« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017.01.30

反論、のようなもの。

勘違いする人がいるからちゃんと言い訳するべきだ、と意見を頂きました。

今さらわざわざ言い訳する気もないけど、私のことよく知らない方に勘違いされるのも嫌なので、最低限の訂正部分のみ反論してみます。

> 自称脚本家の男性Y氏が重度自閉症の息子をモデルに自主製作した映画なんだそう。

モデルは長男ヒロキではありません。
町田市障害者成年学級で出会って成年たちです。
彼らをモデルに小説書いたの、ヒロキがまだ小学生の時でした。

> 全く口の聞けない重度自閉症(知的障害もある)

二語文まではヒロキは喋れました。

> JRから賠償請求されたけど、Y氏は逆にJR側の責任を問う訴訟起こして勝訴。
> JRから数千万の見舞い金をせしめて、
> その見舞い金で映画を製作、資金が足りなくなると全国に募金を募ったり、
> 政府や役所に「障害者映画を作るから」と援助を要請。

訴訟を起こした経験はありません。
見舞金なんか貰ってません。
政府にも役所にも援助は要請してません。

> Y氏は自閉症協会の関東支部幹部だそうでバックに強力な団体がついてるのと、
> 敏腕弁護士揃えてJRを裁判で打ち負かしたそうな。

自閉症協会に関東支部なんてありません。
弁護士に依頼したこともありません。

> Y氏の映画が今年全国ロードショーされるそうで、
> 今のY氏はお金が儲かってウハウハってとこ。

単館ロードショーでした。(^^;
借金だらけでした。(^^;

> 自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」
> NHKで宣伝してたストーリー↓

これ、全然違います。
素人が勝手に話つくるなっちゅーの。(^o^)

> その自閉症映画の公式サイト見たけど、
> 「文部科学省推奨、文化庁助成作品」の看板が掲げられてます。
> つまり我々の血税も資金投入されてるってこと。

文部省も文化庁も、推薦のみ。お金は頂いていません。

> ちなみにY氏は、息子が事故死してから、たった一週間で映画製作を思い立ったそうです。
> 映画制作を思い立ったのは、死後たった4日だそうですよ。

事故の3ヶ月前から映画の企画は立ち上がっていました。

> 息子が生まれてからは障害本の出版してたようだから、
> やっぱり障害ネタで食べてたんだね。

障害ネタって。。。
つくしんぼの運営で食べていたのは事実です。(^o^)

> あの父親も発達障害っぽいよね。
> テレビに出てた時の発言聞いて、ああこの父親はアスペっぽいと思った。

うーむ、否定はしない。。。(^^;

> この人権屋父ちゃん、どんどんホコリが出てきそう。
> 昔から看護婦ネタが好きだったんだね。
> そしてぼくうみ脚本の不自然さはポルノのストーリーの不自然さと…納得w

ロマンポルノの脚本執筆にはブライド持ってます。
昨今のエロビデオと一緒にすんな!

> JRからの見舞い金も出したはずだよ。
> 日本自閉症協会掲示板に山下氏自身がそう書いてたもの。
> 顔文字だらけのウハウハ文体でうれしそうに書いてた。
> その記事は、健常者達からの非難浴びて削除されたけど。
> 私も批判した一人だけど、団体からアク禁にされた。

見舞金は出ていません。
自閉症協会の掲示板に書き込みはしていません。
自閉症協会の掲示板は仕組み上、アク禁処理できません。
自閉症協会全国大会にはぼくうみの作者としてゲスト招待されました。

> 映画館に行かなくても、youtubeにアップされてるし、

予告だけしかアップされていませんでした。

> ツベ見てきた。キモい親父だなー。
> 他の出演者がちゃんとカメラ目線で話してたのに、
> あの親父は目があちこち動いてカメラ見てないのが印象的だったわw

暗記出来なくて、車のバックミラーに貼ったカンペをチラチラ見てました。
自分で見てもキモいです。(^^;

他のところに関しては。
不愉快だし、不服点ばかりですが。
所詮は蛆虫の戯言。私は否定も肯定もしません。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.29

人形供養

一階の天袋を開けると、どこにも人形がしまってありまして。
私と妹の子どもの頃の節句人形と、ヒロキと次男の節句人形。。。

妹の雛人形が出て来ません。
たぶん、つくしんぼに持って行って、それっぱなしのような。。。(^o^)

なにはともあれ。
もう全部要りません。
ぽいぽいぽいぽいぽ~い。

が、ゴミ袋に入れて捨てるのも。。。

で、昨日ネットで調べてみたら、車で15分程の神社で人形供養してくれるとのこと。
年二回。1月と6月の最終日曜日に。。。

明日だ!

ということで、天袋にあった人形を全部引っ張り出し、昨日のうちに持って行きました。
ちゃんと供養代も置いてきました。
ところが。。。

情けないことに「供養代」と書いたまではいいものの。
お金を入れ忘れ、空っぽの袋を置いてきてしまいました。
さすがに恥ずかしいので、今日また行き、人形供養にも出席してきました。

以前は神社の庭でお炊き上げしていたが、今は苦情がくるので出来なくなり、業者に持て行って貰うとのこと。
お炊き上げが見られず、ちょっと残念。。。(^^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.27

やまゆり園の事件とは関係ないけれど。。。

やまゆり園の事件に関連して、気になることがあって検索してたら。。。

久々に見つけてしまいました。
私に対する“罵詈雑言”。(^o^)
2009/10/30~11/10の2ちゃんねるからです。


---以下引用(抜粋)---

クレクレ人権ヤクザで思い出した。
NHKで自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」宣伝をたまたま見たのだけど。
自称脚本家の男性Y氏が重度自閉症の息子をモデルに自主製作した映画なんだそう。

映画製作のいきさつはY氏の息子(15歳)の事故死。
全く口の聞けない重度自閉症(知的障害もある)
重度自閉症息子が一人で散歩に出かけて、勝手に線路に入りこみ電車にはねられ死亡。
JRから賠償請求されたけど、Y氏は逆にJR側の責任を問う訴訟起こして勝訴。
JRから数千万の見舞い金をせしめて、
その見舞い金で映画を製作、資金が足りなくなると全国に募金を募ったり、
政府や役所に「障害者映画を作るから」と援助を要請。

Y氏の言い分
「障害者が線路に入らないように周りに柵を巡らせておけば
息子は線路に入りこまず、
死なずに済んだのにJRはそれを怠ったのでJRに責任がある」
Y氏は自閉症協会の関東支部幹部だそうでバックに強力な団体がついてるのと、
敏腕弁護士揃えてJRを裁判で打ち負かしたそうな。
裁判の顛末がY氏のblogに書いてあったそうだよ。
(2ちゃんで批判続出、お祭り騒ぎ)

検察「何故障害児息子を一人で散歩に行かせたのか?
危険ではないのか?」
Y氏「息子にはGPSを持たせて、行き先を自宅で監視していたから危険ではない。」
検察「監視してるのであれば、息子が線路に向かって行ったとき
何故保護者はすぐに息子の後を追い掛けて阻止しなかったのか?」
Y氏「障害児というのは予測不可能な行動をとる。
線路に入ることも予測出来なかったし、
仮に後を追い掛けても追い付かなかった。
JRが柵さえつけてれば防げた事故だ」

2ちゃん障害板でお祭り騒ぎになったときY氏には、
「JR事故で迷惑被った乗客達に謝れ!」非難が集中してたけど…
自閉症児親達が反論。
「電車の遅延のそれがどうした!
Y氏は大事な息子さんを失ったのだぞ。
子供の命を失うことに比べたら、
電車の遅れなんて屁みたいなもの。
乗客達は生きてるんだから我慢しろ」

そのお祭り騒ぎ見てて、
障害児も障害者親も健常者への迷惑を全く考えてない
自己中クレクレ人権ヤクザと思ったわ。

Y氏の映画が今年全国ロードショーされるそうで、
今のY氏はお金が儲かってウハウハってとこ。
NHKドキュメンタリーのときY妻が
「息子はいつか一人で天国に行っちゃうんじゃないかって、
そんな気が前から何となくしてたんです…」

それってさ、つまりは重度自閉症息子がお荷物だから、
一人で勝手に死んでくれることを暗に願ってたってことでそ?
一人で散歩に行かせたのも、事故死してほしくて
故意に付き添わなかったってのがバレバレなんだよね。
Y夫婦は知能犯

---

自閉症だと体は丈夫だったりするから、
「おいおい、15にもなってピンピンしてるぞどうすんだ」ってなって、
夫婦と団体と顧問弁護士で処分と金儲け両方できる方法考えたんだろうね。
子供を一人でふらつかせて電車に飛び込ませて慰謝料せしめるとかまともな人間には考えつかないw

---

その映画、絶対見ないw

障害者親のクレクレ893って本当にキチガイ、人間のクズだわ。
お前が製造した池沼だろ? お前が責任持てよ!
ましてや出生前検査回避して「どんな子が生まれても育てる」とか言った奴らなら
なおさら自分の金だけで育てて一歩足りとも外に出さないで欲しい。
自殺したとしたって「JRが悪い!」「誰が悪い!」とあちこちに突っかかって
子供が死んで悲嘆に暮れてるとは思えないアグレッシブさと貪欲さw

JRに「柵をつけておけば息子は死ななかった」って言う前に、何で自宅に柵を付けてなかったんだ?
健常児なら、例えば一人歩き始めた乳児が電車に轢かれようと、責められるのは保護責任を怠った母親なり父親なのに。
こういう事件で社会や健常者の受けるダメージは計り知れないから、やはり池沼は「絶対隔離」を義務化すべき。

ちなみにY氏に限らず、池沼を放し飼いにしてればいつか事故に逢う・・・というのは障害者親なら誰でも想定できることだと思うよ。
むしろ「人権」主張して積極的に街に出す運動をして、池沼自ら死んでくれるのを心の底で願っていると思う。
(池沼を積極的に海や山に連れてってる家族を知っているw)
もし死因が対人間・会社なら、「息子が殺された」って大騒ぎで訴えて、池沼を清算できた上に金儲け出来てラッキーw
そういうラッキーしか妄想できなくなるのが、池沼家族。
海で溺れたり、山で崖から落ちて死んだときは海を訴えるの?山を訴えるの?
国に全ての海や山を柵で囲って無いからって訴えるの?

---

自閉症映画「ぼくはうみがみたくなりました」
NHKで宣伝してたストーリー↓

看護学校生の20代女性が車で走行中、
超イケメン青年(16~17歳)を見かけ、声をかけ車に乗せた。
走り出したはいいが、話しかけても青年からは一切返事が無い。
青年は車の窓を開けて顔を出し、サイドミラーに映る自分の顔に興奮して、
アカンベー等の変顔を楽しむ。
高速道路に入り速度が100キロを越えると、
青年はダッシュボードを叩いたり、
上半身を揺らしたりなど興奮状態。
そのうち、旅の途中の見知らぬ老夫婦と偶然出会い、四人での旅行が始まる。
フェリーに乗り込むと、甲板で青年がいきなり奇声をあげて騒ぎ出したが、
老夫婦が青年を抱きかかえてなだめる。
集まってきたやじ馬に、老人が「これは自閉症という障害だから理解して欲しい」と大声で説明。
ここでやっと看護学校生は、青年が自閉症という障害者なのだと知る。
フェリーを降りて食事処に入る。
隣のテーブルの子供のミニカーを自閉症青年が無理矢理奪い取る。
子供の父親「何するんだ、返してくれ」
自閉症青年は断固として返さない。
老人「彼には自閉症という障害があるのです理解して欲しい」
子供の父親「障害者だからって何をしても許されるってもんでもないだろう!
社会のルールが守れないなら外に出すな」
老人「あなたは心の狭い人…」

---

その自閉症映画の公式サイト見たけど、
「文部科学省推奨、文化庁助成作品」の看板が掲げられてます。
つまり我々の血税も資金投入されてるってこと。
JR見舞い金だけでは足りなくなって税金まで使った糞映画。
それをNHKが宣伝して…
納得いかないです。
配役は、自閉症青年には超イケメン俳優を起用するくせに、
おもちゃを返して欲しいと言った父親は人相悪い俳優を起用してDQNに描いて、
まるで健常者は悪者といわんばかり。

それにストーリー展開も無理があり過ぎだと思いません?
全く口をきけないような青年をナンパしたりしますかね?
それにそんな奇行は見るからに障害者でそ。
障害と気がつかない看護学校生って。
それに、見知らぬ未成年者を勝手に連れ回して
旅行になんか行ったら誘拐罪ですよね?
奇行をかばってくれて群集に自閉症を説明してくれるような老夫婦に
そんな運よく遭遇したりしますかね?

障害児親の妄想&願望満載のトンデモ映画ですよね。

ちなみにY氏は、息子が事故死してから、たった一週間で映画製作を思い立ったそうです。

---

有り得ないストーリーも薄気味悪いけれど、
こんな支離滅裂で独り善がりのものを公金使って日本にばら撒くって間違ってる。
日本人は新興宗教には軽蔑の目を向けるけど、このY氏の言ってること&行動は
タチの悪い新興宗教の信者とまったく同類だよ。

告発サイトでも作ったら?
最近は障害児からの被害や不条理にウンザリしてる人増えてるし、
日本もそろそろ障害者と家族を甘やかさずに『普通の人間として』扱ってあげると良いと思う。

---

映画制作を思い立ったのは、死後たった4日だそうですよ。

確かに笑っていればかわいい顔立ちした青年で、親は可愛いと思う部分もあったのかも知れないけれど
(でも死後4日で金儲け考える訳だし、これからが自分の青春だ!って感じ?)
父親のやったことは知的障害者さまの自分勝手、もはや人間の論理じゃないな・・・。
「自閉家族は外出を控えがち」「生きていれば養護学校に進学できた」というけれど、
進学させたかったなら外出を控え、親がガッチリ管理できる状態を作るべきだったのでは?

自閉症って会って10秒もすれば発してる空気が異様だからスグに「アレか」って解かるのに
このストーリーって「自己紹介は?」とか、かなり話が進んだ辺りで「彼、なんか変」とか
しかも看護学生だってよく知らない障害だって設定で。シラケルよ。

原作は東京都町田市の脚本家、山下久仁●さん(48)ってあるけど、
プロの脚本家ならこんなイタイあらすじ考えない気がすんだけど・・・とぐぐったら
案の定他に作品はないようですw  ご職業は何なんでしょうね。
まさか息子さんの年金で生活立ててたから、あぼーん後の仕事として・・・ガクブル

---

山下久○明は、息子が生まれる前は
にっかつポルノ映画の脚本家だったんだって。
ググッたらポルノ作品が出てきた。

息子が生まれてからは障害本の出版してたようだから、
やっぱり障害ネタで食べてたんだね。

あの父親も発達障害っぽいよね。
テレビに出てた時の発言聞いて、ああこの父親はアスペっぽいと思った。

---

ネットてのは残酷だなぁ。
ぐぐったらこういうのが出てきたよ。

山下久仁明
脚本
1986.03.08 女医肉奴隷  にっかつ
1988.01.09 いけにえ天使  にっかつ
1991.04.21 セーラー服TATOO (V)  ビップ
1992.05.29 もう[ハート]ぎりぎり (V)  ココナッツボーイ・ブロジェクト
1992.07.24 新・ピンクのカーテン2 (V)  ジャパンホームビデオ
1992.11.06 Tバック・ハイスクール セクハラ教師をブッ飛ばせ! (V)  にっかつビデオ
1992.11.14 翔ちゃん空を飛ぶ  中央宣興=ピアノ音楽工房
1993.04.23 あぶない修道院 (V)  ココナッツボーイ・ブロジェクト
1993.10.08 北原佐和子のレディウエポン 女豹 (V)  にっかつビデオ
1997.03.28 風俗の穴場 (V)  ピンクパイナップル=ケイエスエス販売
1997.05.30 美人囮捜査官 尻を撫でまわしつづけられる女 (V)  ピンクパイナップル=ケイエスエス販売

---

この人権屋父ちゃん、どんどんホコリが出てきそう。
昔から看護婦ネタが好きだったんだね。
そしてぼくうみ脚本の不自然さはポルノのストーリーの不自然さと…納得w

とりあえず200万集めたけど、3000万が必要(!)と軽く言ってる
クレクレ裁判でJRからせしめた数千万円は出さないのか?

---

JRからの見舞い金も出したはずだよ。
日本自閉症協会掲示板に山下氏自身がそう書いてたもの。
顔文字だらけのウハウハ文体でうれしそうに書いてた。
その記事は、健常者達からの非難浴びて削除されたけど。
私も批判した一人だけど、団体からアク禁にされた。
障害者団体は健常者からの常識的意見には聞く耳持ち物たくないんだとさ

---

自閉症児の親だけど「ぼくはうみがみたくなりました」の父親が
障害者の親から見てもアレだよ。

それでも映画は現実よりかなりマシに作れらているらしいから
本人も現実は見せられるものじゃないと分かっいる上で
色々計算しているんだと思うけどね。

一緒にしてほしくはないと思うけど、モンスターでもなんでも強い方が目立つし
本音を言えば障害児親が逆らえないのも事実。
こういう人に障害者関係が逆らったら何をされるか分からない。
何もかも取り上げられて追い込まれそう。
何も出来なくて申し訳ないけれど、せめてこういう人には関わらないようにしながら
細々と謙虚に感謝しながら生きて行くよ。
真面目に生きていれば世の中捨てたもんでもないのは分かってるから。

---

ぼくはうみがみたくなりました の背景にある現実は
別に専用スレ&まとめサイト作って世間に明らかにする価値があるな。

---

この映画は単純に映画として見ても、父親やストーリーなど思う所があると思うし
私は自閉症児の親でもあるので、逆に映画と関係のない自閉症者児そのものが
悪い印象にならなければいいなと言う気持ちにもなりました。
完全にファンタジーとして現実と切り離して見るのなら美談になるのかもしれないけれど・・・

---

確かにあの映画はファンタジーですよね。
とは言っても見る者が心温まるファンタジーではなく、
見る者が吐き気をもよおしめまいを起こしそうなお下劣空想映画です。

もしリアルで、見知らぬ障害児を車に載せて町田~三浦海岸~城ケ島遊覧船に
勝手に連れ回したりすれば、
逮捕されますから。
映画では、キラキラしたときめき恋愛風に描いてるけど、
あんなの絶対にありえませんからね。

奇行奇声の重度障害青年に淡い恋心を抱く健常者なんかいるわけないし。

同じように障害児を持つ親でも、
子供の命と安全を真剣に考えてる親なら、
あの映画はあまりに非現実的で腹の立つ映画のはずです。

あの映画を見て「感動した」なんて言ってる障害児親は、
「うちの子も誰かに連れ去られて欲しい」と
ひそかに思ってる親に違いないと思います。

若い娘が見知らぬ重度自閉症青年と一泊するなんて、ぜーったいにありえませんから。
真面目な感動障害映画かのように宣伝して
障害児親がこぞって見に行ってるようだけど、
あれはお下品支離滅裂映画です。
看護学生がやったことは犯罪(未成年者略取誘拐)なのだし

---

とかいいつつ、奥様方映画の内容にお詳しいですのねw

----

多分ネットでの情報だけで見てない人も多いと思うよ。
でもただの感想ブログならともかく、公式とかきちんとした所の情報で
突っ込みどころが多い内容と言う時点で色々言われても仕方ないと思う。

発信源からすれば誤解と思うかもしれないけど
誤解されるような表現をした事に問題があるわけだし。

---

映画館には行ってないよ。誰があんな映画に金払うかって感じ。
映画館に行かなくても、youtubeにアップされてるし、
NHKのニュースでダイジェスト映像を宣伝してたし、
ナレーターがストーリーを説明してたしー。

---

2ちゃん障害板でぼくうみ親父が健常者達から批判されてた
「息子一人で散歩し事故死して、JRから見舞い金せしめた」

日本自閉症協会掲示板URLがアップされてたので、行ってみた

ぼくうみ親父が嬉しそうに映画制作を宣伝し寄付金を募る、自閉症児親達からマンセー

ぼくうみ親父のblogを読んでみたら映画完成とのこと

NHKニュース見てたら、ぼくうみを宣伝してて、ツベにも上がってる

---

ツベ見てきた。キモい親父だなー。
他の出演者がちゃんとカメラ目線で話してたのに、
あの親父は目があちこち動いてカメラ見てないのが印象的だったわw

自閉症児育ててるけど、ああいう大人達に我が子を関わらせたくない。
不自由な所があるなりに、まっとうに生きられるように…まだまだ死ねないな。

---

自閉児(池沼)を一人歩きさせて早期あぼーんに成功
その上「被害者」に成りすまして本当の被害者から金まで巻き上げて。
これって池沼に芯で欲しいと願ってる親の黄金のサクセスストーリーだよ。
それこそ脚本書いてこの日が来るのも待ち望んでいたとしか。

健常親なら喩え子供が殺人鬼に殺されようと、ずっとどこかで一人歩きさせた自分を責め続ける。
対して自分が放し飼いにしたばかりに電車に飛び込んで(自殺)、
迷惑かけておいて賠償金も払わず、詫びもしない親。
金蔓掴んだとばかりに元気いっぱいで映画を作り始める親。

あの父親みたいな妙な動きが表に出てしまってるのは障害児遺伝子なのね。
言っていること・行動がもはや人間ではなくて知恵遅れかキチでないと言えない内容だもの。

---

レインボーおやじいわく、自閉症児を持つディレクターがNHKにいて懇意にしてるので、
積極的に映画宣伝してくれるのだと
レインボーおやじが嬉しそうに語ってる。
いいのかね?NHK職員が公営放送をそのように私物化して。

---

障害児の我が子を金儲けの手段にする親は、
「親として子供を純粋に愛する心」が欠けてるよね。

重度の障害児を持つ親って、そういうふうにでもならない限り生きていけないのかな?
子供を利用してずるく生きるか

---

山下氏、またNHK名古屋の取材を受けてる。

---以上引用---


で、私の感想は。。。

懐かしいなあ、って感じです。
よくまあ適当に作り話つくってくれるなあ。
よっぽど私のこと嫌いのね。(^o^)
昔は有名人だったなあ。
ツベって何かと検索したら、youtubeのことだった。(^^;

やまゆり園事件のご家族の皆さんがマスコミに顔出したがらない気持ち、わかります。
事件を起こしそうな輩、匿名でしか他人の悪口言えない輩、潜在的に大勢いるから。。。(; ;)

さてさて、またしても蛆虫待ち???
いえいえ、今は有名人じゃないからなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.26

やまゆり園の事件から半年。。。

事件の特集、NHKの9時からのニュースでやってました。
「19のいのち」のホームページの立ち上げは、画期的ですね。
まあ、NHK以外の局では出来ないか。。。

でも、施設の建て替えを決定した神奈川県に対し、障害者団体等から上がっている見直しを求める声があることには触れてませんでした。
「それだけの大金を使うなら、もっと有効な利用方法があるでしょう???」というのが意見。

タイミング的に今日では無理だったかな。。。
作り手側の都合をついつい考えてしまう。(^^;

私は、自分のブログでは、この事件に一切触れないで来ました。
理由は、単に触れたくなかったから。
何か言いたくなかったから。

ヒロキが生きていたら、何か言ってたろだうと思います。
神戸金史サンみたいには言えなかったろうけど。(^^;

もう何年前になるだろう、相模原でのぼくうみ上映会、やまゆり園の職員たちが大勢手伝ってくれました。
「そんな遠くないのだから施設の方にも遊びに来てね」と言われてました。
けど、スミマセン、一度も足を運んでいませんでした。m(__)m

親御さんや家族の方、マスコミに出ることを拒んだ気持ちはわかります。
ふつうの人たちだから。
ふつうの人たちは強くないから。

私は、たぶん、ふつうじゃないから思いっきり目立ちまくりました。
そうなると、目立つと、出る杭は打たれます。
ふつうの人は、精神的に持ちません。
私は、たぶん、ふつうじゃないから全然大丈夫でした。

今になって体調悪いのは、その反動なのかも。。。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.25

ぽいぽいぽいぽいぽ~い。

金融機関やら年金事務所やら。
出歩かなきゃならない雑用もほぼ一段落し。。。
家の中を片づけ始めています。

祖母の時も、ヒロキの時も、母親の時もやりました。
捨てまくりました。

今回は、父親の部屋=祖母と母親の荷物も置きっぱなしの部屋 の片づけです。
少しでも家具とか動かすとパニック的に怒る父親でした。
たぶんアスペ的な特徴ですね。(^o^)
なので、祖母がいなくなっても、母親がいなくなっても、触らなかった部屋です。

父親のものは当然出てきます。
母親のものも出てきます。祖母のものも出てきます。
18年前です。祖母が亡くなったの。。。

片っ端から捨てまくってます。
ぽいぽいぽいぽいぽ~い。

母親の嫁入り道具だったタンスも行政(まちだエコライフ推進公社)に持って行って貰いました。
合計6個。
いや、数え方からして6棹か。
10400円かかりました。(^^;

自分の品物捨てる時はなんとも感じないんですけど。
遺品を捨てる時って、なんていうか、過呼吸みたいな感じになってやらた疲れるのです。
4回目だから慣れてもいいのに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.22

もう十日。。。

父親が12日に逝って。。。
うわっ、もう十日も経ってました。

年明けは火葬場が混んでいて、どれだけ待たされるかと覚悟していたのですが。
キャンセルが出るものでもないはずなのに、先週日曜日の昼過ぎにボッカリ空きがあり、命日から僅か4日で葬儀までを終わらせることができました。

ちなみに、ウチの父親より半日遅れで近所のおばあちゃんも亡くなったのですが、そちらは葬儀まで十日待たされてしまったとのこと。

いろんなこと、忙しかったです。
やらなきゃならないことをバタバタと事務的にやっている間に、十日経ってしまってました。
まあ、毎度のことで、慣れてます。
遺族代表挨拶経験を4回もやってるゆえ。。。(^^;

家族と私の両親の兄弟姉妹だけで葬儀をさせて頂きました。
ばあちゃんの時は、自宅での葬儀。
ヒロキの時は、つくしんぼでの葬儀。
母親の時は、葬儀場を借りての葬儀。
そして父親は、人数が少ないので、また自宅で葬儀を行なうことが出来ました。
あれだけ家に帰りたがっていたのだから、これが一番よかったかな、と。
窓の外には梅も見えていたし。。。

ダウンタウン浜チャンのテレビ番組の影響か、ついつい俳句とか考えてしまいます。

「梅一輪 一輪ごとの 寿命(いのち)かな」

いかん、パクリだ。(^^;

「梅父親 桜ヒロキで 松婆さん」
(写真は左から、まだ枯れ枝のヒロキ桜・松の木・梅の花)

うーむ、これじゃ俳句でなく川柳だな。季語無視してるし。
ちなみに、ばあちゃんの名前が「マツ」なのです。(^o^)
母親は…今回は省略。(^^;

もう暫くいろいろバタバタ状態が続きそうです。
ご連絡頂いた皆さんへの返信、一段落してから、もう少し先にさせてください。m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.01.14

通夜前


自宅での家族葬にさせて頂きました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.01.12

梅は六分咲きで。。。

今日も早朝に病院から電話。
状態が悪いので個室に移動した、と。
個室に移ったことで、面会も可能に。

A4用紙に梅の写真をプリントして持って行きました。

目の上にかざすと、見ているような見ていないような。。。
わかってるような、わかっていないような。。。

そして夕方。午後4時11分。
父親は、母親とヒロキの元に旅立っていきました。

葬儀は家族葬で行なわせて頂きます。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.11

入院から2ヶ月

今日で入院から2ヶ月が経ちました。
どんなに頑張れても3ヶ月といわれてるからなあ。うーむ。。。

週末に原子クンが父親のお見舞いに来てくれて、通訳をしてくれました。
言ってることは、柴田先生のときとほぼ同じような内容。
もう同じことばっかり繰り返し考えているってことなのか。。。

共通の言葉で、私の印象に残ったのは、
「家に帰りたいけど、諦めてる……」

帰り際、ナースステーションに担当医の先生がいたので、相談してみました。
「ウチの父親、近所だから一回自宅に連れ帰っていいですか? 庭で咲いてる梅の花を見せてやりたいので……」
先生はナース達と相談し、
「その代わり、一切の責任は負いませんよ」
ちょっとその気になって、ストレッチャーやらリクライニング車椅子のレンタル等を調べてみていたのですけど。。。

昨日、病室でずっと父親を見ていて、しみじみ思いました。
「ここまで衰弱してたらやっぱり無理だよなあ……」
連れ出すことは殺人に匹敵するよなあ。。。

今朝、病院から電話が唐突にかかってきて、
「ん、もしかして……」
と思ったのですけど、そうではなくて、内容は、
「院内でインフルエンザが発生したので、暫くの間は入院病棟を一切を面会謝絶とさせて頂きますのでご了承を……」

父親連れ出し作戦は、考えているうちにオジャンとなりました。
仕方ない。梅は写真に撮ってA4プリンタで印刷して持って行って見せてやろう。

でも、今後暫しの間は面会謝絶なわけで。
解禁の日まで、生きていられるかどうか。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.08

放牧。。。

iPhoneの音楽データにも車のオーディオ用SDカードにもステレオに挿してあるUSBスティックにも、いきものがかりしか入っていません。
他の曲はPC内へ保存してあるので、いつでも聴けるのですが、まず聴きません。

去年の夏の海老名でのコンサート。チケット買ったけど。
体調がいまいちのうえ、野外だったので、暑さが恐くて結局ネットで売ってしまいました。
ちなみに当日は土砂降りだったようで。。。

なんとなく、ウィキペディアて「いきものがかり」を調べてみたところ。
メジャーデビュー、2006年の3月とありました。

ヒロキの事故も2006年3月28日。

メジャーデビュー曲は「桜」
無意識のうちにずっと聴いていたのかも。。。

いきものがかりは放牧でも、ヒロキ桜を今年も咲きます。

新曲がもう出てこないと思うとちょっと淋しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.05

梅と車椅子と

じいちゃんが使っていた車椅子です。
友人のみぎちゃんが新しいの買った時に貰ったものです。
タイヤとチューブを新品にしてあります。
病院や歯医者に行く時や、家の中が風呂からベッドに戻る時に役立ちました。
末期癌だった桶谷君(脚本家)が湘南の海に行くときも活躍してくれました。

去年の今頃だったかな。
父親が縁側に立って庭をぼーっと眺めていて。
「梅が綺麗だ……」と呟いたのを覚えています。

60歳の定年以降、畑と植木だけで生きてきた父親です。
もう退院出来ないんだから、いっそのこと一時退院させて梅見させてやれないかな。
無理かなあ。もう膝が曲がり過ぎて車椅子にも乗れなくなっているし。。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.01.02

月と金星と

そばにいたので、今のカメラの望遠を最高にして撮ってみました。
280mmレベルかな。
ちなみに、手持ちです。(^o^)v


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »