予告編

My Books

アマゾン



  • アマゾンでは誰かが勝手に高額で売ってます。(^o^)


  • ずーっと売ってくれてます。m(__)m

(^o^)v

« 記念日 | トップページ | 執筆 »

2004.05.09

で、その本は…

「むちゃなぼくと白いハト」という本です。
で、とある会議の最中に、私はその本を読もうとしました。そしたら横にいた女の子(ただし二人の子持ち)に横取りされて、先に読まれてしまいました。
感想は「けっこういいじゃん」でした。

で、やっと読もうとしたら、またそのとなりの男の子(ただし重度のアトピー持ち)に横取りされ、またしても先に読まれてしまいました。
感想は「もっといいたいことをストレートに書けばいいのに」でした。

で、私は今、読み終えたところです。
感想は「うーん、文学的だなあ」って感じです。
一読の価値はあると思います。

アンパンマンの脚本を書いてた頃、幼稚園以下の子どもにわからない作品は大人にも感動されないって言われたっけ。
その頃から、私、自分ではむずかしい話は書かないようにしています。わからないって言われるのって悔しいから……。(^^;

« 記念日 | トップページ | 執筆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: で、その本は…:

« 記念日 | トップページ | 執筆 »