« 2018年のおわりに。。。(3) | トップページ | 2018年のおわりに。。。(5) »

2018.12.29

2018年のおわりに。。。(4)

目標のひとつめ。
結局私の場合、何か書いていると精神的に安定するみたいです。
なので、あと2冊、本を出したいと思っています。
なぜ2冊か。今あるアイディアが2つなので。(^^;

還暦までに、と一瞬思ったのですけど、やめました。
ぼくうみだって、38歳の頃から書き出して、40歳までに本にしようと思っていたものの、結局出版は42歳の時だったし。
すぐ書くと言いつつ、ぼくうみ続編は10年かかったし。
私の場合、多少の誤差はつきものです。多少じゃないか。(^o^)

「その後」の出版以降、ずっと資料を探したり読んだりしていました。
で、晩秋以降になって、実はぼちぼち書き始めています。
2本を平行書きしてます。理由は、全然進まないから。
書いては捨て、書いては捨てを順番に繰り返してます。
出だしに納得できないと、進めない性格なもので。(^^;

内容は……すみません、秘密です。
「映画つくります!」みたいな有言実行はもうやめます。プレッシャーになるので。
プレッシャーは体調不良の原因となります。m(__)m

1冊は、また自費出版かな。
もう1冊は、うーん、どうしようかなあ。。。

2002年刊行の「ぼくはうみがみたくなりました」は、最初はどこかの文芸賞を取るつもりで書いた作品でした。
賞でも取らないと、映画化につながらないと思っていたゆえ。応募用にと400字詰め×300枚の長さで書き上げました。(^^;
でも、小説家の先輩に読んで貰って、これでは絶対に賞は取れない、と烙印(?)を押されてしまい。
賞が取れないのなら版権だけ押さえたがる大手なんて選択する必要もないし、売れなければ3ヶ月で廃刊だろうし。
で、ぶどう社の市毛さんに頼んで出して貰った……という経緯があります。

そもそも私の場合、賞レースにはまったく縁なかったからなあ。
賞を貰ったことあるのは、小学生の時の市の防火ポスターコンクールの佳作と、欽ドン賞として3000円貰ったことぐらいだしなあ。(^o^)

懸賞募集に最初に出したのは、ぴあフィルムフェスティバル。八ミリで撮った映画を出品しました。大学2年のときです。結果は1次予選敗退。審査員からボロクソの選評を頂きました。
その後は脚本の懸賞募集、あちらこちらに出しました。何本出したか覚えてないけど、最終選考に残ったものは1本もなかったっけ。

というわけで、リベンジです。
もう1冊は、どこかの文芸賞を狙います。(^o^)v

|

« 2018年のおわりに。。。(3) | トップページ | 2018年のおわりに。。。(5) »

コメント

あらまあ「文芸賞を狙う」って宣言しちゃうとプレッシャーになりませんか?

投稿: 椎の木 | 2019.01.13 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年のおわりに。。。(4):

« 2018年のおわりに。。。(3) | トップページ | 2018年のおわりに。。。(5) »