予告編

My Books

アマゾン



  • アマゾンでは古本数冊…。


  • ずーっと売ってくれてます。m(__)m

(^o^)v

« 最後の1本・桜通信(59) | トップページ | 12月。。。 »

2022.11.19

津久井教生のこと

大学時代の同級生だった津久井教生。
この3月でニャンちゅうの声を交代するとのこと。

ヒロキの事故の直後に「手伝えることあったら何でも言って」と連絡してきてくれた奴。
たしかに同級生だったけど、25年以上会ってないし、有名人になってる奴から連絡貰えるなんて思わなかった。
ヒロキはおかあさんといっしょとニャンちゅうはよく観ていたから、なおさら嬉しかったっけ。
だから、ぼくうみの映画に遠慮なく友情出演をお願い出来たわけで。

ALSで全身が動かなくなって、それでも今でも奇跡的に声は出ていて。
だけど、時間の問題で気管切開になり、きっともうすぐ声を奪われることになる。

新しいニャンちゅう役の声は、教生が声優学校で教えたてた子とのこと。
以前から先生の物真似をやっていたらしい。なんか微笑ましい。
なにより、 教え子にバトンタッチなんて、カッコいい。(^o^)v

8年前だったか、体調的に限界でつくしんぼをバトンタッチした時のことをふと思い出す。
自分がオリジナルだったものを誰かにバトンタッチするっていうのは、淋しいことだけど、嬉しかったりもする。

生きている意味って、よく考えるけど、教生は私なんか以上に常に考えているんだろうなって思う。
お疲れさまと、とりあえず言っておこうと思う。

それにしても、ニュースに使われてた写真、若すぎるよなあ。(^o^)

11774283414369641520

 

 

« 最後の1本・桜通信(59) | トップページ | 12月。。。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後の1本・桜通信(59) | トップページ | 12月。。。 »