予告編

My Books

アマゾン



  • アマゾンでは古本数冊…。


  • ずーっと売ってくれてます。m(__)m

(^o^)v

« ロッキーのお葬式 | トップページ | いなくなって一週間。 »

2021.09.15

いなくなるということ

水曜日と土曜日は燃えるごみの日だ。
家の中のあちこちのごみ箱の中にあるごみを集めて、燃えるごみ専用の黄色い袋に詰め込む。
大袋、中袋、小袋、ミニ袋と四種類ある袋のうちどれかを使い、必ず一袋にまとめる。
ごみ袋は有料なので、はみ出るぐらいのごみを無理やり詰め込む。
全部詰め込んでから、最後に入れるものがある。
駐車場の隅の伏せた植木鉢の内側にあるロッキーのウンチだ。
散歩から帰って来た時にビニール袋ごとこの場所に置く。
燃えるごみの日は週2回なので、3日分か4日分で朝夕の分だから、合計6つから8つのウンチ袋が植木鉢の内側にたまる。
それで今日も植木鉢を持ち上げてしまった。
持ち上げて、ウンチ袋がないことに気づいてから、思い出した。
あっそうか、ロッキーはもういなかったんだ、と。
長男の時も母親の時も父親の時もそうだった。
誰かがいなくなると、そこにぽかんと穴が空く。
奥も底も見えない異次元空間のような穴だ。
そんな空いた穴が埋まるのにはとても時間がかかる。
涙以外に埋めるものがないからかも知れない。

915

 

« ロッキーのお葬式 | トップページ | いなくなって一週間。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロッキーのお葬式 | トップページ | いなくなって一週間。 »