« 季節性感情障害(季節性情緒障害) | トップページ | 季節性感情障害(つづきのつづき) »

2019.10.18

季節性感情障害(つづき)

2003年からということは、16年目ということになります。
ヒロキがいなくなった時よりも前からです。
夏バテかな? と思いつつ、毎年毎秋、このダメになる症状と闘っていました。
最初の頃は秋だけだったのだけど、いつしか春先からダメになることが多くなりました。で、結局、5年前にはつくしんぼを続けること自体、諦めました。

最初に寝込んだ時の診断は軽度うつでした。
診断名欲しくで行ったセカンドオピニオンでは双極性障害でした。
で、今回のがサードオピニオンで、季節性感情障害。

自分では、根性なしのなまけ病、だと半ば思うようにして頑張っていたのですが。
今回はっきりと「頑張ってもどうにもならない」という烙印を押して貰えたということで、ちょっと安心したというか、やはり凹んだというか。。。

男の更年期かもと検査し、男性ホルモンのテストテトロン投与、2年間治療したのに全然効果もなかったしなあ。

10月も半ば、最高気温が20度を切ってくれるようになり、ようやく復帰感が出てきてはいるものの。
毎年のイメージとしては、セーターが欲しくなるぐらいの気温にならないと元気にならないからなあ。もう少しの期間は一進一退かも。

症状的には、とにかくボーッとして頭が回転しない。ボーッと感が和らぐと、今度は頭痛。あとはパニック障害、不安障害みたいな症状で、意味もなく震えて脈が早くなり、血圧がはね上がる。。。
過呼吸にまではならないけど、頭が白くなって意識失ったりすることばたびたび。。。

うつ傾向は冬場は消えるのですが、最近では約束恐怖症は冬場でも治らなくなってしまいました。もうすっかりトラウマ状態。
誰かと何かを約束すると、それ自体がプレッシャーになってしまい、不安になって体調悪くなるという悪循環。
約束して迷惑かけたくないので、何かに誘われても基本は欠席。調子よかったら行くという感じにさせて貰ってます。

|

« 季節性感情障害(季節性情緒障害) | トップページ | 季節性感情障害(つづきのつづき) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節性感情障害(季節性情緒障害) | トップページ | 季節性感情障害(つづきのつづき) »