« 余寒見舞い | トップページ | 父親の遺言、のようなもの。(2) »

2017.02.09

父親の遺言、のようなもの。(1)

12月25日の柴田先生の通訳の録音を文字に起こしてみました。
誤字脱字ご容赦。m(__)m

---

こんにちは。
どうして手が動くのか。
誰ですか?
どこの人ですか?
頑張っても開かないのが、見えるので書いてほしい。
びっくりしてましたが、まだ書けるとは。
このまま話せずに終わりたくないので、ありがたいから。
話を続けますが、遺言でもないが、みんななかよくやって欲しいから、よろしく頼みます。
よい家族のおかげでいい人生であったことを最後に伝えたかったのでよかったけれど、どうしても心残りは孫のことで先に逝くとは思いもよらなかったから辛かった。大輝をかわいがったことがいい思い出だ。

---

指の方が楽だから、このまま話しますが。
どこの誰かは知らないけれど、どうしても伝えたいことがあるので、よろしくお願いします。
どうしても伝えたいのは、仲良くくらして欲しいということですが、どんなに頑張ってももう私は家には帰れそうもないので、ここで最後まで頑張りますが。
大輝に会えると思うと少し気が楽だから頑張って生きて最後にしたいけど、どんなに頑張ってももう歩けそうもないので、ぜひ伝えておきたいのは、みんなが仲良く暮らしてほしいということだけなので、ぜひよろしくお願いしますが。
ただひとつ心残りは大輝を大人にしてあげられなかったことだが、今子がいるので。
もう少しで曾孫が見たかったけれど、それは諦めるけど、早くいい嫁さんを見つけて欲しいと思うので、頑張ってください。いい孫だけど奥手なので頑張って欲しいけど。
ママにもたくさんお世話になったので、よろしく伝えて欲しいけれど、今日は家でしょうか?
ママと言うのは孫がいるからなんですが、ママには大変お世話になったんです。ママもいろいろ辛かったので、ようやく落ち着いた暮らしがこれから始まるところだと思うので、ぜひいい嫁さんを見つけてください。
お嫁の前にいい仕事について欲しいけれど、どうなっていますか?
就職はどうなっていますか?
決まったのかな。
それはよかったが、どこに決まったのかな?
どこの会社? 教えてくれますか。
東京と見えたが、東京のどこか?
品川なら通える。それはよかったが、頑張っていい仕事をすることが一番なので、よろしく頼みますが、客商売なのかな?
パソコンなら客商売ではないようなので、じっくり頑張っていい仕事をしてください。
お母さんも喜んでいるでしょうが、私もとても嬉しいけれど、就職祝いをどこからか出して貰えないかな。金はどうなっているかよくわからないが、ちゃんと就職祝いを貰って欲しいので、久仁明が私のお金から渡して欲しいけど、財布もわからなくなったから、どこからか調達してくれればいいけど、先々財産はそっちにいくから安心しておけばいいと思うけれど、財産をあてにすると仕事に身が入らないので、ちゃんといい仕事をしたらいいと思うけれど。久仁明みたいに好きなことをしてもいいけど。
みんなそんなふうにしてそれぞれ頑張っているので、敦也も頑張って働いていい家族をつくって、いい山下家を引き継いでくれるとありがたいと思うけど、別に御殿のような家がいるわけでもないで、じゅんぐりに家を引き継ぐということになっているので、ぜひいい家族をつくって可愛い子どもをつくって、いい山下家を継いでほしいと思います。
どういうわけか今日はすらすらと言葉が出てくるけれど、もうなかなか一人ではゆっくり考えをめぐらせるのが難しくなってきたので、今日はとてもさっぱりとした気になりましたが、どういう技なのかは知らないけれど、もしかしたら大輝の関係の人なのですか?
そうですか。やっぱり大輝の関係の人なのですね。喋ることが難しい子どもの言葉でも聞いているのかも知れないけれど、どうしてもひとつ伝え忘れてはいけないことを思い出したので、伝えるけれど、大輝のおかげで家は大変だったけれど、大輝のおかげでとてもいい人たちが沢山出会えたんで、そのことちゃんと伝えておく必要があったことを忘れていたので、言えてよかったけれど。
ママも大変だったけれど、いい家族になった気がするのは、大輝のおかげのような気もするし、おばちゃんも大輝のことになるといつも一生懸命でそのことをおばあちゃんの生きがいでもあったので、とても大輝に感謝をしているのも忘れかけていたので、思い出せてよかったれど。
今日はどこからきた人かわからないけれど、不思議なやり方で伝えさせて貰ってとてもいい気分です。まさかこれがお迎えではないですか?
まさかと思ったけど、違っていたのですね。ママにもひとこと伝えてほしいのは、いい嫁を貰ったのを感謝していることですが、ママを大切にしてあげなさいというのも言い忘れていたので、言えてよかったです。
どんなに頑張ってももう家には帰れそうもないので、どうしても一度あの家を見たいけれど、また散歩でも出来たら行ってみたいけれど、懐かしい我が家を最後に見たいので、そのことも忘れずに言えてよかったです。
どんなに足掻いてもかなわないと思っていたことがひとつかなったのは、遺言でもないけれど、仲良くということだったので、伝えられてほっとしているけれど、どんなに頑張っても体がいうことをきかなくなったので、ごめんなさいという気持ちで、ずっと誰が誰かもわかりにくくなっていたので、なんとか伝えられてよかったです。
残念なのは、ご覧の通りの体になったので、もう何もできなくなったこと。頑張っても頑張ってもどうしようもないので、ただじっと一人でいろいろ思い出していたけれど、浮かぶのは家族のことばかりだったので、よっぽどいい家族だったのだなあと思っているところです。
頑張っても頑張ってもまだまだ歩けそうもないのですが、もう少し気力で頑張るのでよろしく頼みます。頑張っても頑張っても歩けないだろうけど、もう少し目を開けられるようになりたいとも思って、毎日頑張っているけど、なかなか開かなくなってしまったので、もうすぐお迎えも近いと思い始めたところで、大輝の知り合いのおかげで気持ちが伝わったのがなによりの大輝からの贈り物かもしれませんので、大輝に向こうで会ったら向こう側でもお世話になったぞと言ってあげられそうです。
大輝とゆっくり話すことが夢なので、ゆっくりお迎えを待っているところかも知れないけれど、まだ頑張るのでよろしくお願いします。
それではちょっと疲れたので、また寝ることにしますが。
よい人を連れてきて貰えてよかったなあと今思って、久仁明もいろいろ頑張ったのでいろいろな人を知っているのが私の自慢なので、まだまだ若いので頑張ってほしいと思うけれど、大輝が亡くなったあとすっかり気持ちが厳しくなったみたいだったけれど、そろそろ昔みたいにばりばりテレビの脚本を書いたりしてみたらどうかなと思うけれど、私は密かに自慢の息子だったのですが、なにせ耳が遠くなってからは本しか読めなかったので、アンパンマンも字幕が欲しかったけれど、なかなか仕事の中味がわからなくて、頑張っているらしいことしかわからなかったけれど、映画や本をつくって大したことだと思います。
それでは少し寝ることにします。

|

« 余寒見舞い | トップページ | 父親の遺言、のようなもの。(2) »

コメント

泣けるわ……。
お父上に改めて合掌致します。

投稿: 脚本家S | 2017.02.10 19:36

m(__)m

投稿: レインボーおやじ | 2017.02.11 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31585/64874481

この記事へのトラックバック一覧です: 父親の遺言、のようなもの。(1):

« 余寒見舞い | トップページ | 父親の遺言、のようなもの。(2) »