« 診断までの経緯(3) | トップページ | 診断までの経緯(5) »

2013.05.14

診断までの経緯(4)

去年の秋は10月に入ってから、寝込んでしまい。。。
記憶も飛んでしまい。。。
酒に泥酔しなくても、記憶は飛ぶもんなんです。(^^;

入っていた予定は、ことごとくキャンセル。とにかく出かけたくない。というか、出かけられるような体調じゃないのです。
ただ、どうしてもサボれずに無理して行ったのは、つくしんぼの土曜クラブでの小田原城。。。

行きの小田急線内では、やっぱり発作が起きて倒れるギリギリ。きつかった。。。
そんなことだけ情けない記憶だけは覚えてます。(; ;)

で、たしか、たぶんその頃だったと思います。
NHKのEテレの今日の健康で、男の更年期障害の特集がありました。
何で知ったのかは覚えてないのですけど、とにかくそれを観て、LOH症候群チェックリストを紹介していて、テレビを観ながら実際にチェックしてみたところ、もうほとんどすべての項目に当てはまっていて。。。

そっか、自分はLOH症候群なんだ。男の更年期なんだ。
そう思うと、体調不良の原因がわかったような気がして、かえって気がラクになりました。
季節の変わり目にやってくる毎度の単なる鬱症状なのかなと思っていたのだけれど、それが男性ホルモン・テストステロン不足が原因だとしたら、これはもう病気なわけで。
病気なら治せるような気がして、さっそくネットで検索してみました。

へえ、メンズヘルス外来ってのが泌尿器科にあるんだ。その時にはじめて知りました。
えーい、とりあえずどこでもいいや。検索でひっかかった新宿のクリニックに電話してみたところ、とにかく予約がいっぱいで2ヶ月待ちとのこと。
うわあ、そんなにいるんだ。男の更年期。テレビで今日の健康を見た仲間のオヤジ達が大挙して予約しているのかも。。。

そのクリニックで電話に出てくれた人が親切で……予約の数が多過ぎるからだとは思うのですけど……急ぐのであればと他のメンズヘルス外来の病院をわざわざ紹介してくれて。。。
片っ端から電話かけて、一番早く診察の予約が出来たのが、帝京大学の泌尿器科でした。
それでも3週間待ち。王子なんて遠くて嫌だなあとか思ったのですけど、とにかく早く診察して貰いたくて。。。

で、待ちに待った3週間後。
片道2時間近くかけて、帝京大学病院へ。10月31日のことでした。

|

« 診断までの経緯(3) | トップページ | 診断までの経緯(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/57377694

この記事へのトラックバック一覧です: 診断までの経緯(4):

« 診断までの経緯(3) | トップページ | 診断までの経緯(5) »