予告編

My Books

アマゾン



  • アマゾンでは古本数冊…。


  • ずーっと売ってくれてます。m(__)m

(^o^)v

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020.06.28

リモート飲み会

大学のサークル時代のメンバーでリモート飲み会をやりました。
アニメ監督やら市議会議員やらカメラマンやらと。(^o^)

少し前には高校時代のメンバーでもやりました。
医者やら大学教授やらと。(^o^)

すっかり外出恐怖症に陥っている私としては、出かけなくても済むことが一番ありがたいです。

耳の方は、途中からしんどくなってきたものの、なんとか大丈夫でした。
メニエールの薬、状態の一進一退はあるものの、私には案外効いているようです。

Rryu

2020.06.25

今日もぼーっと生きてます。

耳鳴り<耳閉感<ぼーっと感

もっと悪くなると、不安+パニック+意識混濁。
で、外出恐怖症で約束恐怖症で。
すっかりトラウマで。

なぜ耳管や蝸牛にリンパ液が溜まるのか?
メニエールの原因はわかっていないらしいです。
ストレスが原因とか言われている程度です。

私の場合、一番のストレスは、とにかく気温の上昇。
15℃超えると、もうダメ。
他のふつうの人と体感温度が10℃ぐらい違う気がします。

気温上昇→自律神経の不調→ストレス→メニエール→トラウマ→パニック

予定では、来週には釧路に旅立つはずでした。
キャンセルして正解でした。とてもじゃないけど行けません。

毎年真夏に一瞬、なぜか体調が戻る期間があります。
今年ももしあったら。
そのタイミング狙って釧路行きたいなあ。。。
旅費高くてもったいないか。。。

2020.06.21

耳鳴りと扇風機。

P1030483

部屋にいる間、ずっと扇風機を回しています。
扇風機のモーター音が、右耳の低音耳鳴りを誤魔化してくれるのです。
加えて、耳に風をあてていると、モーター音+風切り音で、耳鳴りが消えます。

ウチは耳難の家なのかも知れません。
父親は、中途失聴で耳が全然聴こえていませんでした。
ヒロキは、聴覚異常があったのか、いつも両耳を手のひらで押さえていました。
ロッキーは、去年から耳が聴こえなくなってしまいました。
そして私も、実は子どもの頃からずっと耳鳴り持ちで、難聴気味でした。

痛みにはわりと強い私です。
でも、耳は弱いです。

蝸牛型メニエール、梅雨が終わる頃にはいったん収まってくれるかなあ。

2020.06.20

キウイの花

昨日、実をアップしましたが。
花の写真、撮っていたのにアップするのを忘れてました。

こっちが雄花。

P1030472

で、こっちが雌花。

P1030471

あと、おまけのびっくりグミ。(^o^)

P1030467

P1030469

2020.06.19

梅雨、真っ只中。。。

一度消えた低い耳鳴りが戻って来てしまい、体調的には今いち。
室内にいるより屋外の方が耳鳴りを誤魔化せるので、畑をふらふら。
梅雨の雨に緑色の実が濡れています。

P1030488

キウイ

Yuzu

柚子

P1030489

トマト(ビニール屋根をかけているので濡れていない)

Budou

ぶどう

Mikan

夏みかん

P1030492

P1030490

ピーマン

P1030495

旧つくしんぼから新つくしんぼの庭に植え替えたあじさい、今年から先始めました。

2020.06.14

「たら」「れば」

体調悪くなると、すぐ考えてしまう。

生きている意味、とか。
生きている理由、とか。
生きている価値、とか。
生きている必要性、とか。
生きているということは、とか。

鬱の典型的な思考回路。。。(^^;

もしヒロキが自閉症でなかったら。。。
私は一体どうやって生きてきたんだろう???

障害者青年学級に参加することもなかっただろうし、つくしんぼを立ち上げることもなかっただろうし。福祉とはまったく無縁の世界にいたはず。
売れない脚本家のまま、仕事がなくてもやめることもせず、愚痴とか言いつつだらだら生きていただけのような。

だから、後悔とはとくにない。
自分で納得出来る映画も作れたし。

それでも、今の体調が戻れば。。。
私は一体これから何がしたいだろう???

2020.06.13

きゅうりのキューちゃん

メニエールの薬を貰ってきてから、2週間。
耳鳴りの状態はだいぶよくなってきたものの、ボーッと感は残ったまま。
時々、ビックリするほど調子よくなったりする時があったりするのですが、翌日は元に戻っていたりして、体調的には一進一退という感じ。
メニエールによるボーッと感と毎年恒例のボーッと感は、もしかして別のものなのかも。。。

調子のいい時を狙って、やらなきゃならないことは一気にやってやってしまうようにしています。

きゅうりのキューちゃん、2年ぶりに作りました。
去年はきゅうり、苗を植えた直後に次々枯れてしまい、全然収穫出来ず作れなかったので、今年は早々に作った次第。

美味い。。。(^^;

Img_0691

Img_0692

 

2020.06.09

耳閉症。。。

ヒロキは自閉症だったけど。
私は耳閉症です。
(そんな病名はないけど)

耳詰まり感というか、耳の閉塞感というか、膨張感というか、ボーッと感というか、モヤッと感というか、とにかく耳の違和感。耳が閉じたような感じ。

この症状が始まって15年以上。
この症状が出て、鬱気味になって、それから始めたこのブログ。

もしかしたら、最初から蝸牛に問題があったのかも。。。
それに気づいていれば、もっと早くからいろいろ対処法があったのかも。。。

メニエール対処用の薬を貰ってもうすぐ二週間。
一週目はだいぶよくなったような気がしたのですが、
今週に入って、耳鳴りはないものの、耳の閉塞感がまたきつくなっています。
起きているとフラフラするし、老眼と関係なく目のピントも合いにくい。
本が読めません。

うっかり炎天下で頑張ると、元のボーッと感に加え、熱中症のようなボーッと感が加わって、どうにもならなくなります。
死なない病気と言われても、しんどいものはしんどいです。

これから梅雨で、それから真夏で、それから秋。
季節性感情障害、まだまだ先が長いです。(;-;)

2020.06.07

きた。。。

10万円の給付金ではありません。
そっちはまだです。
きたのは障害者手帳です。

Img_0690

精神の3級。
季節性感情障害・夏型。
そんな診断名など都の職員には意味不明。ゆえに症状の双極性障害で。

手帳には、特に利用価値もありません。
バスが半額と言われても、バスには滅多に乗らないし。
都立駐車場が無料と言われても、都立の駐車場なんて使ったこともないし。
飛行機半額と言われても、宿代とのパックの方が安いし。
フェリー4割引と言われても、今後乗る予定もないし。

それでも取得したかったのは。
父親も長男も持ってたから。
父親は耳が聴こえなくて、身体障害者手帳2級。
長男は自閉症で、愛の手帳2度。
そして私が、精神手帳3級。

親子3代だぜぃ。(^o^)v

Img67

2020.06.02

6月。。。

ずっと続いていた。地鳴りのような耳鳴り。
耳鼻科に行っても安定剤しかくれず。
脳外科でMRI撮っても異常なく。

それでもどんどんひどくなり、先々週あたりからロクに動けず。
寝たり起きたり。気力もどんどん落ちて行く。

先週の金曜日に、別の耳鼻科に行ってきました。
セカンドオピニオンです。

低音の聴覚が落ちていて、蝸牛が腫れているとのこと。
めまいのない、蝸牛型メニエール病らしいです。
というか、ボーッと感自体が非回転型のめまいらしいです。
知らなかった。。。

メニエール病、いろいろ検索して調べました。
原因不明。自律神経の異常。決定的な治療法はなし。

やっぱり。。。

貰って来た薬を飲み始めて5日目。
蝸牛内のリンパ液を減らす系の薬らしいです。
耳鳴りだけはだいぶよくなってきています。
暫くは様子見です。

久しぶりにパソコンにも触りました。(^^;
ぼくうみ映画のYouTube無料公開の終了以降、Facebookはほとんど覗いてません。m(__)m

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »