« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.31

2013年のおわりに。。。(14)

正月明けから「つくしんぼ」にベタで復帰することにしました。
「やる」という選択肢の方に決めました。
ヒロキがいなくなって以来、なるべく誰かに任せるようにしていて何もしてきていないので、約8年ぶりです。

その代わり……決めました。
一定の猶予期間をもって、ヒロキのためのつくしんぼを終了したいと思います。

「やる」と「やめる」と、両方を選びました。

このまま続ければ、あと2年でつくしんぼは20年です。
ヒロキと一緒に10年、ヒロキがいなくなってから10年。
20周年まで頑張っようと思ったのですが……もう少し早くなりそうです。

正直、ヒロキがいなくなった直後につくしんぼを閉じなかったことを後悔し続けてきました。
でもそれは、やめさせてくれない理由がヒロキの中にあったからのような気がしてます。
そして今のタイミングでつくしんぼをやめさせてくれるのも、ヒロキの意志を感じています。

とりあえずあと少し、私はつくしんぼを“仕事”としてやってみます。
今までずっと有償ボラだったから、仕事としてやるのは始めてです。(^o^)

(※ 内容を修正しての再アップです)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.12.30

2013年のおわりに。。。(13)

さて、あと2日……。
今年度末は“仕事”というコンセプトで書いてみようと考えてみたのですけど、全然まとまらなかったみたいです。
まあ、毎年のことですけど。(^^;

年末ぎりぎりになって、ちょっとした事件がありました。
それで、痛感したことがあります。

私は、ヒロキがいなくなって、つくしんぼを仕事として続けることがしんどくて、周囲の人のアドバイスもあり、出来るだけつくしんぼの仕事を誰かに任せるという方向でやってきました。

でも、無理でした。
任せても、すぐ戻ってきてしまうのです。

「やる」「やめる」「任せる」の三択で悩んできたことが間違いだったのかも知れません。
つくしんぼをウチの土地でやっている限り、誰かに任せることなんて出来ないのです。
「任せる」は消えました。
残り二つからの二択からの選択になります。

墓掃除に行って、ヒロキとばあちゃんと相談してきて、決めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.29

2013年のおわりに。。。(12)

やっと読み終えることの出来た本があります。
東田直樹君の「あるがままに自閉症です」。

彼自身のブログからの抜粋とのことで、128ページ。1時間もあれば読み終わる分量にもかかわらず、読むのに2週間近くかかりました。

ひとつずつのエピソードがことごとくヒロキの思い出とリンクしてしまい、なかなか読み進まないのです。いろんなこと考えて涙が出てきてしまうのです。

ぼくうみの小説を書いた時、自閉症がこんな感じだったらいいのになあ、とか、ヒロキがこんなだったらいいなあ、なんて思いつつ、淳一君という都合のいい自閉症キャラを創造したつもりだったのですが……。
東田君の本を読んでいると、私が勝手につくった自閉キャラって、実は結構間違っていなかったんだなあって思えるのです。

実は今月始めにも久々に会う機会があったのですが、写真撮れるような場所でもなく……。
ゆえに三年前の写真の再掲をば。(^o^)

16冊も出版していて、作家だよなあ。仕事してるよなあ……。
私は計4冊しかない。仕事してないよなあ……。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.28

2013年のおわりに。。。(11)

「半農半X」というタイトルの本が、今年読んだ本の中で記憶に残っています。
半分が“農業”で、もう半分が“X”(バツではなくエックス)。半分農業しながら、半分好きな事をやろう、という生き方を提唱し、実践されている塩見直紀さんという方の本です。

あ、この生き方いいな、と思って読みました。

「人によって当然Xの部分は様々です。半農半画家でもいいし、半農半翻訳者でもいい、半農半ヘルパーでもOKです。農の部分は決して商売でなくていい。自分と自分の家族が食べられるだけの食があればそれでいい。本当に必要なものを満たす小さな暮らしをして、好きな事をして積極的に社会にかかわって行く、そんな生き方・考え方を意味しています」とのことなのですが……。

私の場合、半分の“農業”はともかくとして、もう半分の“何か”がどうしても見つからない。無理して探そうとして、それがストレスになってる……。

結局、自分にはダメだな、と思いました。

ただ、その本の中に「“ないものねだり”より“あるものさがし”」という言葉があって、これが思い切り印象に残りました。
地域活性化のコンセプトとして、結構言われている言葉らしいのですけど、全然知りませんでした。

あ、この考え方いいな、と思いました。

私はないものねだりばっかりしてるうな気がする……。
ストレスの原因は、ないものねだりかはら始まっているような……。
やりたいことがないなあ、とか、才能ないなあ、とか……。
それより、あるもの組み合わせて納得してた方がいいかなあ……。

そうは思うんだけど、そう簡単には生き方の方向転換出来ないわけで……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.27

2013年のおわりに。。。(10)

男の更年期もどきの53歳。
リタイアするにには、ちと早すぎるような気がして。
何かを始めるには、ちと遅すぎるような気がして。

特に別のことをしなくても、自営の仕事だけやっていれば食うには困らないわけで。
なので、必死になる必要もないわけで。畑仕事だけやっていて問題ないわけで。

自営の仕事の他には、NPOはらっぱの理事長と、映画関係の雑務と。
あとは特にやることもないわけで。
何か道楽があればいいのだけど、悲しいくらいに無趣味だしなあ。
趣味を仕事(収入源)にばっかりしてきた反動なのかも知れません。

NPOはらっぱの理事長を続けている理由は、代わってくれる人がいないから。
理事長としての役員報酬はありません。
施設の管理者と児童発達支援管理責任者と経理と国保連請求は有償ボランティアレベルの薄給でやってます。

次世代を担って貰う人材を育ててこなかったツケです。
もともと他人を育てられるような器じゃないので、無理な話です。

ここのとこ、ちょっとトラブル続きで、いろいろなこと考えています。
頑張ろうにも、春と秋に倒れるような体で何かをすると周囲に迷惑かけるし。

大晦日のブログ書き込みまでに、何か決着出さないとならないかなって思ってます。
でないと、来年もまたズルズルになってしまいそうなので……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.26

2013年のおわりに。。。(9)

仕事してる気がしないのだけれど。
じいちゃん(父親)が動けないゆえ、やらなきゃならない長男の使命感みたいなものに負けて、今年の畑仕事をやっていたと言っても過言ではないような。
ばあちゃん(母親)が生きてれば、稼業も畑も絶対やらなかったんだけどな……。(^^;

農作業、嫌いってわけじゃないのです。
作家根性と一緒で、ものづくり的なことは嫌いじゃない。
でも、張り合いって呼べるレベルじゃない。
ひと山丸ごとの果樹園の経営とかだったら、気合いも入るかも知れませんけど。
所詮、ウチは100坪程度の家庭菜園です。
自分の家で食うぶんしかつくらない。売るわけじゃない。収支決算すれば、間違いなく赤字。1ヶ100円のキャベツつくるのに500円ぐらいかかってる。(^o^)
こんなレベルの農業ごっこ、仕事と思えっていう方が無理です。m(__)m

もうひとつ、今ではやっても全然仕事と思えないもの。
「つくしんぼ」です。

その「つくしんぼ」では本日、一日遅れのクリスマス会でした。
6畳+6畳+8畳=20畳に総勢60名。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.25

2013年のおわりに。。。(8)

学生時代から、脚本家になりたくて。
倉本聡や山田太一のような脚本家に憧れて。
ゴールデンタイム書ける脚本家にはなれなかったけど、自分なりに頑張って、アニメ業界でそれなりに食える脚本家にはなれて。
でも生まれてきたヒロキが自閉症で。
脚本みたいな絵空事書いているのが嫌になって。
それよりヒロキのために何かしたいと思って、つくしんぼという障害児のための放課後活動の施設を始めて。
ヒロキのために「ぼくうみ」という小説書いて。自費出版なんかでなく、出版することも出来て。
ヒロキがいなくなって、「ぼくうみ」という映画をつくって。
母親の急死で、自営の仕事を引き継がざる得なくなり。

仕事、してきたよなあ……。

最後の仕事が終わって、燃え尽き症候群で。
生きがいと思えるような道楽なんて、この先見つかるような気もせず。

50歳過ぎて、一気に体調がおかしくなり。
施設はやってくれる職員に任せ、自営の雑用を転がしつつ、80歳過ぎて急激に老けた父親の代わりにリハビリのつもりで畑作業をはじめてはみたけれど。

定年後のサラリーマンが農業やってて、そんなの本当に生きがいになってるの?
仕事してる気しないし、生きがいにもならないんですけど。

仕事してる気がしないと、精神衛生上もよくないわけで……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.24

2013年のおわりに。。。(7)

でも、なんていうか、やっぱり……。
収入のために頑張るのが仕事とはやっぱり思えず。
生きがいのために頑張るのも仕事とはやっぱり思えず。

じゃあ、仕事って何???

収入のために働くなんて、そんなもんは仕事以下としか思えず。
生きがいのための行為もまた、そんなもんは仕事以下としか思えず。

道楽で食えて、それではじめて“仕事”と言えるのです。

それが、年末のこれをズルズル書きながらなんとなく思えてきた私の結論、みたいなもの、かなあ。
プライド高いよなあ。(^^;

自分の収入にはならなくとも、ぼくうみ映画製作活動は、間違いなく私にとっての“仕事”でした。
父親として、ヒロキのために出来る最後の仕事……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.23

2013年のおわりに。。。(6)

「仕事 = 生きがい」と考えると……私は他人の三倍以上の仕事をしてきたという自負があります。
他人に出来そうもないようなことばかりやってきたと思うから。

自分が障害児の父親だとわかった頃。
周囲にも障害児の父親は何人もいたけど、みんな生活費を稼ぐとかいう労働行為を仕事と称して自分を正当化して実は逃げてる父親達が大多数。

他人と同じなのが大嫌いな私の場合、自分の息子と遊んでいた方がいいや、とか思ってしまい。
でも自分の子と遊んでいるだけじゃ体裁悪いからから、障害児集めて息子を含めて一緒に遊んでいれば、かえってカッコいいかもとか思い。

障害児の放課後の遊び場なんて、そんなレベルの発想ではじめたものでした。

折しもインターネットの創世記。面白がってホームページなどつくってみたところ、それが業界ではどうやら日本初だったみたいで、たちまち有名になってしまい。

金にはならずとも、称賛がある。
脚本書くのと同じ、褒められると嬉しい。
こういうのが楽しいんだよなあ……。(^o^)

誰でも出来ること、誰もがやってることなんて、そんなもんは仕事じゃないわけで……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.22

2013年のおわりに。。。(5)

「仕事 = 収入」と考えると……脚本家として忙しかった数年の間以外、私はろくに仕事をしてなかったことになります。

食えるレベルまでの収入があって、はじめて仕事と言えるわけで。

つくしんぼを立ち上げてはみたものの、最初の2年は無収入。逆に持ち出しで運営してました。
3年目から補助金が貰えるようになったものの、給料として受け取れる収入など、とてもじゃないけど食えるレベルの額なんかじゃない。
年に800万円強の補助金を施設運営費と職員の給料分に振り分けなければならないわけで。施設長が受け取る金額なんて……。
全額持ち逃げしても、脚本家時代の年収にも満たないわけで……。

でも、気にしてませんでした。自虐的に楽しんでました。
仕事なんかじゃなく、有償ボランティアだと割り切ってやってました。

ヒロキのためにやる活動は、仕事でなくて、それこそ道楽でした。
施設の立ち上げはもちろん、維持運営も、福祉の活動のあれこれも、レインボーおやじというハンドル名での活動(?)も、ぼくうみの小説執筆も映画製作も、みんな道楽。(^o^)

ほとんど収入にならないのだから、そんなもんは仕事じゃないわけで……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.21

2013年のおわりに。。。(4)

真面目、というのとは微妙に違うとは思うのですが。
遊ぶのが苦手です。
貧乏性っていうのでしょうか。自転車操業的に仕事をしてないと、不安になってしまう性格みたいです。

でも、今年は何もせず、体調を整えることが一番と割り切るようにして、「リハビリも仕事だ」って思うようにしてきたのですけど……。

そもそも“仕事”って何なの???
そんなことばかり考えるようになってしまいました。

これ、多くの人にとっての難問のようで。
ちょっとネット検索してみたところ、Q&Aのやりとりがあるわあるわ。
就活試験で「あなたにとって仕事とは?」という題材で小論文を書け、なんて会社もあるらしいです。

いろんな書き込みを読んでみたのですが、どこの誰の回答を読んでも、いまいち。
どうにもしっくりこない。
正解はなく、みんな違った思いを持っているってことなのでしょうね。

仕事とは?
ざっくり大きくわけて、次の2つにはなるような気はします。

「収入のため」と「生きがいのため」と。
2つのバランスが、人それぞれなのかなあ、と。

昨日は収入よりも生きがい先行の方たちと忘年会してきました。
みんな本出してて、みんなテレビに登場してる……。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.20

2013年のおわりに。。。(3)

私はたぶん子どもの頃から、どこかに目標を置き、その目標に向かって頑張るっていうのが好きな性格みたいでした。だからいつも、何かしらに向かって自転車操業のように生きてきました。

大学卒業後は脚本家になるために頑張って、ヒロキの自閉症がわかってからは放課後施設づくりに頑張って、ヒロキがいなくなってからは映画製作に頑張って……。

何かに向かって頑張っていると、楽しかったんです。
もちろん諦めたこともたくさんあります。でも、何かを諦めても、別の何か目標となるものが必ずありました。
自分から探さなくても、いつも目の前で何かが待っていてくれました。

ところが今、目の前に何にもありません。
ぼくうみの映画が一段落したら、次に何もないのです。何も見つからないのです。

これはヤバいと、去年あたりから感じ始めていて。
映画が完了してゆえの燃え尽き症候群だから、しばらくしたら復活するだろうと思いきや、全然ダメ。だから無理して、ドキュメンタリー撮るぞと動いてみたり、本書くぞと頑張ってみたりしたのですが……。

年齢のせいか、病気のせいか、どうしても気力が続かない。
頑張ろうとしていても、ふと気づくと、やりたくなくなっている。
で、焦る。自分自身に焦る。
焦るとストレスになる。ストレスがたまって体調が悪くなる。
体調悪くなると、ますます何も出来なくなって、焦って、ストレスになって……。
負のスパイラル、ぐるぐる……。

都合よくいろんなことを諦めるという考え方で、精神的に楽にはなったものの……。
楽になり過ぎたことが、今度は苦痛だったりするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.19

2013年のおわりに。。。(2)

40代前半の脳梗塞の発作から9年、自律神経系はずっとボロボロ状態が続いていました。
今年はさらに、一年を通して体調不良との闘いというか、体調不良克服に向けてのリハビリの積み重ねというか……。
50年以上生きてきて、おそらくは一番地味に暮らした一年だったような気がします。

昨年秋に男性ホルモン欠乏による男の更年期という診断が出て。
体調不良の原因が自分の怠惰ではないことがわかり、こうなったら徹底的にリハビリしてやろうと思ってやってきました。
ストレスが一番の大敵らしいので、ストレスになりそうなことはこの際、全部やめてしまおうと。
あちこちの法人の理事やら、いろんな会の役員やら。すみません、継続はせず、すべて辞退させて頂くことにしました。
17年目も続けてきた「つくつく通信」という施設の通信も、100号の発行を契機に最終回にさせて貰いました。
やめられるものはやめて、新規に頼まれたことは一切断るようにしました。
断って断れることは、私がやらなくても誰かがやれることゆえ……。

結局残りは、自分のところで運営しているNPOの理事長職だけになりました。
これも本当はやめたいのですけど、引き受け手がなかなか見つからなくて……。

特に、“自律神経を整える「あきらめる」健康法”という本を読んで以来、こうなったらもう徹底的にいろんなことを諦めてみてしまうおうと決めました。

去年の暮れ、このブログで宣言したドキュメンタリー映画製作も年度途中で諦めました。
ぼくうみの続編小説の執筆も諦めました。
別件の出版企画もあったのですが、諦めました。

そもそも、物書きであること自体を諦めることにしました。
諦めたら、嬉しいことに、思いっきりストレスが減りました。精神的に楽になれました。
他にも諦めたこと、いろいろあるんですけど。
恥ずかしくて書けなかったりすること、いくつもあったりしてます。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.18

2013年のおわりに。。。(1)

年末に限って真面目にブログ書くようになって8年目。
ヒロキの事故の年からなんとなく続けてきてしまっている年末連続ブログ執筆。
今年はいろんなことを積極的にやめる方向でやってきているので、年末の総括ブログもいっそやめてしまおうかなとか思いつつ、今日から始めてしまうので、今年は2週間、14連戦となる予定。たぶん……。(^o^)

ここ数年、ぼくうみ映画の一段落以降、このアクセス数はどんどん減って、今年の平均アクセス数は全盛期の100分の1以下になっています。
あの頃は1日5万アクセスなんていうとんでもない日まであったし。
って、それは2chで祀られた時のことだけど。(^^;

いいんです。別に。ヒロキのことを書きたくて始めたブログ。
今はなんのために書いているのか自分でもよくわかってないし。

ろくに書かないし。
更新されないブログなんて、見るのも面倒でしょうし。
今はもうためになるようなこと、ほとんど何にも書いてないし。
ヒロキの話も映画の話も自閉の話もしなくなったし。

ブログの時代は過ぎ去っているような気もするし。

mixi、Twitter、Facebook。SNSが楽しいのは、新人類です。
パソ通時代からのネット族である私は旧人類。今の時代に適応出来ていません。
だからネットが面白くない……。

でも年末だけは読むから、と言ったくれる方がいるので、とりあえず書き始めます。
ヒロキがいなくなって以来、年賀状もやめてしまっているし。
その代わりみたいなもんだと思ってください。
友人に向けての内容になると思うので、検索とかで紛れ込んで来てくださった一見サンは、スミマセン、無視させて頂くことになりますが……。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.17

渋柿の枝おろし

なり過ぎるくらいに実がなったものの、渋柿。。。
しっかり二回、干し柿をつくりました。二回目はまだ軒先にぶら下がっています。

で、本格的に寒くなると、木に登るのも嫌になりそうなので、ようやく甘くなってきたのか鳥が実をついばんだりしてはいるものの、えいやっ、枝を全部おろしてしまいました。
高いところはバッサリ。来年以降は手の届くところに実ができるようにしないと、取るのも面倒臭くて、結局こんな感じで無駄になってしまうわけで。。。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013.12.14

柚子酒

花梨に続いて、柚子です。

すだちでもカボスでもなく、ユズです。(^o^)

5ℓのリカービンはいなくなったヒロキのばあちゃんが使っていたもの。裏の倉庫から取り出してきて、洗って使っています。

花梨は不味そうだけど、こっちは美味そう。。。(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.08

エンドウとソラマメ

約1ヶ月前、ポットに蒔いた種から成長した苗を畑に植えました。
これから植えて、冬を越して、春に実になるんだそうです……と他人事のように言う。。。

寒っ。。。

写真の向う側の中央あたりに植わっている細ネギと間引きした水菜。
朝のピザトーストにのせて食べます。
私はナス以来、野菜はなんでもピザトーストにのせてしまう。。。(^^;


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.06

花梨酒

11月中は誤魔化し誤魔化しやってきていたのですけど。。。
12月に入って、体調がかなり上昇してきてます。
そうなると、特にやらなくてもいいこととか、やらないと気が済まなくなってしまうので、気忙しいです。

柿よりも前に枝おろししてあったビワの木の枝、ようやく手をつけ始めました。
細い方は機械を使ってチップ状にして、畑の周囲の植木の根元に全部撒いてしまいました。
こんなもん、以前なら全部燃しちゃえば済んだんだけど。今は市の条例で燃してはいけないことになっているらしく、かといって、いちいちゴミに出すなんていうのはかえって面倒臭くて。。。

それと。。。
庭の木に黄色い実が出来ていて、ポロポロ落ちてくる……花梨。

残り少なくなった最後の実を全部取って、花梨酒として焼酎漬けにしてみました。

梅酒とかと違って、出来てもあんま美味くなさそう。。。
まあ、喉にはいいでしょう。たぶん。(^o^)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.12.02

桜通信(37)

折れた桜の根っこから復活したヒロキ桜の横で、畑作業をしています。

キャベツにハクサイ。。。

カブにダイコン。。。

ブロッコリに細ネギ。。。

ちなみに、折れた桜の枝分かれの部分を家の守り神の如く玄関に飾ってます。

なんとも存在感あるので。。。(^o^)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »