2019.08.22

10周年。。。

Asdfg

2009年8月22日(土)。ぼくうみのロードショー初日。
あれから丸10年が経ってしまいました。

上映期間は4週間。一日も休まず恵比寿まで通い、一日4回の上映に付き合い、終演時にはロビーに立ちました。こんな経験は二度とできないと思ったから。。。

舞台挨拶のあった初日はともかくとして、一週目はガラガラ。
夕方からの上映に客が一人も来なくて、ぎりぎりで数人来てくれて上映が出来たなんていう日がありました。
それが、二週目・三週目とどんどん観客が増えて、四週目には200人の客席が満員御礼になようになってくれて。。。

10年前と今との一番違うのは、あの頃はまだSNSがなっかたことかなと思います。
正確には、FacebookもTwitterも日本でのスタートは2008年らしいのですけど、知名度も利用者も皆無でした。
そりゃそうです。映画の中のシーンと同様、ガラケー全盛の時代でしたもん。(^o^)

自分で作ったホームページとブログで寄付を呼びかけ続けました。
それが今では、クラウドファンディングの時代。

ふと思います。もし、今だったら、寄付金って集まったのだろうか?
無理かなと思います。
クラウドファンディングのサイトを覗くと、映画を作りたい、という人が大勢います。多すぎて、半ば慣れて飽きられてしまったのか、集まってもせいぜい数百万程度。

例外は「この世の片隅に」ぐらいでしょうか。「ぼくうみ」の寄付記録を塗り替えられてしまった作品ですし。
でも、その「この世の片隅に」だって、10年前だったら「ぼくうみ」までの金額は集まらなかったと思います。SNSでの拡散作戦なんて出来なかったわけですから。

10年の変化ってすごいです。
って、ネット業界だけのような。
福祉業界はあんまり変わってないみたいだし。

でもって、この10年の間に「ぼくうみ」を超える自閉症の映画が出てこなかった、というのもすごいことです。
って、自画自賛のような。(^^;

| | コメント (5)

2019.03.30

10年目のぼくうみ上映会

上映会に顔を出さなくなってかなり経つのですが。。。
久しぶりの上映会です。
町田市公民館での上映会。
まあ、なんていうか、障害者青年学級もここだし、ホームグラウンドみたいな場所ゆえ。

はじめての上映会は公民館ではなく、ご近所の市民フォーラムの方でした。
ヒロキの一人ぼっちの高等部卒業式のついでに、映画をやりました。(^o^)
初の試写会は町田市民ホール。定員800人くらいだったかな?
入場希望者の競争率数倍、当選者のみでの上映会でした。

あれが2009年。今年が2019年。10年です。ひと昔です。

Img_0396

写真に、あえて司会者を入れてしまいました。
出戻りの公民館職員サンです。
これが最終日の仕事で、また異動です。
もう定年まで戻れないでしょう。たぶん。
公務員もいろいろ大変です。m(__)m

| | コメント (2)

2019.03.07

町田市立金森図書館にて

まちだ図書館まつり
「映画原作本展示中!」

というイベントが行なわれていまして。

ぼくうみも。。。(^o^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.05

ドライブ。。。

昨年11月に島根まで車で行ってきたことに味をしめたというか、軽とはいえ自動運転での高速走行は脇見し放題。ほんと快適で、車での遠出が結構快感。。。
で、年末の雪もなんとか回避。ふらりと一人、福島まで一泊二日で行ってきました。

飯坂温泉の共同浴場「波来湯」でひと風呂浴び。。。

専門店「山女」で餃子を食べ。。。

翌日のぼくうみの上映はついでだったりする。。。(^^;
企画のSさん、スミマセン。m(__)m


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.11.16

さて、どうしよう。。。

ふと、アマゾンの「ぼくうみ・その後」のページを覗いてみたところ。。。
(ブログに載せたくて、ちょっと切り貼りしてますが…)

へ? 残り17点???

アマゾンには100冊預けました。
100 - 17 = 83冊も売れたんだ。。。

入荷予定あり?
たしかアマゾン側にはなくなったら追加を送ると言ってはあるけど。

無理です。
私の手元にはもうアマゾンに預けられるだけの冊数、残っていません。
初版は500冊のみ。
二版の増刷予定はありません。
自腹切る気ないし。(^^;

はてさて、アマゾン在庫が売り切れたらどうなるんだろう?
「送れ」とか連絡くるのかな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.08.07

褒め殺し商法???

コウホウドウ(広報堂?)の鈴木さんという方から電話がかかってきました。

「ぼくうみ・その後」を読んだ。
前作も読んでいる。
前作ではカナー型を扱い、今回はアスペルガーを扱っていて素晴らしい。
啓発のためにもこの本をぜひ新聞記事で紹介したい。
産経新聞に全面広告で出す予定。
掲載料は9.5×8.5cmの記事で24万円になる……。

なんでぇ、広告会社の営業かいな。(^o^)

電話番号(03-3503-355X)をネット検索してみたところ、褒め殺しの電話で24万ぼったくるのが手口の会社みたいです。

それにしても不思議です。
私の続編は、自費出版。どこにも書評とか出ていないはず。
にもかかわらず、小説のディテールを鈴木さん、それはもうよくご存じで。
この鈴木さん、本当に読んでると思う。たぶん。。。

でも、詐欺まがいの営業電話のために本一冊読むかなあ???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.26

公約は一方通行で。。。

「ぼくうみ」は、2009年9月のロードショー終了から2012年の9月の上映権付DVD発売までの丸3年、300以上(?)の上映会を開いて頂きました。そのうちの100ヶ所以上(?)の上映会に呼んで頂きました。
下手な喋りながらも、だんだんなんとか誤魔化す方法を学習していきました。(^^;
で、そんな上映会場で「映画の続編を!」と言って頂くたびに、私は「小説ならなんとかなるかも…」と答えていました。
そんなわけで映画が一段落しても、続編の小説を書かなければという思いをやり残した公約のように引きずり続けていました。
それが、10年経って……やっとです。(^o^)

ブログとFacebookだけで発表し、クラウドファンディングのお願いも同じ場所のみ。完成後も、他の場所での営業活動をやってません。
なので、映画を観てくれた方が自主上映会だけでも5万人以上いるにもかかわらず、続編の小説ができたことを知ってくれる人はほとんどいません。

その方たちに連絡する術がありません。
広告するお金なんかありません。
映画のときみたいに、NHKや新聞各紙が取り上げてくれるはずもありません。

それでも、公約をは果たすべく。
過去に上映会をやってくださった方々とやりとりしたメールからアドレスを拾いだし、約300人にBCCで宣伝メールを出してみました。
既に購入してくださった方へはもちろん省きました。
亡くなってしまった方へのメールも省きました。
やまゆり園へのメールも……。

「MAILER-DAEMON」の類の返信メールがどーっと戻ってきました。(^o^)
そりゃそうです。スパムだらけの今の時代、10年前と同じアドレスを使い続けている人の方が珍しいのかも。
宛先不明が帰ってこないからって、届いているとも思いません。放置状態で永久にチェックされないアドレスが大量にあるはずですし。

わかっていても、やるだけやらないと気が済まなかったもので……。
単なる自己満足。(^^;

それでも、少しだけ返信メールを頂きました。
なんか、すっごく懐かしくなりました。m(__)m

本当は寄付を頂いた方々にも連絡しなければならないのですが、上映会関係だけフォルダを固定していたから拾いだせた次第。他のメールは中がグチグチャだし1万通以上あるし、さすがに諦めました。

なにはともあれ、しみじみ10年ひと昔、なんだなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.20

手紙。。。

「ぼくうみ・その後」の感想の手紙を頂きました。
秋野太作さんからです。(^o^)v
辛口の秋野さんが褒めてくださいました。
前作より続編の方が出来がいいって。m(__)m

「スタッフキャストを一新して、連続テレビドラマにしたらいいのに」
とまで言ってくださって。。。m(__)m

ん? あれ?
秋野さんはもう出ないって言ってるってこと???
スタッフ一新ってことは、脚本も誰かに任せろっていうこと???

グッドドクターも観てるけど。。。
伊藤君レベルの自閉演技出来る役者、そう簡単には見つからないんだろうなあってしみじみ思う。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.16

のんびり在庫

書籍の発送も一段落。
在庫の半分の本が手元からなくなりました。
あと半分は、ぼくうみDVDやパンフと一緒に、のんびり押入れ在庫です。

無理して売ろうとは思っていません。
増刷するつもりがないので、すぐになくなってしまってはかえって困ります。

書籍化に関し、営業した場所は、ここのブログとぼくうみのホームページとFacebookだけ。
映画を観てくれた人のほとんどは続編を本になったことなんて知りません。

映画を観てくれた方は5万人以上、いることはいます。
伝えられれば、買ってくれる方が大勢いることはわかっています。
けど、その方たちに知らせる術がありません。

映画の企画を始めた2009年以降、やりとりしたメールは全部保存してあるので。
そのメールアドレスに営業メールしようと思ったけど……やめました。
メールの数が万の単位。。。

でも、映画の自主上映会を企画してくれた方にだけは連絡しないと。
続編を書いたのは、上映会での公約ゆえ。。。

それだけでも連絡先が数百。。。
頑張ってメールアドレスを拾い出さんと。。。(^^;

続編小説「ぼくうみ・その後」購入希望の方は【こちら】から。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.11

続編執筆の理由。。。

2002年、ぼくうみの小説を出版した直後の頃のことでした。
ぶどう社の市毛さんに「続編を出したい」と話をしました。
「どんな内容?」と聞かれ、「淳一君が運転免許証を取る話」と答えました。
当時はまだ障害者が免許を取るなんて思いもしない時代。荒唐無稽の話でした。
市毛さんは「面白そうだから、書いて」って言ってくれました。

でも、結局私は一行も書きませんでした。
続編を書くよりも、映像化したいという思いの方が優先していました。

映画が完成して、自主上映会で全国をまわっていた時、よく言われました。
「続編をつくってください」と。
「誰かが5000万円出してくれたら、考えてもいいけど…」
私は、絶対無理だと答えていました。

その代わり「続編の小説ぐらいなら書けるかも知れない」と言ってました。
頭の中に漠然と、市毛さんに話した「淳一君が免許を取る話」がありました。

有言実行に結構こだわる性格だったりしています。
なので、あちこちの自主上映会で言ってしまった続編執筆の公約がずっと気になっていました。
ゆえに、書いた理由は、ひたすら公約遵守のため。。。(^o^)

父親の介護も終わったし、体調的にも落ち着いてきているので、書いてみようかなと思ったのが、去年の2月頃…だったような。
書き上げる自信がなかったので、1章ずつネット配信する作戦を取ってみました。
1章分、約15ページずつで書き進めてみたところ、結構続けられました。

で、誰とは言えませんが、「ネットなんかじゃ読めない」と言ってくださる方が現れ、仕方なく本にしようかなと。
そんなタイミングで、クラウドファンディングとのコラボ作戦を伝授され。。。

500冊製本することにしました。
数字に根拠はありません。
漠然と、自主上映会でのカウント出来ている観客数が5万人なので、その100分の1として、500でいいんじゃないかなあ、と。
100分の1理論は、ぼくうみの基本なので。(^o^)

映画を観て100冊をアマゾンに預け、400冊が我が家に送られてきました。
配送を完了し、半分の約200冊が手元に残っています。
無理して売ろうとは思っていません。
下手してすぐに売り切れてしまって、増刷なんてことになったら面倒です。
経費的な問題が。。。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧