます。
上映会やってくれるうえに、招待までして頂けたので。私の場合、海外に行くのは新婚旅行のとき以来です。(^o^)

海外には、ぼくうみで行けるかな、とは考えていました。どこかの映画祭に出品して。出来ることならヨーロッパがいいなあ、なんて……。(^^;
でも、無理でした。というか、不可能でした。
海外の映画祭への出品するためには、とんでもない大金積まないとならないなんてこと、知らなかったからです。

海外の○×映画祭で日本の映画が賞を取った、とか、よくニュースで報じられていて、すごいなあと思ったり、羨ましいなあと思ったりしてました。
でも、今は全然思ったりしません。あんなの金で買ってるようなもんだし。
海外の映画祭の受賞作に全然客入らない理由、よくわかりました。(^o^)

そんなことより、自主上映で借金返済完了したぼくうみです。すごい映画です。
監督に、役者たちに、スタッフのみんなに、ほんと感謝してます。
私は準備段階までで、あとはなみんなにつくって貰ったのだから……。

この前電話で、ぼくうみのプロデューサーに「ぼくうみの続編書いてるんだよね。次回作、期待してる」とか、妙に嬉しかったっけ。
でも、何に期待している? 私はもうお金集めは無理です。ヒロキパワーがなければ不可能です。
制作費集めの方は期待してない……よね。(^^;

なにはともあれ小説、来年には絶対書き上げますので。
淳一クンが主人公のぼくうみ以上の作品にするよう、頑張るつもりです。
自信なかったら、自らボツにします……なんて言えるのは、自信あるからなんですけど。(^o^)v

今年は、畑の柚子しぼって、柚子サワー飲みながらの年越しです。
柚子は無料。焼酎は一番安い甲類。炭酸は350mlで40円。とってもお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

2011年のおわりに。。。(9)

今年も残りもいよいよ明日1日。やっと雑用も仕事納め……と思いきや、家業関係の年末締めの経理(思いっきり雑用)の最中、計算がどうにも合わず、またしても脳みそがフリーズ。だから金勘定は嫌いだ。(; ;)

私の日々の仕事は雑用8割、もの書き2割。でも、収入の8割が雑用関係。にもかかわらず、本業がもの書きだなんて……今年もウソつきな私でした。(^o^)

私の場合、書く文章、小説なんかより雑文の方が褒められます。
ちゃんと書く文章より、メールとかの文章の方が褒められます。
この前、「メールだけなら福山みたい」とか言われ、一瞬嬉しかったけど……よく考えてみると、それって一体???
細かいことは、まあいいや。(^^;

若い頃から、年寄り臭いと言われ続けてきた私です。
それが最近、若返った、って言われます。ちょっといい気分です。
ヒロキの事故から6年、映画制作も一段落、つくしんぼの運営も私が直接タッチしなくて済むようになり……解放感からかなあ。
あと、私の場合、髪の毛が全然減らないからかも。(^o^)v

いろんな荷物が軽くなってくれたから、やっとぼくうみの続編書く気になったってことなんだと思います。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.29

2011年のおわりに。。。(8)

あ、昨日のブログ記事にピアノ弾きさんからレスがついてる。(^o^)v
私はここのとこ、もの書くときのテーマが「生きててナンボ」みたいな感じのつもりだけど……。
ピアノ弾きさんからすれば、説得力ないだろうなあ。(^^;

さて、続編の作品でなぜ軽度を主人公にしたのか、なのですが……。
単純だったりしています。
ぼくうみは長男のための作品。
だから、続編は次男のための作品にしたいな、と……。

いろいろあったけど、そのいろいろは書けません。m(__)m

でも、まあ、一浪して、おかげさまで大学に入れて貰うことが出来ました。
東京の大学に通って貰いたかったけど、どうしても心理学を勉強したいらしく、4月からは地方の大学に通うことになります。

一人暮らしなんて、次男に本当に出来るのだろうか? という不安はありますが、当人がその気になっているので、これはもう放り出して、勝手に頑張って貰うしかありません。(^o^)

また家が広くなります。家を建てたときは、7人家族でした。
それが、婆チャンがいなくなり、ヒロキがいなくなり、母親がいなくなり……今度は次男も生きてはいるものの、家からはいなくなります。
私と嫁と80歳になる父親の3人だけ。半分を切ります。ロッキーもいるけど、犬は犬です。(^o^)

続編のテーマ、やっと見えました。
何で生きているのか? なんてことを考えているうちに、テーマらしきものに遭遇出来ました。
年明けあたりから執筆再開の予定です。毎度、予定は未定だけど。ズルズル書きます。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.12.28

2011年のおわりに。。。(7)

去年の9月24日。ヒロキの20歳の誕生日の時点をタイミングに、映画からもヒロキからもいったん卒業と考えてはいたものの、その後も結局ズルズル……。
ズルズルなのは、次に自分自身、どうやって生きていけばいいのか、何のために生きればいいのか、わからなかったからで……。

もの書きに戻るという大義名分のもとに、4月からつくしんぼの代表を降りたことで、大の苦手だった経理関係の仕事から解放され、ようやく気持ちに余裕が出てきました。

そして、足かけ10年。やっと、って感じです。ぼくうみの続編を書き始めてみました。
方向性がなんとなく見えてきたのが6月。無理はしない。1ヶ月に1章分を書くことを最低ノルマと決め、一気固め書きを得意とする私にしては珍しくマラソン覚悟の超スロースタート……。

5ヶ月。5章分。10月までに全体の3分の1は書きました。
でも、そこでピタッと止まってしまいました。
ストーリーの方向性が見えたから書き始めたものの、テーマが見えてこないんです。
たいていは書いている途中でテーマって見えてくるはずなのに……。

ぼくうみのテーマは最初から決まっていました。
「自閉症を知って貰いたい。自閉症を知って貰うことを通して、ヒロキのことを知って貰いたい」

今回は違います。主人公を重度の自閉症の青年から、軽度ボーダーのアスペルガーの青年に変えてしまったし……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.12.27

2011年のおわりに。。。(6)

「ブログ書きたくない病」というより、「何もかもやめたい病」って言う方が正しいのかも知れません。
いや、「リセットしたい病」と言えるかも知れない。
私は、まっさらの何もないところから、何か始めるのが好きみたいなんです。

ぼくうみ映画の公式HPは早々に閉じさせて頂き、http://bokuumi.com のアドレスはそのまま実行委員会で使わせて貰ってます。
そもそもがロードショー用でしたし、体裁を気にしてサイト制作のプロの方につくって頂いたのはよかったのだけど、思いっきりのフラッシュだらけ。HTMLが精一杯の私にはリンクを張り直しの仕方すらわからない。(^^;
本当は実行委員会のHPもやめちゃおうかなと思ったのですけど、これをなくしたら、自主上映会の申し込みも受け付けられなくなってしまうから、それは出来ない。で、結局ズルズル続けています。

「ズルズル病」でもあるんです。
ヒロキがいなくなって6年経つのにズルズル……。
ブログもズルズル……。
映画もズルズル……。
つくしんぼも代表やめたはずなのに、ズルズル……。

何のために生きている? なんてことを考えてしまうこと自体、ズルズル生きてしまっていることの裏返し……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

2011年のおわりに。。。(5)

秋になった頃からかな。私はすっかり「ブログ書きたくない病」に陥ってしまっていました。
ちょっと体調が下降気味だったこともあったのですが……それは根本的な理由ではありませんでした。体調悪くても、ブログぐらいは書けるもんだし。
書きたくない理由、自分ではわかっていました。
「何のためにブログを書いているのか?」がわからなくなってきていたからです。

私がブロクを書き始めたのは……いつからなんだろう???
ちょっと調べてきてみます。

2004年の5月3日がスタートでした。
うわあ、もう7年半も続けてる……。(^o^)

まあ、いつからか、なんてことはどうでもいいのです。
要は、ブログを始めた理由。私のブログは、開始したのときからずっと、終始一貫して「ヒロキのためのブログ」だったのです。
映画だって、ヒロキのためにつくったのだから、映画の営業にブログを利用していたことだって、ヒロキのためだったわけです。

私は自分の性格からして、「自分のため」になんてブログなんて書かない奴です。
そもそも、日記書くなんて大っ嫌い。思い起こしとかも大っ嫌い。過ぎたことは過ぎたこと。いちいち思い出している暇あったら、次のこと考えていたい……。

でも、なんていうか、ブログをやめる大義名分が見つからない。
私は、始めるにしてもやめるにしても、大義名分が必要な性格で……。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.25

2011年のおわりに。。。(4)

↑はヒロキ(&つくしんぼの子どもたち)制作「毛糸のクリスマツツリー」とロッキー。(^o^)

---

私の答えは、“自分”のために生きる。
そう思いつつ先日、フェイスブックで問いかけてみました。
「あなたは“何のため”に生きていますか?」と……。

返信として書き込んでくださった方々の答えは以下の通りです。

「家族」/「貢献」(人の役に立つこと) /「天命」/「感動」/「必然」/「技術向上」/「愛」/「証明」(生きてきたことの) /「夢」/「息子」/「人」/「希望」/「自分」/「経験」/「道」

具体的なものあり。漠然としたものあり。いろいろで面白かったです。
それぞれの環境、それぞれの思い、それぞれの考え方にによってバラバラなんですよね。

私と同じ「自分」と書いたのは二人。
一人は、津久井教生さん。ぼくうみの映画で友情出演してくれた声優さんです。
もう一人は江原顕さん。横浜市の行政職員さんです。今は市の福祉施設にいらっしゃいます。
んー、私自身との共通項感じる二人だ……。(^o^)

いや待てよ。
私は来年はいっそのこと、「愛」のために生きてみようかな。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.24

2011年のおわりに。。。(3)

元脚本家の私は、ヒロキが自閉とわかり、障害児の放課後活動の場所としてつくしんぼを立ち上げて以来、ずっとヒロキのために生きてきました。
それは、去年までずっと続いていました。
映画製作だって、ヒロキのための最後の仕事だと思ってやってきたのです。

それが、映画がとりあえず一件落着という感じになり、ましてや東日本大震災があり……。
私はこの先、何のために生きていけばいいのだろう???
そんな思いに押しつぶされそうになってしまいました。
なんせ20年近く、ヒロキために生きてきていたわけで……。

とりあえず、もう誰かのためではなく、自分のために生きてみよう、って思うことにしました。

自分のために生きる。
そのために最初にしたことは、つくしんぼの施設長を降りることでした。
そして、はじめたことは、もの書き業に戻って「ぼくうみ」の続編を書くことでした。

ぼくうみ自体は、ヒロキのために書いた作品です。
でも続編は、自分のために書く作品です。

ただ、いつ書き終われることやら……。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.23

2011年のおわりに。。。(2)

不謹慎とは思いつつも、ついつい思ってしまうことがあります。
ヒロキはつくづくタイミングいい奴だったよなあ、って……。

ヒロキは、たった一人であっちの世界に旅立って行きました。
一人だから……みんなに注目して貰えました。
映画の制作カンパ金だって、当初のものは香典みたいなものです。

しばらくして、リーマンショック。世の中の景気が一気に冷え込みました。
でも、おかげさまで、それまでの期間に映画の制作費はかなりの額が集まっていました。
リーマン以降だったら、まず無理だっただろうなと思います。実際、カンパ金は激減しましたし……。

ロードショー後、約2年強の自主上映会を経て、映画の借金は無事完済することが出来ました。
その直後です。東日本大震災が起こったのは……。
震災以降、上映会の申込はパタッと途絶えました。

どうしても思ってしまうのです。もしヒロキが2万人の中の一人だったら……。
震災はものすごい災害でした。
でも、亡くなった方一人一人は、それぞれが2万人分の1ってことになってしまうわけで……。

上映会での講演で、私はずっとヒロキのことばかり喋っていました。
でも、震災以降はうまく喋れなくなってしまいました。
向こうへ行ってしまったのが、ヒロキだけじゃなくなってしまった、という感覚。一瞬のうちに2万人もの人たちがヒロキの後輩になってしまった、という現実。
重かったです。重過ぎました。

これで上映会もおしまい。私もヒロキから卒業かな、と……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.22

2011年のおわりに。。。(1)

つくしんぼのクリスマス会も昨日無事終わり。。。
今年もぼちぼち始めてみます。私のブログの年末恒例、私信的〆ブログ。
ヒロキがいなくなった年に始めているので、今年で6年目。ぼくうみファンの方の中には「これがないとその年が終わらない」なんて言ってくださる方もいたりします。
そうかなあ。全然大したこと書いてないんだけど……。(^^;

で、書き始めるに先立ち、過去5年分の年末ブログを読み返してみました。
2006年→16回、2007年→6回、2008年→16回、2009年→4回、2010年→7回。
今年は今日から始めるので、10日連続になります。たぶん。
ただ今年は、去年までの5年とは違う感じになってしまいそうな予感……。

今年の私に一番私に影響を与えたのは、3/11の東日本大震災だったような気がしてます。

ヒロキがいなくなって以来、私、大勢の人が亡くなる大きな事件や事故や天災、トラウマ的にダメなんです。どうしてもヒロキの事故とリンクしてしまうんです。私の気持ちの滝壺に問答無用にギザギザが流れ込んできて、その結果、精神的にドーンと落ちてしまう……。

3/11の震災では、2万人もの方が命を失いました。
一度に、一瞬のうちに、2万人もの方々がヒロキの後輩になってしまったんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.11

桜通信27

すっかり寒くなりました。
薄氷も張り、霜柱も。。。

折れて幹の根元だけになってしまった「き」の樹の周囲に伸びていた桜の小枝が、少しずつ伸びています。根性あるやつらです。
何本かあるうちのどれかが生き残って、また大きな樹になってくれるといいのですけど。。。

ヒロキ復活っ! (^o^)v

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.12.04

クラウドファンディング?

昨日の朝日新聞夕刊の一面記事を読んでいて。。。
「インターネット上でやりたいことを発表し、賛同してくれた人から少しずつ資金を集められる『クラウドファンディング』というサービスが広がってきた。東日本大震災を景気に、ネット時代の資金集めの新手法として人気を集めている。」とのこと。

クラウドファンディング?
はじめて聞く単語です。(^^;

英語で「群衆=大勢の人々」という意味の「クラウド」と、「基金」を表す「ファンド」をあわせた造語なんだそうです。

前の前のブログ記事の「女川の漁業復興支援」のお願いも、クラウドファンディングなんですね。
それよりなにより、私はクラウドファンディングで映画つくってしまった奴です。(^o^)

朝日の記事にはクラウドファンディングで映画製作費70万円を集めたフリーライターの方の記事が載ってますけど。
私は3500万円ですもん。私の方の記事にしてくれればいいのに。(^o^)v

○○ちゃんの救う会、というかたちで、1億円以上の手術費用のカンパを集めているケースもこれまでに結構ありましたっけ。これもクラウドファンディングですね。

新聞の記事になるほどってことは、かえって怪しい金集めをしてる連中も多いってことじゃないかな、なんても思います。

クラウドファンディングが流行る前に映画完成出来てよかった。。。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »