予告編

My Books

アマゾン



  • アマゾンでは古本数冊…。


  • ずーっと売ってくれてます。m(__)m

(^o^)v

« 既得権 | トップページ | ロッキーの墓 »

2021.11.12

梅切らぬバカ

ほんと久しぶりに映画館に足を運んで映画を観てきました。いつ以来だろう。
109シネマズ グランベリーパーク109まで自転車で5分。出かけたうちに入りませんが。(^^;

「梅切らぬバカ」という作品。
障害者の母親(加賀まりこ)と中年自閉息子(塚地武雅)が描く障害者グループホーム出戻り物語、とでも言えばいいのかな。
正直言って、地味な作品です。

731f9dba26aed7bd

本日初日の3回目の上映。160席に対し、客は13人。
全国公開となると、単館とかと違い、こんな感じになってしまうのかなあ。ちと残念。
監督が舞台挨拶したシネスイッチはきっと満員だったんでしょうね、たぶん。

塚地氏は好演。自閉の演技、というか時々ボソッと口にする独り言には、思わず苦笑。結婚が目標だったりして、明石の徹っちゃんを連想してしまいました。
加賀さんの演技は、今夏に亡くなった小川久恵さんを思い出させてくれました。常に存在する障害児の母親の強さと弱さの両面がにじみ出ています。
ストーリー自体は、シナリオを先に読んでしまっていたので、映画で話を楽しむことが出来ませんでした。やっぱり観たい映画は先にシナリオ読んじゃダメです。

監督・脚本は、若手の和島香太郎さん。ご本人がてんかんと闘ってきた方であり、障害者に向ける目は優しいです。
先日、わざわざ小説の「ぼくうみ」を読んでくださった感想まで頂きまして。
そんなこともあり、ちゃんと感想を、と思ってみたのですが、うーん、うまくいかない。感想文は下手なもんで。下手に褒めると単なる褒め殺しになってしまうので、やめときます。(^o^)

いい意味でも悪い意味でも「邦画」です。
あ、私は松竹系の邦画が好きです。(^^;

ぼくうみ以来の〈自閉症の映画〉と言えそうです。
観に行ってあげて欲しいです。

ちなみに、ウチにも梅の木あって、つくしんぼの庭の方へとはみ出てます。
梅の実に豊作不作の年がある理由がわかりました。
ウチも木が1本だけだ。。。

それにしても、伊藤クンの自閉演技はやっぱ別格だ。。。(^o^)v

« 既得権 | トップページ | ロッキーの墓 »

コメント

お久しぶりです。(^o^)

先週だったか?「徹子の部屋」に加賀まりこさんがゲスト出演。
この映画の話をしておりました。

加賀さんのパートナーの方のお子供さんが自閉症なので、自然に演じられたとのこと。
予告編見ましたが、塚地さん好演してますね。

>ぼくうみ以来の〈自閉症の映画〉と言えそうです。
>観に行ってあげて欲しいです。

私の地元では、「ぼくうみ」のロードショーをした映画館が12月10日~12月16日まで1週間上映予定になってますので、何とか時間作り見に行こうと思ってます。

>それにしても、伊藤クンの自閉演技はやっぱ別格だ。。。(^o^)v

伊藤祐輝さん、「ぼくうみ」後に出演した映画やドラマ、CMを観る度、注目してました。素敵な青年に成長し、今や34歳に!!
演技力があり、実力派ですよね。

大塚ちひろ(千弘)さんは、ご結婚され、今年5月にはママに。月日、経つの、早いです。

追記
ロッキー、お亡くなりになり、残念ですね。お悔み申し上げます。
(T人T)
「ぼくうみ」の映画に出演していたロッキー。映画を観れば、また会える気がしますね。
ヒロキくんと一緒に、おさんぽしているかなぁ~。

ロッキーを映画に出してよかったです。(^^)

今日「梅切らぬバカ」のチラシをもらいに、上映予定の映画館に伺ったら、何年振りかで、「ぼくうみ」上映でお世話になった総支配人の阿部さんに会いました。
あまりの偶然にビックリでした。

映画、好評のため、ロードショー1週間延長し、12月10日~12月23日まで2週間上映することに決まったそうです。(^o^)♪

忙しい師走の時期だったので、2週間ロードショーは有り難いと思いました。
頂いたチラシ渡し、知人や友人にお勧めします!!

意外と集客あるみたいですね。よかった。(^^)
コロナの一段落状態とタイミングが合ったこともよかった。(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 既得権 | トップページ | ロッキーの墓 »