2017.02.26

四十九日

父親の四十九日が終わりました。
墓の中にはこれで、叔父、祖母、ヒロキ、母親、父親の5人になりました。

祖父たちの骨はありません。
昭和20年代~30年代あたりの頃に墓地が丸ごと崖崩れに遭って下の川に流されてしまったからだそうです。
今の墓はそれ以降に建て直したものとのこと。
生まれる前のことなので、私は今の墓しか知りません。

今のつくしんぼは、私の生家ではあるけれど、叔父や叔母たちにとっても生家です。
庭にある樫の木も柿の木も、祖父と祖母ではなく、叔父や叔母たちが植えたものなんだそうです。

そんなつくしんぼの土地と家を売ることを、叔父叔母たちに伝えました。
相続税対策だから、と。

長男のお前が自由にすればいいと言って貰いました。

自由にさせて貰います。

金が欲しいわけじゃないので、究極の有効活用を考えます。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.10

父親の遺言、のようなもの。(2)

1月8日。亡くなる4日前の原子クンの通訳の録音も起こしてみました。
誤字脱字ご容赦。m(__)m

---

お前のことは覚えてる。話したことはないけどな。障害児のことはよくわかっている感じだった。正直変な奴とは思っていたけど、話しをしないからよくわからない奴だなと様子を見に行っていたよ。

障害児を遊ばせる場所がなくなると、障害児は困ることになるから、どうにか残す手段を考える必要を久仁明は考えているのはわかっているから、あとはその通りにすればいいし、あの土地も人手に渡して何もなくすくらいなら、その方がいいだろう。先祖もこうなるという覚悟はあったろうし、形として残せるならそれでいいと思う。
あとは家のことだが、あとは孫のことだと思うが、敦也は正直小学生の時は元気だったが、高校の頃から何を考えているか、なんというか障害児のようになってしまって、あいつも男としての覚悟がなくなってしまったから、自信をつけることをいろいろさせないといけないと思うし、心配ではあるし、母さんも亡くなる前に気にしていたようだから、あいつは突き放すことはしないで、きちんと面倒をみてやって欲しいというのはあるな。
あいつは一人で山下の家を継ぐわけだから、教育はきちんとしないと、呑気なあいつではどうにもならないから鍛え直す必要はある。鍛え直すというより、心配で仕方なく、どうすればよいと悩むところではあるよな。
久美子さんには苦労をかけて暮らしも大変になると思うが、正直久美子さんの話をあまりしなかったからよくわからないが、よろしく言っておいて欲しい。
久仁明は仕事はこれから何か考えているだろうから、なんとか頑張れよという他はない。苦労はいろいろあったろうが、苦労はよいこともあるから、よいことがあると信じてやっていくしかないよな。
俺も耳をおっつぶれた時は絶望にうちひしがれたが、ここまで生きてこれたわけだし、障害者になって話しが聴こえなくても考えは前より相手が何を考えているのかが悟りやすくなったから、悪いばかりでもないと今では思っているし、障害があることで今の辛さも我慢できた点ではよかったのかも知れないし、障害もまんざらではないというのが俺の人生の結論というか、今の心境だから、まだ死なない気もするが、先はわからんので、言うことは言うのはきちんとしたいので、ここまで言っている。なんとか生きられるところまで頑張ってみようと思うから、家にも帰りたいというのもあるが、難しいようだし、日々を頑張って生きようというのが俺の今の心境だな。
あとは休むから、このぐらいでよい。

望んでなったわけではないというのはあるが、障害者になってしまったときは我慢できるのか気になっていたが、話をすることが出来なくなったということだけで、話をしなくても通じることはたくさんあったということは話しておきたい。考えることが多くなって話をすることは少なくなったが、人の話を聞かなくてもわかる世界があるというのは知って貰いたい。あと、障害のことで後ろめたいと思うことはあったが、我慢出来ない苦しさはそのことだけで障害自体は困ったことではないと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.09

父親の遺言、のようなもの。(1)

12月25日の柴田先生の通訳の録音を文字に起こしてみました。
誤字脱字ご容赦。m(__)m

---

こんにちは。
どうして手が動くのか。
誰ですか?
どこの人ですか?
頑張っても開かないのが、見えるので書いてほしい。
びっくりしてましたが、まだ書けるとは。
このまま話せずに終わりたくないので、ありがたいから。
話を続けますが、遺言でもないが、みんななかよくやって欲しいから、よろしく頼みます。
よい家族のおかげでいい人生であったことを最後に伝えたかったのでよかったけれど、どうしても心残りは孫のことで先に逝くとは思いもよらなかったから辛かった。大輝をかわいがったことがいい思い出だ。

---

指の方が楽だから、このまま話しますが。
どこの誰かは知らないけれど、どうしても伝えたいことがあるので、よろしくお願いします。
どうしても伝えたいのは、仲良くくらして欲しいということですが、どんなに頑張ってももう私は家には帰れそうもないので、ここで最後まで頑張りますが。
大輝に会えると思うと少し気が楽だから頑張って生きて最後にしたいけど、どんなに頑張ってももう歩けそうもないので、ぜひ伝えておきたいのは、みんなが仲良く暮らしてほしいということだけなので、ぜひよろしくお願いしますが。
ただひとつ心残りは大輝を大人にしてあげられなかったことだが、今子がいるので。
もう少しで曾孫が見たかったけれど、それは諦めるけど、早くいい嫁さんを見つけて欲しいと思うので、頑張ってください。いい孫だけど奥手なので頑張って欲しいけど。
ママにもたくさんお世話になったので、よろしく伝えて欲しいけれど、今日は家でしょうか?
ママと言うのは孫がいるからなんですが、ママには大変お世話になったんです。ママもいろいろ辛かったので、ようやく落ち着いた暮らしがこれから始まるところだと思うので、ぜひいい嫁さんを見つけてください。
お嫁の前にいい仕事について欲しいけれど、どうなっていますか?
就職はどうなっていますか?
決まったのかな。
それはよかったが、どこに決まったのかな?
どこの会社? 教えてくれますか。
東京と見えたが、東京のどこか?
品川なら通える。それはよかったが、頑張っていい仕事をすることが一番なので、よろしく頼みますが、客商売なのかな?
パソコンなら客商売ではないようなので、じっくり頑張っていい仕事をしてください。
お母さんも喜んでいるでしょうが、私もとても嬉しいけれど、就職祝いをどこからか出して貰えないかな。金はどうなっているかよくわからないが、ちゃんと就職祝いを貰って欲しいので、久仁明が私のお金から渡して欲しいけど、財布もわからなくなったから、どこからか調達してくれればいいけど、先々財産はそっちにいくから安心しておけばいいと思うけれど、財産をあてにすると仕事に身が入らないので、ちゃんといい仕事をしたらいいと思うけれど。久仁明みたいに好きなことをしてもいいけど。
みんなそんなふうにしてそれぞれ頑張っているので、敦也も頑張って働いていい家族をつくって、いい山下家を引き継いでくれるとありがたいと思うけど、別に御殿のような家がいるわけでもないで、じゅんぐりに家を引き継ぐということになっているので、ぜひいい家族をつくって可愛い子どもをつくって、いい山下家を継いでほしいと思います。
どういうわけか今日はすらすらと言葉が出てくるけれど、もうなかなか一人ではゆっくり考えをめぐらせるのが難しくなってきたので、今日はとてもさっぱりとした気になりましたが、どういう技なのかは知らないけれど、もしかしたら大輝の関係の人なのですか?
そうですか。やっぱり大輝の関係の人なのですね。喋ることが難しい子どもの言葉でも聞いているのかも知れないけれど、どうしてもひとつ伝え忘れてはいけないことを思い出したので、伝えるけれど、大輝のおかげで家は大変だったけれど、大輝のおかげでとてもいい人たちが沢山出会えたんで、そのことちゃんと伝えておく必要があったことを忘れていたので、言えてよかったけれど。
ママも大変だったけれど、いい家族になった気がするのは、大輝のおかげのような気もするし、おばちゃんも大輝のことになるといつも一生懸命でそのことをおばあちゃんの生きがいでもあったので、とても大輝に感謝をしているのも忘れかけていたので、思い出せてよかったれど。
今日はどこからきた人かわからないけれど、不思議なやり方で伝えさせて貰ってとてもいい気分です。まさかこれがお迎えではないですか?
まさかと思ったけど、違っていたのですね。ママにもひとこと伝えてほしいのは、いい嫁を貰ったのを感謝していることですが、ママを大切にしてあげなさいというのも言い忘れていたので、言えてよかったです。
どんなに頑張ってももう家には帰れそうもないので、どうしても一度あの家を見たいけれど、また散歩でも出来たら行ってみたいけれど、懐かしい我が家を最後に見たいので、そのことも忘れずに言えてよかったです。
どんなに足掻いてもかなわないと思っていたことがひとつかなったのは、遺言でもないけれど、仲良くということだったので、伝えられてほっとしているけれど、どんなに頑張っても体がいうことをきかなくなったので、ごめんなさいという気持ちで、ずっと誰が誰かもわかりにくくなっていたので、なんとか伝えられてよかったです。
残念なのは、ご覧の通りの体になったので、もう何もできなくなったこと。頑張っても頑張ってもどうしようもないので、ただじっと一人でいろいろ思い出していたけれど、浮かぶのは家族のことばかりだったので、よっぽどいい家族だったのだなあと思っているところです。
頑張っても頑張ってもまだまだ歩けそうもないのですが、もう少し気力で頑張るのでよろしく頼みます。頑張っても頑張っても歩けないだろうけど、もう少し目を開けられるようになりたいとも思って、毎日頑張っているけど、なかなか開かなくなってしまったので、もうすぐお迎えも近いと思い始めたところで、大輝の知り合いのおかげで気持ちが伝わったのがなによりの大輝からの贈り物かもしれませんので、大輝に向こうで会ったら向こう側でもお世話になったぞと言ってあげられそうです。
大輝とゆっくり話すことが夢なので、ゆっくりお迎えを待っているところかも知れないけれど、まだ頑張るのでよろしくお願いします。
それではちょっと疲れたので、また寝ることにしますが。
よい人を連れてきて貰えてよかったなあと今思って、久仁明もいろいろ頑張ったのでいろいろな人を知っているのが私の自慢なので、まだまだ若いので頑張ってほしいと思うけれど、大輝が亡くなったあとすっかり気持ちが厳しくなったみたいだったけれど、そろそろ昔みたいにばりばりテレビの脚本を書いたりしてみたらどうかなと思うけれど、私は密かに自慢の息子だったのですが、なにせ耳が遠くなってからは本しか読めなかったので、アンパンマンも字幕が欲しかったけれど、なかなか仕事の中味がわからなくて、頑張っているらしいことしかわからなかったけれど、映画や本をつくって大したことだと思います。
それでは少し寝ることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.22

もう十日。。。

父親が12日に逝って。。。
うわっ、もう十日も経ってました。

年明けは火葬場が混んでいて、どれだけ待たされるかと覚悟していたのですが。
キャンセルが出るものでもないはずなのに、先週日曜日の昼過ぎにボッカリ空きがあり、命日から僅か4日で葬儀までを終わらせることができました。

ちなみに、ウチの父親より半日遅れで近所のおばあちゃんも亡くなったのですが、そちらは葬儀まで十日待たされてしまったとのこと。

いろんなこと、忙しかったです。
やらなきゃならないことをバタバタと事務的にやっている間に、十日経ってしまってました。
まあ、毎度のことで、慣れてます。
遺族代表挨拶経験を4回もやってるゆえ。。。(^^;

家族と私の両親の兄弟姉妹だけで葬儀をさせて頂きました。
ばあちゃんの時は、自宅での葬儀。
ヒロキの時は、つくしんぼでの葬儀。
母親の時は、葬儀場を借りての葬儀。
そして父親は、人数が少ないので、また自宅で葬儀を行なうことが出来ました。
あれだけ家に帰りたがっていたのだから、これが一番よかったかな、と。
窓の外には梅も見えていたし。。。

ダウンタウン浜チャンのテレビ番組の影響か、ついつい俳句とか考えてしまいます。

「梅一輪 一輪ごとの 寿命(いのち)かな」

いかん、パクリだ。(^^;

「梅父親 桜ヒロキで 松婆さん」
(写真は左から、まだ枯れ枝のヒロキ桜・松の木・梅の花)

うーむ、これじゃ俳句でなく川柳だな。季語無視してるし。
ちなみに、ばあちゃんの名前が「マツ」なのです。(^o^)
母親は…今回は省略。(^^;

もう暫くいろいろバタバタ状態が続きそうです。
ご連絡頂いた皆さんへの返信、一段落してから、もう少し先にさせてください。m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017.01.14

通夜前


自宅での家族葬にさせて頂きました。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017.01.12

梅は六分咲きで。。。

今日も早朝に病院から電話。
状態が悪いので個室に移動した、と。
個室に移ったことで、面会も可能に。

A4用紙に梅の写真をプリントして持って行きました。

目の上にかざすと、見ているような見ていないような。。。
わかってるような、わかっていないような。。。

そして夕方。午後4時11分。
父親は、母親とヒロキの元に旅立っていきました。

葬儀は家族葬で行なわせて頂きます。m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.01.11

入院から2ヶ月

今日で入院から2ヶ月が経ちました。
どんなに頑張れても3ヶ月といわれてるからなあ。うーむ。。。

週末に原子クンが父親のお見舞いに来てくれて、通訳をしてくれました。
言ってることは、柴田先生のときとほぼ同じような内容。
もう同じことばっかり繰り返し考えているってことなのか。。。

共通の言葉で、私の印象に残ったのは、
「家に帰りたいけど、諦めてる……」

帰り際、ナースステーションに担当医の先生がいたので、相談してみました。
「ウチの父親、近所だから一回自宅に連れ帰っていいですか? 庭で咲いてる梅の花を見せてやりたいので……」
先生はナース達と相談し、
「その代わり、一切の責任は負いませんよ」
ちょっとその気になって、ストレッチャーやらリクライニング車椅子のレンタル等を調べてみていたのですけど。。。

昨日、病室でずっと父親を見ていて、しみじみ思いました。
「ここまで衰弱してたらやっぱり無理だよなあ……」
連れ出すことは殺人に匹敵するよなあ。。。

今朝、病院から電話が唐突にかかってきて、
「ん、もしかして……」
と思ったのですけど、そうではなくて、内容は、
「院内でインフルエンザが発生したので、暫くの間は入院病棟を一切を面会謝絶とさせて頂きますのでご了承を……」

父親連れ出し作戦は、考えているうちにオジャンとなりました。
仕方ない。梅は写真に撮ってA4プリンタで印刷して持って行って見せてやろう。

でも、今後暫しの間は面会謝絶なわけで。
解禁の日まで、生きていられるかどうか。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.05

梅と車椅子と

じいちゃんが使っていた車椅子です。
友人のみぎちゃんが新しいの買った時に貰ったものです。
タイヤとチューブを新品にしてあります。
病院や歯医者に行く時や、家の中が風呂からベッドに戻る時に役立ちました。
末期癌だった桶谷君(脚本家)が湘南の海に行くときも活躍してくれました。

去年の今頃だったかな。
父親が縁側に立って庭をぼーっと眺めていて。
「梅が綺麗だ……」と呟いたのを覚えています。

60歳の定年以降、畑と植木だけで生きてきた父親です。
もう退院出来ないんだから、いっそのこと一時退院させて梅見させてやれないかな。
無理かなあ。もう膝が曲がり過ぎて車椅子にも乗れなくなっているし。。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.12.25

通訳。。。

入院中の父親のもとに、國學院大の柴田保之教授が来訪、通訳をしてくれました。

もう喋れなくなってしまったけど、何か言いたいことはある様子で。。。
そんな遺言(?)みたいなものを聞き出してくれて。。。

家に帰りたいんだろうなあ、やっぱり。。。

ヒロキの話を聞いてみたかったけど、いなくなるのが早すぎたんだよなあ。。。

柴田先生の著作
みんな言葉を持っていた
沈黙を越えて

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.12.11

入院から1ヶ月

誤嚥性肺炎で強制入院してから1ヶ月。
点滴のみで1ヶ月。
骨と皮だけって、こういうのを言うんだな。。。

トントンと叩くと、うっすら目を開け、相手が誰だかはわかる感じ。
手を握るとぎゅっと握り返してきます。
何か言いたそうだけど、もう喋れません。
耳が聴こえないから障害者ゆえ、柴田先生に通訳して貰おうかなとも思いましたが……年末で忙しい頃だろうし、やめときます。

枕元にばあちゃんとヒロキの写真を置きました。
ちゃんと迎えてやって欲しいので。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧