« わが家のhistory(3) | トップページ | わが家のhistory(5) »

2016.09.15

わが家のhistory(4)

父親の兄弟姉妹がわが家を出て行く一方で、私の母親がこの家に嫁に入りました。

私の母親は、立川市北部の町の庄屋みたいな家の長女。
見合いの話があって、祖父とこっそり相手の家を観察しに来て、この家ならいいやって思ってOKしたらしいです。

ところが、実はそれ、別の山下サンの家だったとのこと。

あ~あ。
実際に来た家は、超オンボロ家……。

はい、そうです。
「つくしんぼ」がその家です。
現在築70年のボロ家は、60年近く前もボロ家だったのです。
だって、どっかから廃材として貰った材木で建てた家だから。
新築の時からボロだったらしい。(^o^)

母親が嫁にきた頃頃、私の父親、耳は聴こえていたそうです。
それがだんだん聴こえなくなっていったとのこと。
一気に聴こえなくなっていったんじゃないかな。
私、直接父親と話をした記憶がないので。

当時、横浜にある製糖会社に勤めていて、耳に砂糖が入ったのが原因かもと。
父親の同僚が軒並み中途失聴になったらしいので。
明らかな労務災害。でも、その会社はとっととつぶれてしまい、どうすることも出来なかったらしいです。

というわけで、晴れて私は障害者の息子となった次第。。。(^^;

|

« わが家のhistory(3) | トップページ | わが家のhistory(5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/64204344

この記事へのトラックバック一覧です: わが家のhistory(4):

« わが家のhistory(3) | トップページ | わが家のhistory(5) »