« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.27

彼岸花

ちなみに、右奥のぼろっちい家がつくしんぼの建物です。
いつもの場所にいつものように彼岸花が咲いています。

今年は家の庭にも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.26

ベストセラー

いつもの本屋にいつものNHKテキスト「野菜の時間」を買いに行き、ベストセラー棚を見てビックリしました。
9位に東田直樹クンの新刊「跳びはねる思考」が並んでいるではありませんか。
店内は撮影禁止みたいでも、店の外に出てから撮れば文句なし、と。
(でもボケてしまった)

半沢直樹本と矢作直樹本と、東田直樹クンの本は並んでいます。
直樹ブームなのでしょうか。(^o^)

NHKの力はすごいなあ。
私も、ニュース9オンエアーの直後が映画カンパ金、一番集まりました。m(__)m
でも小説はロクに本屋に置いても貰えなかったよなあ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.25

MRI撮影

昨日のヒロキの誕生日の日のこと。
友人の産婦人科医が、私のために知り合いの脳神経科医の検査を予約してくれました。
日々脳梗塞患者が救急車で運ばれてくる大病院の場合、私程度の症状の患者はほとんど相手にして貰えないので、親切丁寧な先生をお願いしてました。

で、行ってきました。
最新鋭のMRI撮影機を導入したばかりのクリニックです。
開放式で、トンネル内に入らなく済むタイプなので、圧迫感がありません。
ギー! ガンガン! トントン! の音はもちろんありますが。。。。

問診では、これまでの病状経過を伝えました。
その後にMRI撮影。それから診察。

先生は私のMRIの写真を見て、悩んでいる様子。

「何かありますか?」
「いや、ないんです」
「そうですか?」
「10年前に診断受けたというTIAの痕跡がないんです」
「はあ? なぜ?」
「さあ?」
「アルツハイマーとか」
「全然。綺麗なもんです」

ヒロキが誕生日記念に痕跡を消してしまった?
なわけないか。。。

10年前の片目が見えなくなった直後の診断は何だったんだろうという謎は残るものの、とりあえず機能的には問題なしという結論でした。
で、自律神経系は専門外だからと放り出されました。(^^;

ぶっ倒れはするけど、死ぬことはないってことか。。。
うーむ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.09.24

24歳。。。

ヒロキが生きていれば……ですけどね。(^^;

いなくなってから8年半。
誕生日がお彼岸期間なので、私なんかはもう墓参り行く程度のことしかしないのですけど。
ヒロキがいた時代からのつくしんぼの職員は、今でも誕生日やらお盆やら命日にはいろんなものを持って来てくれます。
今年の誕生日はカレーです。
「カレーもういっぱいおしまい」と言ってもおかわりはありません。
ケンタッキーは、ウチの嫁サンが買ってきたものです。
マクドナルドは今年はありません。

ばあちゃんの誕生日はヒロキと4日違いの9/28。どうしてもヒロキのついでになってしまうようで。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.22

親指シフトのノートパソコン

「親指シフト? そんなのあるの?」と興味持たれるのは嬉しいです。
「親指シフト? それ何ですか?」と言われると悲しいです。
「親指シフト? それ何ですか?」とパソコン売り場で専門知識あると胸張ってる店員に言われると腹立たしいです。(^o^)

私が初めてパソコン買ったのは、ウィンドウズ95が発売されたタイミング。
当時は富士通が純正で親指シフトキーボード付のデスクトップパソコンを販売してくれてました。

ノートパソコンが普及したのは、21世紀に入ってからです。
その頃には、富士通は親指シフトを見放していました。
で、親指ノートはアクセスさんという専門店カスタマイズの特注品だけでした。
ゆえに親指ノートは、同じ性能のノートの2倍の値段はします。

技術は勝手にどんどん進み、ノートPCも薄くなり、最新機種モバイルではついに親指シフトのカスタマイズが不可能となってしまったそうです。
その結果、一世代古い機種がモバイル親指シフトノートの最終版となってしまった、とのこと。

映画講演の遠征で、いつも持ち歩いていたノートも買ってから早5年。バッテリーがかなりへたれています。

もう次が買えないとなると知り、焦りました。で、悩んで悩んで悩んだ挙げ句、結局やっぱり買ってしまいました。

私にとっての4代目。Intel Core i7。今使ってるデスクトップより早いです。(^o^)v
既にショップでは受注も完了。今からではもう買えません。

値段は……聞かんでください。
私の唯一の贅沢です。(^^;

体調は一進一退。。。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.21

暑さ寒さも彼岸まで。。。

墓参り。。。
私のばあちゃんと母親と長男ヒロキがいます。
じいちゃんと他の先祖の皆さんもいるけど、会ったことない人達。。。(^^;

最近は、次男と三男ロッキーと、二人と一匹で行くパターンが多いです。
徒歩10分もかからない場所なので、犬の散歩のついで。。。

ヒロキの誕生日は9月24日で、彼岸の最中になります。
ケーキの代わりに花と線香。あんま嬉しくないかなあ。(^o^)
生きていたら24歳です。
で、私の歳は常にヒロキの歳に30を足した数で。。。
なんか数字ばかりが増えていき、それに反比例するのが気力体力。。。(; ;)

暑さはもう要らん。とっとと寒くなれっ!!

体調は一進一退。。。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.09.20

草食系?

男性ホルモンの足りない野郎は草食系?
とかいう話とは関係なく。。。(^^;

ウチの畑にはびこって邪魔臭い草があります。
こんなやつです。

スベリヒユと言うのだそうです。
私はペタンコの雑草と呼んでます。平らに広がるので。。。
「農業においては畑作の害草として知られ、全般的に執拗な雑草として嫌われる傾向にある…」とウィキペデアに書いてあります。

で、こいつ、食えるらしいのです。
で、嫁サンが取ってきました。

で、ネット上でレシピ見つけてつくった和え物がこれ。

梅味をつけたから、味が誤魔化されているような。。。
案外不味くはないです。
でも、ペタンコ雑草だと思うと美味くもないです。

体調は一進一退。。。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.17

秋の気配

いやはや、北海道からの帰還して、もう2週間経ってしまいました。
ぼちぼちと脳のぼんやり感も取れてきました。
ヤバいと感じ始めたのが北海道行きの1週間前ぐらいだったから、またしても絶不調期間3週間での復調ってことになります。
薬は7月の不調時からずっと飲み続けているので、好不調とは関係なし。
飲み続けている最中に倒れることなんて、これまでに一度もなかったので、今回は一体どれぐらいで回復出来るのか戦々恐々としていたのですけど、やっぱり3週間。薬の飲めば3週間で回復すると信じていた私は、単なる自己暗示???

今年の残暑は短いようで、まだ時々30℃に届く日もあるけれど、朝夕は涼しくなり、エアコンかけて体を冷しながら寝ていた季節から、布団かけて体を温めながら寝る季節になってくれました。
いつもの年より1ヶ月早く倒れたのは、早めに訪れた秋の気配のせい???

北海道から帰って来て以来、外出することがトラウマにしまい、徒歩3分の近所のスーパーへの買物すら恐くて行けない状態だったのですが、昨日は一念発起、映画を観てきました。

新劇場版「頭文字D」Legend 1 -覚醒- というアニメ作品。
なんでも車オタクさんたちが峠道でレースする話らしいのですけど、私は原作の漫画を読んだこともなし。テレビアニメになっていたことも知らず。
若い頃はたしかに車とかドライブとか好きだったけど、オッサンになった今は車なんて軽で充分、ゲタ代わり。運転なんか面倒臭いくせして、よくまあ車で四国八十八ヶ所巡礼出来たもんです。
ふと観に行くことにしたのは、脚本担当していてるのが私の唯一の脚本家としての友人だったから。。。

なんか知らんけど、車オタクの専門用語なんか???だったけど、峠で競争して勝った負けただけの話で、それ以上でもそれ以下でもない話で。だから何なの? って言いたくなるような話なんですけど、なぜかムチャクチャ面白かったです。

ヨイショじゃありませんぜ。> 脚本家S氏

ハチロク、ハチロク、言うんで、車に32ビットとかあるのかなと思ったら、トレノ・レビンのエンジンだったんですね。(^o^)

秋の気配の中、少しずつリハビリ開始です。m(__)m

ブログ書きもリハビリ手段のひとつ。。。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.09.02

死の遠征(ロード)

2009年夏のぼくうみ初ロードショーから丸5年経ちました。
もう講演の申込みもないだろうなあと思い、実際全然なかったのですが、春先に一件だけ連絡がありました。「秋頃に美瑛でお願いできますか?」と。

美瑛! 北海道!!

南は沖縄から北は青森まで。ニューヨークにまで呼んで貰えたのに、なぜか津軽海峡だけは渡らせて貰えず。。。
ただ、私にとって秋は体調不良の季節。ドタキャンは申し訳ない。なので、夏場にお願いしました。
にもかかわらず、8/29~9/1の北海道への3泊4日は最悪の旅となってしまいました。

直前の数日、東京はそれまでの35℃からいきなり20℃近くに気温が下がり、夏バテ気味の体に気温差が直撃。7月に倒れていたのだから8月は大丈夫だろうという予想は裏切られ、極度の体調不良状態に。
出発直前まで悩みました。ドタキャンさせて貰うかどうか。。。
でも、3ヶ月も前から飛行機チケット取ってしまってるし、向こうでのレンタカーも予約してしまっているし。。。

今までのパターンからして出発してしまえばなんとかなると信じ、無理して頑張って家を出たものの、ダメでした。
羽田までに2回も電車を降りて休息をとるという絶不調。

なんとか旭川まで飛べたものの、その後に待っているレンタカー運転。美瑛の前日に名寄での上映会も決まったため、自分の運転で80kmの移動の恐怖。
車を動かしてみて愕然としました。とてもじゃないけど運転できるような体調じゃない!!
頭はボワ~ッ。目眩でクラクラ。飲酒運転してもここまでひどくはならないだろう、と思うほどの劣悪な体調。
でも、なんとかして移動せにゃならぬ。エアコンを最強にして冷風を顔に吹きかけ、コンビニがあるたびに休憩を繰り返し、思考停止状態と格闘しつつ、ナビだけを頼りに名寄のホテルに到着。部屋に転がり込んで安定剤飲んだ途端、意識が飛びました。

せっかくの懇親会はドタキャン。翌日の名寄上映会では喋る時以外は横になっている状態。名寄社協の小笠原さん、本当にご迷惑をおかけしました。m(__)m

その後のレンタカー移動なんて絶対無理。で、美瑛から翌日の上映会を企画して頂いた青田さんにいらして頂き、運転をお願いする始末。
美瑛のペンションに到着した途端、またバッタリ。。。

美瑛でも懇親会はキャンセル。翌日の上映会直前はもっと最悪。腫れ上がったような感覚の頭はもう限界。思考も混乱。考えることはただひとつ。このまま東京には帰れないのではないか。。。
それでも看護師さん二人が対応してくれて、なんとか講演を乗り切りました。

帰りの日、おそるおそる車を運転してみると、なんとか講演だけはクリア出来たという安堵感からなのか、自律神経もどうやら大丈夫みたい。
で、ちょっとだけ美瑛散策。

青田さんが代表を務める社会福祉法人ゴーシュの櫓「アトリエ・トムテ」にも立ち寄らせて頂き、陶芸の品物をお土産に買わせて貰いました。

ほんと、青田さんには迷惑かけっぱなしでした。m(__)m
なので、また遊びに行きます。(^^;


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »