« 診断までの経緯(1) | トップページ | 診断までの経緯(3) »

2013.05.10

診断までの経緯(2)

今年の春は倒れたけど、去年の春は倒れませんでした。
思い出せば……去年は、次男が徳島の大学に行くことになり、四国への引越やらなんやらの準備とかでテンション高かったし、つくしんぼの法内移行を目前に控えて異様に緊張しまくってもいたし。。。
ストレスだらけだったので、逆に倒れないで済んだような気がします。

実際、ストレス負荷が強い時は、ハイテンション状態というか緊張状態というか、交感神経バリバリ状態になるのか、そういうキツイ時には私は倒れないみたいです。
ヒロキの事故の直後も倒れなかったし、ぼくうみのロードショー直後の嵐のような自主上映会ラッシュの時も倒れませんでした。

ヒロキの事故の直前、実は私、軽い鬱状態だったのです。
でも、事故の当日に思いました。こりゃ鬱になってる場合じゃない、と。
記憶が飛んでしまうくらい、頑張りまくったみたいです。
昔から逆境には強い方だったので、ピンチの時は逆療法的に自分に負荷をかけてしまう性格だったりしてます。
風邪ひいた時に、わざと風呂入って、コタツに潜り込んで、ひたすら汗かきまくるとかして治してしまうタイプでした。(^o^)

その代わり、緊張の糸が切れた瞬間、倍返しのような最悪の状況に陥ることも、今では自覚しています。
だからなるべく自分にストレスを与えないようにって考えてしまうわけで。。。
LOH症候群の一番の原因も、どうやらストレス負荷にあるらしいし。。。

去年の場合、春に倒れなかった分、秋が最悪でした。
夏場に暑さから逃れまくる生活をしていたにもかかわらず、春のストレスの分までプラスされてしまったかの如き状況でした。

|

« 診断までの経緯(1) | トップページ | 診断までの経緯(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/57353660

この記事へのトラックバック一覧です: 診断までの経緯(2):

« 診断までの経緯(1) | トップページ | 診断までの経緯(3) »